日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

週刊武春 明治・大正・昭和時代

80年前に日本人が発明していたつけまつげ! 昭和初期から美容整形の値段は現代とほとんど同じ!?

更新日:

 

『武士の家計簿』著者で日本史家の磯田道史氏(国際日本文化研究センター准教授)が読売新聞で連載している名物コラム「古今をちこち」。

今月(2016年8月17日)のテーマは、五輪一色の紙面の中で「紅一点」の美容整形だ。

詳細は朝刊を購入して読んでいただきたいが、非常に興味深い内容だったので一部抜粋して紹介させていただこう。

磯田道史先生古今をちこち

読売新聞「古今をちこち」

 

美人の目を数値化までしていた内田医学博士

一般的に西洋の美容整形が鼻を高くする術の一方、日本では目を大きくするもの。目の整形手術は日本で発達したものだという。

その元祖とも言うべき存在が、内田孝蔵医学博士だ。

「丸ビル眼科」(東京丸の内)を経営する内田が美容外科の技を極めたのは、なんと関東大震災(大正12年、1923年)だった。
「顔面やけどの患者の皮膚の引きつりをメスで治療するうちに手技が向上。目頭をWやZ字状に切開して、目を大きくする美容整形法を確立した」(磯田氏)というのだ。

医学者らしく内田は、美人の数値化まで行っていたという。

・一般人の目は、縦6~9㍉、横24~28㍉
・美人スターの目は、縦11~14㍉、横32㍉

美人スターの目は一般人より縦5㍉、横8㍉も大きいとした。現代女性もまた、つけまつげやアイメイクによってこのミリ単位の目の拡大に日々精進されているわけだ。

 

現代日本が世界に誇るポップカルチャー。そのトップアーティスト「きゃりーぱみゅぱみゅ」の代表作は「つけまつける」である。

実は、このつけまつげ自体も昭和6年(1931年)頃に内田が発明したものだった。

なお、二重まぶたの整形費用は、現代の高須クリニックでは埋没法が両目で9万円、切開法が25万円。内田の二重整形は昭和初期で25円であり、磯田氏の物価換算によると現代では12万5000円ぐらいだという。

80年前と現代でそれほど価格が変わっていないとは、意外だろうか。

リオ五輪のサッカーナイジェリア代表へ自腹で2000万円もの賞金を出す高須先生も、国内の美を求める女性たちへの値下げ還元を検討してもらいたい――というのは余計なお世話でありますな。

スポンサーリンク

川和二十六・記

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-週刊武春, 明治・大正・昭和時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.