日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)




週刊武春 明治・大正・昭和時代

一般人「金沢県なんてねぇよ!」歴史マニア「あるよ。そう廃藩置県直後ならねドヤ」

更新日:

どこかのテレビ番組が「石川県」のことを「金沢県」とテロップで流してツイッターで失笑されています。
しかし、歴史マニアはそこで立ち止まって「うむ、このテレビマンはよく歴史を知っているな」とドヤ顔したいものです。

明治4年(1871年)に、廃藩置県によって「加賀藩(金沢藩)」はなくなり、「県」になるのですが、このときに「石川県」なんてものは存在しませんでした。
加賀藩(支藩の富山藩と大聖寺藩を含む)は3分割されて、

「金沢県」ドン!
「大聖寺県」
「富山県」

ができたのです。

ところが、いちおう新政府側に立ったとはいえ、どちらかというと徳川寄りだった前田家に新政府は警戒。薩摩藩出身の知事(大参事)内田政風(まさかぜ)という人が、わずか半年後の1872年2月に、県庁を金沢から手取川の河口にある美川(金沢より西にある港町、現・白山市)に移します。
この美川は、手取川を挟んで東が「石川郡」、西が「能美郡」なのですが、県庁は東側においたので、「石川県」になってしまいました。

石川県HPに加筆

石川県HPに加筆

なんたる適当。でも、この美川という地名自体も「石川」+「能美」を合体したなんというかゆるい地名なのです。

ともかく、北前船の寄港地ではありましたが、暴れ川手取川の河口なので人口も多くありません。
内田知事は、「能登半島を七尾県にするんで、金沢だと能登に近すぎるから」という、どうみても言い訳にしかならない言い訳をしていたそうですが、風も強いし、茶屋町はないしで、なんと県庁は翌年1月に、また金沢に戻るのです。1年もなかった幻の「石川県」だったはずが、金沢県には名称は戻らず、今に至るというわけです。

このため、旧・美川町には「石川ルーツ記念館」という資料館があります。

白山市観光サイト「うらら白山人」より

川和二十六・記

参考:




スポンサーリンク






1位 徳川慶喜一橋慶喜
西郷どん・ヒー様の正体?


2位 橋本左内
風間俊介さんで西郷どん登場!


3位 月照
西郷とBL?的な清水寺住職


4位 明治天皇
その功績とエピソード


5位 伊集院須賀
西郷隆盛最初の妻、どんな人?


6位 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


7位 ホントは熱い!徳川家康


8位 勝海舟
異端の幕臣は西郷に何を


9位 桂久武
西南戦争に突如参加の親友


10位 阿部正弘
幕府を支える若きエリート老中



注目! 安藤百福まんぷくモデル
50歳からチキンラーメンを開発!


注目 日露戦争
なぜ日本は勝てた!?




わろてんか毎日の感想レビュー

-週刊武春, 明治・大正・昭和時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.