歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

週刊武春

トラックの「UD」は何の略?75年前にディーゼルトラックで日本の山道を走破したエンジニア魂とは

投稿日:

見たことはあるけど、どこの会社だか知らない――という人が多いのではないだろうか。
トラックメーカーの「UD」である。

old-UD-logo
自分は、子供のころ北斗の拳が流行っていたので、町でこのトラックのマーク「UD」を見ると、「ユダだ!」と思った記憶がある。現在はボルボグループらしいが、外国のメーカーかと思っていた。
ところが、実は日本車だった!

もともとは日本デイゼル工業という戦前(1935年)の埼玉県川口市にできた会社だったが、戦中戦後で名前をいくつか変え、1960年に日産自動車が資本参加したことにより、社名を日産ディーゼル工業へと変更した。2010年から「UDトラックス」となった。
UDの名前の由来は、同社が戦後に世界中に売ったディーゼルエンジンの型番「UD」(Uniflow scavenge Dieselの略)。なので日本語ではない。

創業者である安達堅三が75年前の1939年11月に、同社初のディーゼルエンジントラックを開発。安達は街中の走行実験ではなく、いきなり13日間かけて3000キロをあえて難所ばかりまわるというテストを行った。

川口ー会津ー新潟ー長野ー大阪ー京都ー箱根

Legendary_test_drive

というきついルートだ。しかし、そこをまわって川口に戻ってきたところ、ボルトひとつの緩みもなかったという伝説の挑戦だった。
UDトラックスでは、創業者のチャレンジを再現しようと、今年2014年11月に同じルートをまわるキャンペーンを20日まで行っていた。この歴史的な偉業の再現にもかかわらず、同社のフェイスブックページはふたけたとさびしい限りだ。(社員7000人以上いるのに)

UD1

もちろん、現代の整った高速道路網で同じルートをたどっても、ドライブにすぎないが、いにしえの日本人の技術者魂を、思い出してみるのもいい機会かもしれない。

車好き、旅行好き、トラック好きはぜひみてほしい。




スポンサーリンク


川和二十六・記




1位 薩長同盟
倒幕のためじゃない!


2位 意外と優しい!? 織田信長さん


3位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


4位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-週刊武春

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.