三国志 Secret of Three Kingdoms

『三国志 Secret of Three Kingdoms』/amazonより引用

歴史ドラマ映画レビュー

マニアも唸る『三国志 Secret of Three Kingdoms』23の疑問に答えます!

amazonプライムで配信中の『三国志 Secret of Three Kingdoms』が、マニアックな三国志ファンを唸らせていると評判です。

美男美女まみれで『三国志』の話なのに劉備も孫権も出てこない!

しかも主役はなんと献帝の双子の弟!

 

なんなん、これ? と、いろいろ衝撃的な設定ですが、肝心のドラマの中身は、最新の研究を反映させており、極めて高度な傑作に仕上がっています。

ただ、そのぶん難易度も高い。

そこで本稿では、ドラマ鑑賞中に湧いてくるであろう疑問を【Q&A形式】で考察&解説してみたいと思います。

全部で23のQ&Aがあり、中にはネタバレも含まれますので、ご注意ください。

いざ!

【TOP画像】
『三国志 Secret of Three Kingdoms』(→amazonプライムビデオで無料

 

献帝に双子の弟がいるってどういうこと?

そこは本作があくまでフィクションであるというポイント。根底です。

そこからどう繋げていくかを楽しみましょう。

ただ、その弟がどうして隠蔽されていたかという説明は細かいものがあるのです。

献帝の母は王美人であり、何皇后の子ではありません。

そのため母が堕胎薬すら飲まされていたのですから、本作の弟がいたという話のディテールにはバッチリ。そこを楽しみましょう。

答:そこはフィクションです

 

メインヒロインの伏寿って誰?

献帝の皇后です。

名前、家族関係を準拠しておりますが、男装して戦場に向かうような展開はフィクションだと捉えていただいて構いません。

とはいえ、それは『三国志演義』はじめ、ずっとされてきたこと。

本作における彼女の活躍はありなのです。

むしろ本作で、新たな魅力が大きく花開いたと言える。素晴らしい描き方だと思えます。

答:新たな彼女の魅力を見出そう!

 

メインヒロインの唐瑛って誰?

献帝の兄であり、董卓によって廃された劉弁の妻。

劉弁はわずかな期間のみ皇帝の座にあり、李儒により毒殺されました。

その未亡人ともなれば、世捨て人になってもおかしくはない。名から経歴までほぼオリジナルキャラクターのような人物なのです。

武侠じみた剣技や刺客としての顔は、大胆なフィクションということでご理解ください。

けれども、設定ゆえに限界が見えてくることもあります。

こういうオリジナルキャラクターが物語に深みを与えることは、歴史フィクションの定番です。

本作は女性の人物を中心として、そこをうまく使っています。

答:ほぼオリジナルキャラクター。とはいえ、その設定がある展開において重要な役割を果たします

 

諸葛孔明すら出てこないって本当?

本作は後漢から魏を経て、晋へ向かう流れを描くドラマです。

『三国志演義』のドラマ化ではないのです。

ゆえに、蜀と呉の人物は一切出てきません。赤壁の戦いすらセリフでしか出てきません。

『三国志』という邦題が紛らわしいと言えばそうなのですが、そこは仕方ありません。

にもかかわらず、正史と『三国志演義』を把握していないと理解できない描写が多いところが上級者向けなのです。

魏でも夏侯惇のような有名人物が出てこない一方、マイナーな人物が新たな魅力をを見せる。

それこそ本作の特徴です。

諸葛孔明は出てこないのに、徐庶は意外なところで出てきます。

答:ディープな三国志マニア向けだからこそ、敢えて出ていないといえばその通りです

 

時代考証はどうなの?

このドラマのビジュアルや動画を見ると、違和感があるかもしれません。

なんだか知っている『三国志』と違う!

こんな髪型ありなの?

甲冑が素朴だし、衣装も全体的に地味なような……そう思えたらむしろ正解なのです。

この時代は史料が少ない。後世のきらびやかなイメージで描かれがち。

そういった要素が重なり、実は間違った映像化作品が多かったもの。唐代から明代まで、混ざり合っている混沌とした状況でした。

それが最新の研究を踏まえ、正確に再現していると思えます。

食事の場面だけでも、相当骨が折れているはずでしょうね。

『三国志』のイラストを手がける方は、本作を参考にすることをオススメします。

男性が髷を結う際は、オールバックにするのではなく真ん中分けにするあたりを意識すると、一味違うものが描けるはず。

リアルにするのであれば、前髪は作らないでください。女性も参考になります。

食器や家具、建築物も眼福ものです。ここまでレベルが高い考証を見ていると、それだけで心が洗われます!

答:最新研究の成果が発揮されていてバッチリです!

『三国志』を彩る「美女」たちの時代考証とイラストの描き方

続きを見る

 

満寵がやたらと郭嘉を推している……あいつは何なの?

魏の人物中心である本作は、武人は曹仁一人で役割を果たしていると言えます。

一方で軍師は盛りだくさん!

郭嘉、荀彧、賈詡といった曹操配下でも屈指の人物。

あるいは楊修、孔融、そして満寵といったなかなかマニアックな人物が活躍します。

満寵はメインキャストではないにも関わらず、どういうわけか、お気に入りなのか、なんだか存在感がある人物です。

していることはほぼ郭嘉推し、推しの郭嘉を情熱的に崇拝しているだけ。

一体こいつは何なのか?

郭嘉LOVE鉢巻をつけた広告にも起用されるほど愛されている人物です。

制作側もイチオシらしく、舞台中心の屠楠を大抜擢しております。

衣装や結髪もおもしろい。満寵なくして本作は成立しない、そんな味のある人物です。

史実はどうでもいい。こんなに愛されているなら、もうどうでもいい。

答:本作の癒し枠です

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-, 歴史ドラマ映画レビュー

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)