日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

週刊武春 ドイツ アメリカ

「ヒトラーは南米に潜水艦で脱出した」と大真面目に思っていたFBI

更新日:

ある種の神秘性やカリスマ性をヒトラーが今なお持ち得ているのは、遺体が遂に見つかっていない所にあるのでしょう。連合国側では、本当に自殺したのかどうかに懐疑的だった時期もあったようで、アメリカのFBIは「アルゼンチンに潜水艦で脱出した」と信じ込み、捜査員を派遣していた事が機密文書から明らかになりました。

150px-Stars_&_Stripes_&_Hitler_Dead2

英国のexpress.co.ukが報じています(2014年4月15日付け)。

機密指定解除によって明るみに

ベルリン陥落後の約20日後に、「南米で潜水艦からヒトラーと2人の女性と複数のドイツ人が上陸するのを助けた」と主張するアルゼンチン人(どうも犯罪をやらかして逃亡中だったようですね)。

そのお尋ね者が言うには、ヒトラーと同行者は荷馬に乗ってアンデス南部の丘陵地帯に向かったそうです。そこにはドイツ人が入植した強力な集団が陣取っていたのだとか。

で、それを深刻視した当時のエドガー・フーバー長官が現地に捜査員を派遣していた事が、解禁された機密指定文書から明らかになりました。

ちなみに、これが当時の文書だそうです。

このお尋ね者は、情報と引き換えに保護を求めており、文書では名前が記載されていません。

スポンサーリンク

アメリカの新聞にすっぱ抜かれ

やがて、これがアメリカの新聞にすっぱ抜かれます。ロサンゼルス・イグザミナ紙が1945年7月29日付けで「ヒトラーは喘息と胃潰瘍を患っており、口髭を剃って潜伏中だ」と報じたのです。捜査員にしたら、急がねばならなくなった訳です。

お尋ね者は、ヒトラーの居場所を知っていると仄めかしていました。FBIに対し「もしアルゼンチンのサンアントニオにあるホテルに行くのなら、ヒトラーが潜んでいる牧場の場所を知っている人間を紹介するぜ」と提案したのです。

「警備がもの凄いのは言うまでも無いし、行くと命を落とすかもよ」とも話していたそうです。

ところが、1945年9月21日付けの文書で、「情報が十分で無いので、ヒトラーの居場所を特定するのは不可能と思われる」と捜査員は結論。アルゼンチンから引き揚げた模様です。これがその文書です。

image003

その後は怪情報が飛び交いました。1つは、髭を剃ってニューヨークに潜伏しているというもの。また、ナチのシンパと共にスイスにいるとの情報もあったそうです。

スポンサーリンク

「ブラジルで95歳まで生きた」との情報も

ちなみに、これとは別に同紙では今年1月24日付けの記事で、ヒトラーがブラジルで95歳まで生きたという話を紹介しています。これによると、アルゼンチン→パラグアイ→ブラジルという経路を辿り、ボリビアと国境を接しているマットグロッソ州のノッサ・セニョーラという1万2000人ほどの街に潜伏。アドルフ・ライプチヒと名乗り、「ドイツ系の老人」として1984年まで余生を過ごしたというのです。

これを主張しているのはナチスの追跡をテーマにしている作家のシモーニ・レネ・グエリオ・ディアスと言う方でして、ヒトラーがブラジル人女性の恋人と肩を組んでいる写真を証拠としているのですが…ピンぼけなんですよね(苦笑)。どこまで信じて良いのやら。

死してなお世間を騒がせているという所でしょうか?

スポンサーリンク

takosaburou・記





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-週刊武春, ドイツ, アメリカ
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.