日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

週刊武春 縄文・弥生・古墳時代

ヤマトタケルの墓の初発掘で考える「なぜタケルの魂の白鳥は都を通過したのか」

更新日:

三重県のヤマトタケルの墓の周りが初めて宮内庁によって発掘調査されたのだとか。
中日新聞が23日に報道しており、ネットではザワザワしています。

yamatotakeruchosa

日本神話の英雄ヤマトタケルは、西に熊襲、北に出雲、東に東国と全国を制圧しまくったあげく、伊吹山の神様に呪い殺されるという悲劇の英雄です。

ヤマトタケルが死んだのは、伊勢(三重県)の能褒野(のぼの)となっているのですが、ここに宮内庁が陵墓としている日本武尊能褒野墓(能褒野王塚古墳)があります。
この古墳自体は北勢地域で最大の前方後円墳(90メートル)で、4世紀後半頃とされていますが、未調査です。4世紀だと、ヤマトタケル(モデルが実在したことを前提に)にしては古すぎます。ヤマトタケルの陵墓は、このほか、河内と大和にそれぞれあります。

今回は陵墓そのものではなく、その周辺で宅地開発が進んだため、境界線を確認するために宮内庁が発掘したとのことです。
なんとまわりには17基もの円墳があるそうで、そのうち9基を調べたところ、6世紀ごろの横穴式石室(4・5世紀だと竪穴式石槨になる)が初めて見つかりました。報道によると、縦3・7メートル、横1・5メートル。埋葬施設の大きさから、地域の有力者の墓とみられるとのことですが、もちろんヤマトタケル陵墓も王家というよりは地域の王の墓とみるのが自然です。

 

ヤマトタケルが白鳥になった地点

さて、ここでヤマトタケルの「死」について振り返ってみましょう。

伊吹山の神にやぶれたヤマトタケルは都を目指してふらふらになりながら、能褒野にまだたどり着くが、ここで息絶えてしまいます。
その魂は白鳥となって西の空へ飛んでいくのです。伊勢の西隣には大和の都(奈良県)がありますから、西へ向かうのは当然でしょう。

ところが、都に戻ると思わせて、なぜかそのまま都の上空を通過して、河内(大阪)の志幾に降り立ちます。その場所に墓が作られ、白鳥の御陵《みささぎ》となりました。
白鳥陵古墳は大阪府羽曳野市にあります。全長190メートルの超巨大前方後円墳で、5世紀末から6世紀初頭の大王の墓とみられています。時期的には、こちらはヤマトタケルと矛盾しません。

なぜ大和を通過したのかが、この白鳥伝説=ヤマトタケルの大きな謎の1つです。

筆者は、ヤマトタケルの物語は実は2つ以上の別の物語を合体したからと考えています。

古い時代の天皇の権威は絶対的ではありませんでした。もともと建国からして、武力で統一したのではありません。当初の国の形は、古墳という祭祀を共通の価値観に持つ一種の連合体だったのです。

かつての冷戦時代に、民主主義か共産主義かという政(まつりごと)の価値観で東西陣営に分かれて世界中の国が連合を作っていたのに似ているかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

悲しき若者たちの魂の集合体

祭祀を執り行うことができるシャーマンとしての地位を持っていたのが天皇(大王)でしたから、この当時の天皇や皇族たちは、日本各地を実際に巡幸して、古墳で行われる祭祀に参加していた可能性が高いのです。

時が経つにつれて、天皇家は祭祀だけでなく世俗的な王としての地位を欲する動きをあらわしていくようになります。
そこで、天皇の息子や親族たちを派遣し、地方の豪族の娘と結婚することで臣従関係を結ぼうとしたと考えられるのです。こうして全国各地を旅したあまたの若き皇族たちの物語が1人の英雄「ヤマトタケル」に集約されたのではないでしょうか。

特に西(熊襲や出雲征伐)に派遣された皇子(Aさん)が埋葬された河内と、東に行った皇子(Bさん)が死亡した伊勢の能褒野の記憶は、はっきりと伝承していた。
そのため、この2つの逸話をつなげるために白鳥伝説が作り出されたということになります。
魂の集合体「ヤマトタケル」の物語が悲劇であるということは、そのもととなった多くの皇子たちの旅も悲しい結末だったのかもしれません。

実際、考古学的に見ると、4世紀(300年代)に奈良盆地にあった王朝は(皇子たちを全国各地に分散させたためか)衰退。代わって5世紀(400年代)になると「河内王朝」と呼ばれる新勢力が台頭していきまする。
これはヤマトのトップの一族(つまり天皇)が変わったことを推測させます。

悲劇の英雄伝説の中から浮かび上がってくる史実の痕跡が、今回の発掘からも浮かんでくるか、楽しみです。

スポンサーリンク

恵美嘉樹・記 (歴史作家)





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-週刊武春, 縄文・弥生・古墳時代
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.