歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

伊達家 週刊武春

10億円の借金が子孫のため?伊達政宗が仙台藩に残した負の遺産の深イイ話

更新日:

バブル時代に、相続税対策としてお金持ちが借金を山のようにして不動産を買い(借金があると資産から相殺される)、バブル崩壊して、かえって借金しか残せなくなった人がたくさんいました。

とはいえ、戦略自体は間違いでなく、不動産でなく国債をかっていた人は今頃、安心して子や孫へ資産をうつせる準備をしていることでしょう。

死の直前に10億円の借金をした理由

仙台市博物館には、徳川幕府の老中・土井利勝・酒井忠勝あてに伊達政宗が自筆で書いた借金の借用書が残っています。
日付は1636年(寛永13年)2月24日。政宗が死亡する3か月前です。

借りた額は銀1000貫目。
現代の感覚でいくらというのは色々ですが、おおざっぱに言うと10億円。
まあ安くない金額。文面は以下のとおりです。

この度、銀子千貫目相調えられ 後藤勝三郎手前より請け取り申し候
種々御念を入れられ、かくの如きの義、わけてかたじけなく候
いつなりとも御用次第に返弁つかまつるべく候
よって件(くだん)の如し

寛永十三年子 二月二十四日
松平陸奥守 政宗(花押)

土井大炊頭殿
酒井讃岐守殿
人々御中

(訳)
このたび銀子1000貫目をご調達いただき、確かに後藤勝三郎方より受け取りました。いろいろご配慮いただき、本当にかたじけなく存じます。いつでも御入り用のときはご返済いたします。よって証文、くだんの如し。
(11頁・佐藤憲一『伊達政宗と手紙』仙台・江戸学叢書12、2009年)

一体なんのために借りたのか?
この年の前年、江戸で火事があり、仙台藩の上屋敷と本屋敷が類焼したのです。
仙台藩のこの屋敷は1621年にも類焼しており、十数年の間に2度も火事にあったのです。

そこで幕府は、老中の土井利勝を通じて仙台藩に「幕府からお金を貸しましょうか」という打診しました。
酒井忠勝というのも老中で、彼は金貨や銀貨の鋳造担当、いまなら財務大臣です。
10億というと、個人では「ぶぎゃー」となりますが、全国第二位の外様大名にしては、自分で調達できない額ではありません。

それなのに、なぜ政宗は借りたのか。
元仙台市博館長の佐藤憲一さんは「幕府のせっかくの申し出を断ることは、幕府への忠誠を疑われるおそれがある、と政宗は判断したのだろう」(14頁・佐藤『伊達政宗と手紙』)と推測していますが、きっとそうなのでしょう。

「天下くれ~」by政宗(絵・霜月ケイ)

「天下くれ~」by政宗(絵・霜月けい)

江戸時代に入ってから、天下をうかがう野望をメラメラと燃やし続けたのは政宗くらい。
ただ、このときに政宗はすでに死期を感じとっていたので、「もう勝負するところではないな。むしろ、幕府に借りをつくるほうが戦略的にいいだろう」と考えたと思われます。

政宗が子孫に残した膨大な借金は、まさにバブル時代にあった「遺産相続用の借金」と同じ戦術だったのです。

なお、この借金は4代藩主綱村(つなむら)(1659-1719)の時代に完済され、この「借金の証文」も無事、幕府から仙台藩へ戻されました、とさ。
*なお銀の現在価値の換算はHP「江戸時代の物価表」を参考にしました。




スポンサーリンク


川和二十六・記

 




1位 薩長同盟
倒幕のためじゃない!


2位 意外と優しい!? 織田信長さん


3位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


4位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-伊達家, 週刊武春
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.