日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

果たして忍者は原城潜入できたのか?(くらはしゆみこ・絵)

スポンサーリンク

週刊武春 剣豪・武術・忍者

Ninja(忍者)という単語が世界に普及したキッカケは1964年の東京五輪…?

更新日:

我々は上原投手を忍者だと言ってるんだ!(Byアメリカ人)

日本シリーズは楽天が、そしてワールド・シリーズはレッドソックスが激闘を制し、栄冠に輝きました。上原の活躍は見事の一言。何しろ、天下のロイター通信が10月24日付けの記事で上原を絶賛していたぐらいですから。

で、今回のお題ともなるべき、興味深い下りが、この記事の中にありました。レッドソックスのキャッチャー、デビッド・ロスが、こう言っているのです「我々は彼を忍者だと言ってるんだ。その事は上原も知ってるよ」("We say he's a Ninja. He just knows.")。

 忍者(あ、ここはNinjaと書くべきか)の神秘性と賢さ、そしてずば抜けた身体能力が、かの国でも認知・定着している事を物語る発言ですよね。

 では、このNinjaという言葉とイメージが、広く海外に定着したのは何時頃からなのか。また、どういう経緯でそうなったのか。

 確信こそ持てませんが、かなり有力だろうと思える問題提起をしてみたい。

 「1964年の、東京五輪がきっかけだったのではないか」と。

スポンサーリンク

火付け役はオーストラリアのテレビ?

 64年の東京五輪では、バレー女子が悲願の金メダル。「東洋の魔女」という言葉(これは旧ソ連のメディアが五輪前に使った表現だったそうですが)が日本でも流行となりました。

 そうした日本人選手の活躍が海外の人達の間で印象として残り、どこかの新聞かテレビがNinjaという表現をして、やがて定着していった…訳では無いのです。ちょっと、惜しいかな(笑)。

 どうも、きっかけはオーストラリアのテレビ局だったようなのですね。当時、地元のチャンネル9が、五輪開催に当たって「日本はこんな国です」という企画特集を行い、その中でTBS系の人気番組だった「隠密剣士」という番組を「The Samurai」というタイトルで4話だけ紹介する形で流したのですって。

「隠密剣士」と言っても、今の若い人達には分からないだろうなぁ(苦笑)。当時のTBSには、日曜午後7時から子供向けの「タケダアワー」というのがございました。言うなれば、当時の目玉番組的な位置付け(ちなみに、『隠密剣士』の後番組が、あの『ウルトラQ』と書けば、流石に分かる方も多かろうと)。

以下、ウィキペディア日本語版から少しだけ引用。

天明7年(1787年)から寛政2年(1790年)の日本各地を舞台に、江戸幕府11代将軍・徳川家斉の腹違いの兄である松平信千代(大瀬康一)が、秋草新太郎と名乗って公儀隠密として旅をしながら世の平和を乱す忍者集団と戦いを繰り広げる。当初は主な視聴者として子供を想定しており、ひばり児童合唱団による主題歌が用いられたり、東映による漫画映画(アニメ)の集中上映期間内に隠密剣士のグッズを来館者に配付するなどの宣伝が行なわれた[1]

第1部は蝦夷編で、アイヌ人と和人(日本人)の葛藤が描かれるなど工夫がみられるが、重厚な内容のせいか不人気であった。第2部から新機軸として忍者との戦いを繰り広げることになる。これにより人気が上昇、視聴者層は子供から大人に広がって、最盛期には40%近い視聴率を取った。

視聴率のくだりを見れば分かるように、人気番組だったのです。

スポンサーリンク

「面白いので、もっと放映してくれ」

局側からしたら、恐らく軽い気持ちだったのでしょうね。ところが、これが嬉しい誤算。「面白いじゃないか。4話と言わず、もっと放映してくれ」との声が続々と寄せられ、遂には全編の放映となっていったのだそうです。

異国情緒たっぷりで、しかも派手なアクション。オーストラリアで日本の番組が流されるのは初めてだったにもかかわらず、特に小さな子供達や若い世代にカルト的な人気を得るに至ったと、ウィキペディアの英語版にはあります。

実際、かの地には記憶の彼方にある昔の番組を思い出す2ch的な掲示板(Obscure TV shows you can remember from the past..)というのがあるのですが、この中に、次のような投稿をなさっている方がいるぐらい。

The Samurai

Awesome show.

Impact in Australia
Though now mainly remembered by people over 45, The Samurai had a huge impact on teen and pre-teen children in Australia at the time, and it rapidly became a cult favourite, with children imitating ninja handsprings, hurling cardboard 'star knives' (shuriken) and waving imaginary swords as they played 'samurai and ninja'

ざっと訳すと、こんな感じになりましょうか。

ザ・サムライ

カッコいい番組だった。

オーストラリアへのインパクト凄すぎ。

今、主に45歳以上の人の間では、ザ・サムライはティーンや、その少し下の世代に大きな衝撃を与えた事を記憶している筈だ。またたく間にカルト的な人気を博し、子供達は忍者の爆転を真似して「星形のナイフ」を投げ、模造の刀を振り回しては「サムライや忍者ごっこ」をしたものだったよ。(2007年7月2日付け)

腕白小僧の成れの果てとして、何となく理解できるなぁ(笑)。ともかく、それほど強烈だったのですね。記事が書かれて6年。そうした世代も五十路を迎えるに至った訳か。

上のHPは、そうした世代によるオマージュとも言えるべき代物。ところで、このページには驚愕の証言が寄せられているのです。

あのビートルズに勝ったぞ!

何と、あのビートルズに勝ったと言うのですね。マジっすかそれって感じですけど。「主役の大瀬康一がメルボルンを訪問した際、あのビートルズが来た時よりも大勢の群衆が迎えた」(When the star Koichi Ose visited Melbourne he had a bigger crowd turned out than for the Beatles.)って書かれているんですわ。

幾ら何でも眉唾でっしゃろ〜と思われる向きもありましょうが、ホンマのホンマ。ウィキペディアの隠密剣士の英語版には次のように書かれています。

The program proved so popular that a promoter brought out star Ose Koichi and a large supporting troupe to appear in a specially written 90-minute stage play based on the show, which played to capacity houses in both in Sydney and Melbourne, and it was reported that more people (over 7,000, many of them in costume) turned out to greet him when he arrived at Essendon Airport in Melbourne than greeted The Beatles when they visited there in June 1964.[2]

これまた、ざっと訳すとこんな感じでしょうか。

「隠密剣士が人気を博したので、あるプロモーターが大瀬康一を招いて番組を基にした90分の舞台劇を興行し、メルボルンとシドニーの劇場は満席となった。彼がメルボルンのエッセンドン空港に到着した際には、劇場に詰めかけた以上の7000人ものファンが出迎えた。その数は、1964年6月にビートルズが空港に到着した時のファン数を上回っていた。多くは時代装束を身にまとっていたのである」

元祖コスプレ! 「凄ぇーなぁ」としか、最早言いようがないですね(爆笑)。

韓流の元祖みたいな現象が

こちらは、当時の大瀬さんの写真(THE ENSOVAARI EMBASSYというサイトより引用)。向こうからしたらエキゾチックで凛々しき若武者って印象を持ったのでしょう。

Ninjyaブームの元祖は武士?

Ninjyaブームの元?

ちなみに、「隠密剣士」には意外な効果もありました。オーストラリアの対日世論の変化です。

それまでの同国では、戦時中に北部が日本に爆撃された事や、太平洋戦争で死闘を繰り広げたという経緯もあり、軍歴のある世代の間では非常に悪かった。それを「隠密剣士」が若年層への人気浸透という形でひっくり返してしまったのだそうです。地元メディアの取材に対し、大瀬さんがシャイでユーモラスな受け答えをした事も、そうした傾向に拍車をかけたそうです。

THEY'RE A WEIRD MOB: the phenomenon in Australiaというサイトによると、そうした態度は当時のティーンエイジの女性の間にも、人気を得る事となりました。この方によると、地元の食品会社のScanlen社が大判のガムを作り、その中に「隠密剣士」のカードを入れるという商法を展開していたそうです。

さしずめ、カルビーの仮面ライダースナックの元祖って所でしょうか(えっ、例えが古すぎて分からない?)。このガムのカード、全部で72種類作ったとの事ですから、当時の少年少女にしたら集めるのが大変。ちゅーか、虫歯になるで(苦笑)。そもそも、そんなに沢山登場人物いたっけなぁという感じすらありますが…?

間違いも結構多かった、とこの方は嘆いてもいます。例えば、「松平定信」が忍者の頭目だと説明されるし、出てくるのが伊賀忍者や甲賀忍者なのに「根岸」の忍者だったり。根来との勘違いなのでしょうね、きっと。

また、クリスマス商戦で、プラスチック製の刀や忍者の衣装が売りに出されたのは良かったものの、お値段が財布に優しくなかった。しかも、黄色、赤、紫など色とりどり。そんな派手な刀、忍者が持ったら目立ちますよね〜。

どうも、元は白黒での放映だった所を、カードを作るに当たり、適当に着色したらしく、更なる誤解を生んだらしい。ちなみに、番組には風魔小太郎も登場していたのですが、カードの陣羽織は紫色だったのですって。忍者の衣装も、さながらパジャマのようだったと、この方は書いておられます。しかし、実物を知らないのが幸いしたのか?子供達には大人気で、64年と、翌年の大ヒット商品となったそうです(五輪終了直後から大人気だった事が分かりますね)。

味をしめたのか、今度は別の業者が玩具の手裏剣を売り始めるという展開もあり、しまいには、ケロッグのコマーシャルにまで忍者が登場する始末。ここまで来ると、最早大ヒットというより、凄まじい社会現象としか言いようがありませんなぁ。

さて、察しの良い読者の皆様はお気づきでしょう。何かに似ているって感じしますよね。そう、一頃の韓流ブームにソックリ。それまで必ずしも良くなかった韓国への世論が「冬のソナタ」のヒットを皮切りに様々な韓国ドラマが輸入・放映される事で一変しました。ヨン様を大瀬さんに、日本のファンをオーストラリアの少年少女に置き換えると、スッポリ当てはまる図式ですよね。正に歴史は繰り返すという感じです。

一大ブームのその後は…

ウィキの英語版によると、隠密剣士はオーストラリアの他にニュージーランドとフィリピンでも放映され、それぞれ人気を博したそうです。「地域限定的な人気にとどまった」とありますが、ナニ、初打席でこれだけディープなファン層を作り出したのだから大ホームランと言えましょう。私は、これが海外でNinjaがビジュアル的な普及を促した切っ掛けだと思っておりますが、如何でしょうか?

大瀬さん自身は1970年代に入ってからは義父の願いもあって、俳優から実業家へと転身していきます。オーストラリアでも、何度か再放送されたものの、徐々に保存状態が悪くなったせいもあって、次第にフェードアウトしていきます。しかし、上記のTHEY'RE A WEIRD MOB: the phenomenon in Australiaによると、真珠の見本市のアトラクションに伊賀忍者や甲賀忍者を出演させたり、Iga NInjaという名前の競走馬が登場したりするなど、ある種の強烈な記憶として心に残ったようですね。

また、黒澤明監督の「影武者」が公開された際、こんな事が地元紙に書かれたそうです。「黒澤の新作『影武者』は、『隠密剣士』の批評を思い出させると書いたオーストラリアの地元紙があった。それは船床(隠密剣士の監督)を疑いも無く喜ばせ、黒澤を愕然とさせた事だろう」=A review in a country newspaper of Kurosawa's film, Kagemusha said it reminded the critic of The Samurai, which would have delighted Funatoko no doubt, and horrified Kurosawa.。

ビートルズには勝つし、黒澤明とはタメ張れたし、もう何と言って良いのやら(笑)。

スポンサーリンク

takosaburou 記(海外メディアブログDon管理人)





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-週刊武春, 剣豪・武術・忍者
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.