歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

徳川家 週刊武春

徳川家を呪ったとされる妖刀【村正】 家康が小刀でケガしただけで刀工は廃業の悲喜劇

更新日:

 

日本史で怪盗といえば石川五右衛門だが、快刀となると村正が定番。もともとは室町時代に伊勢(三重県)の刀工が作ったブランド品である。

戦国時代にはブランド刀の一つだったが、ある人を傷つけたものだから、今度はヤバイ【妖刀】としての名前も広がってしまった。

ある人とは他でもない、徳川家康だ。

妖刀村正/wikipediaより引用

妖刀村正/wikipediaより引用

 

「徳川家に障りがある!」→小刀でケガしただけ

それは家康が息子を切腹させた時のことだ。

部下に「息子を介錯(切腹後に首をきってとどめをさすこと)した刀は誰の作か」と尋ねると、「村正です」との答え。それを聞いた家康は驚いた。

「妙なことがあるもんだ。わしのじいちゃんが裏切りにあって殺された刀も村正だった」

さらにはこう続けたのがヤバかった。

「わしが小さいときに小刀で手をけがをしたのも村正。こいつは徳川家に障りががある。うちにある村正の刀は全部捨てろ」

じいちゃんが殺されたのはともかく、小刀でけがしたとか、完全な言いがかりであろう。

絵・富永商太

絵・富永商太

 

スポンサーリンク

名工・村正は廃業→プレミア刀になっちゃった

それでも、時の権力者の言葉というのは、現代のマスコミと同じくらいに影響力があり、噂は一人歩きしてしまう。

家康が何気なく吐いた言葉は、神君とその息子を傷つけた刀として、江戸時代に忌み嫌われ、室町時代から続く名工としての村正も「閉店」せざるをえなくなった。※編集部注・分派していったところは残っていた模様

ときには呪われたヤバイ刀として、銘の「村正」という部分を削りとり、二束三文で売られたこともあった。

ところが、である。運命というものはわからない。

幕末になると、家康を傷つけた刀は、倒幕を目指す維新の志士たちにとってはおめでたい刀に大変身。突如、人気が爆発してしまったのだ。村正の刀も、ここぞとばかりに切れ味を増したことだろう。

徳川家康はもっと評価されていい! 75年の生涯に見る熱き心と老練な政治力




スポンサーリンク


川和二十六・記

 

 




桂小五郎
またの名を木戸孝允


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-徳川家, 週刊武春
-, , ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.