日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

週刊武春 幕末・維新

歴史に埋もれた「八重の夫」川崎尚之助が再評価される

更新日:

2013年の大河ドラマが『八重の桜』に決まるまで、その主役である新島八重も、その兄である山本覚馬も、知名度は高くはありませんでした。
全国的にはもちろんそうですが、地元でも歴史好きな人が知る程度。会津でも戊辰戦争のヒロインといえば、「娘子隊」の中野竹子のほうがずっと知名度が高かったのです。

それが今や大河効果で、今やすっかり新島八重は会津女性の代表格となりました。しかし実は八重よりもずっと評価が高まったといえる人物がいます。八重の最初の夫・川崎尚之助です。

尚之助の生涯は八重の夫であったこと以外はほとんどわからず、離縁のいきさつも不明でした。そのためか、これまでのフィクションでは「八重を捨てたろくでもない男」とされてきたようです。

激化する戦争に怯えたのを八重に叱咤され逃げ出したり、戦争の最中に何も告げずにふっと消えてしまったり。性格もこの結果から逆算されるため、軽佻浮薄で八重に不釣り合いな夫とされることが多かったのでした。

 

新資料で浮かんだ実像

ところがこの尚之助像が、綿密な研究と発見された新史料で覆されたのです。

尚之助は会津から遠く離れた但馬出石藩(兵庫県)の出身。江戸後期の出石藩は「仙石騒動(マンガ「センゴク」の子孫)」で混乱していました。川崎家もこの騒動に巻き込まれ浮沈を繰り返し、一時は士分すら失ってしまいます。

そんな家に四男として生まれた尚之助が、才知を生かすことができたのは、幕末という動乱の時代だからということも大きかったでしょう。江戸の名門大木塾で蘭学や舎密学(化学)を学んだ尚之助は、優秀な学者として頭角をあらわし、それが会津藩士・山本覚馬の目にとまります。

覚馬という縁があって会津に招聘された尚之助ですが、藩は彼の才能に報いたとは言えません。旧弊な体質が残る藩では彼の才能をもてあまし、山本家で居候をすることとなります。もっと進取の気質に富む藩に身を落ち着けていたらば、尚之助はもっと才能を発揮できたかもしれません。

やがてやっと会津でも、尚之助がのちに藩校日新館で砲術や蘭学を教えるようになります。さらに29歳の時、覚馬の妹で活発な八重と結婚、会津でも認められるようになってゆきます。

しかしそのころ、会津は追い詰められ戦争への道を着々と歩んでいたのでした。

会津戦争は砲術を得意とする尚之助・八重夫妻にとって、才知を発揮できる場でした。しかし、言うまでもなく大きな悲劇であり、両者を引き裂くものでもありました。

 

スポンサーリンク

最後まで夫婦で戦っていた

従来のフィクションでは、この戦争のさなかに尚之助は姿を消しています。あるいは、会津藩士でない夫を気遣って八重のほうから離縁を切り出したものもありました。

しかし実際の尚之助は会津戦争から逃げ出すことなどなく、八重もまた夫と離縁しようとは思いませんでした。尚之助は会津の男として、八重とともに戦うことを選んだのです。川崎夫妻は力を合わせて砲撃を続け、最後まで戦い抜きました。

『八重の桜』では、会津戦争終結後に男たちが猪苗代へ護送される際に、尚之助が八重を女であると明かして、両者は別れました。しかしこれはドラマでの巧みな創作であり、実際には八重はいったん猪苗代へ向かうものの会津若松に戻り、その後母や義姉、姪と合流しています。

一方で尚之助は、他の会津藩士とともに単身遠い斗南まで移り住み、夫婦は離ればなれになります。そしてこの斗南で尚之助は窮地に追い詰められるのです。

窮乏した会津藩を救うため手を出した外国商品との取引で詐欺にあい、訴えられてしまったのでした。しかもともに取引に関わった斗南藩士の柴太一郎(柴四朗、五郎の兄)よりも重い罪をかぶり、尚之助はいつ終わるともしれぬ裁判に巻き込まれてしまいます。

尚之助を引き立てた山本覚馬は、盲目になったうえ脚を悪くして京都にいます。他の斗南藩士とて、尚之助を助ける余裕などありません。結果として、会津のために尽くしてきた尚之助は、その会津から手をさしのべられることもなく、泥沼の訴訟に衰弱してゆきます。

ちなみに『八重の桜』や小説では川崎夫妻は再会をはたしますが、創作ではないかとされています。

裁判の渦中でひっそりとその短く不遇の生涯を終えた尚之助は、死後も報われることはありませんでした。尚之助の身元保証人は会津藩士と疎遠となり、結果として尚之助の消息が語られることもなくなったのです。

山本兄妹も、川崎尚之助を語ることはありませんでした。特に八重はプロテスタントに改宗し再婚しましたから、前の夫のことは語りにくい状況であったのではないでしょうか。

会津を捨てたどころか、会津のために戦い抜き歴史の中に消えていった川崎尚之助。その生涯に光が当たり、名誉が回復されたのは喜ばしいことです。とはいえ、彼とその妻八重が何を思い、夫婦の間で何があったのかは、謎につつまれています。

しかし、何よりも彼の行動が雄弁に彼自身を語っているのではないでしょうか。会津にとらわれなければ、その才知を生かし明治にも活躍できたかもしれないのに、尚之助はそうしなかったのです。あまりに一途な彼の人生には、成功した英雄にはない悲哀を帯びた魅力があるのです。

 

スポンサーリンク

【参考】





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-週刊武春, 幕末・維新
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.