日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

週刊武春 伊達家

伊達政宗の「ずんだ餅」はウソ!? 書籍『伊達政宗と時代劇メディア』からガチかっこいい独眼竜を学ぶ!

更新日:

皆様、宮城県のお土産といえば何を思い浮かべるでしょう。
「萩の月」や「笹かまぼこ」が有名ですが、「ずんだ」のお菓子を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

今や宮城のみならず東北を代表する味となった「ずんだ」。
鮮やかな緑色が目にやさしく、枝豆をつぶしたこのあんは大変美味でもありますが、すぐに傷んでしまいます。そのため作ったその日に食べきらなくてはならず、そうした性質上、地元の人だけが旬に食べる、あるいは現地で食べるしかない味覚でした。
それが冷凍技術の発達や、アイスクリーム、スナック菓子、ジャム等の保存がきく食品への転化により、全国的に広まるようになったのです。

それと呼応するように、メディアでも取り上げられるようになりました。
2013年の朝ドラ『あまちゃん』では、宮城のご当地アイドルが「ずんだずんだ~」と唄いました。昨年の大河ドラマ『真田丸』では、伊達政宗がずんだ餅をいろいろな人にふるまっていました。

しかし、そもそもこの「ずんだ餅」という名称に違和感を覚える人が実は多いのです。
Wikipedia曰く「じんだ(ん)、ずんだん、ぬた、ばんだい等の呼び名がある」とあります。特に山形の人は「意地でもぬた餅と言う」と仰る方も多いようです
参照:山形市公式ホームページ
南東北のソウルフードと言えば芋煮が有名ですが、実は「枝豆をつぶしたあん」でも論争が巻き起こりかねません。もっとも最近は「ずんだ」の知名度が高くなり過ぎて、水をあけられている感はありますが……。

そしてこの「ずんだ」に関して、思わぬ風説がまことしやかに語られるようになっています。
伊達政宗がずんだを開発した!
あるいは関わりがあるという説です。果たしてそれは、事実なのでしょうか。
【TOP画像】伊達政宗甲冑倚像(いぞう・台座などに座った像のこと)瑞巌寺公式サイトより引用

 

豆を潰すのに大事な陣太刀を使うか!

まずはWikipediaから、「ずんだ」の由来を見てみましょう。

1. 茹でた枝豆はそのまますれるほど柔らかくないため、まず初めにすりこぎで叩いたり押たりして潰す作業が必要であり、それが「豆を打つ」と解釈されて『豆打』(ずだ)となり、「豆ん打」に転訛したとする説
2. 「伊達政宗が、出陣の際に『陣太刀』で枝豆を砕いて食した」とのエピソードに由来するとする説。『陣太刀』(じんたち)は、東北方言では「じんだづ」「ずんだづ」などと発音されるが、これが「じんだ」または「ずんだ」に転訛した。
3. 甚太(じんた)という百姓が伊達政宗へ献上するために考えた餅が政宗に気に入られ「じんた餅」と言われたという説。
4. 古くはぬか味噌または五斗味噌のことを「糂汰(じんだ)」と言った が、枝豆をすりつぶした当料理にも名称を拡大適用したとする説。(ずんだ/wikipediaより引用

ここで伊達政宗が登場するのは2および3の説です。それではまず、2から検討してみましょう。

2はどう考えても間違いです。
そもそも何故この説ができたのか、と大変疑問に思います。それは何故か? 理由はシンプルです。

「いくら何でも豆を潰すのに大事な陣太刀を使うか! 調理器具を使うだろう」

以上。例えば、身近にあるからとスマートフォンで豆を潰す人がいるでしょうか。
陣太刀といえば高価で神聖なものです。いくら手近にあったといえ、そんなもので豆を潰すとは考えられません。普通にすりこぎでも使うでしょう。
そして1にも記載がありますように、そもそも「茹でた枝豆はそのまますれるほど柔らかくはない」という点です。茹でた枝豆の皮を取り除いて、それから慎重に、丁寧に潰さなければ「ずんだ」はできません。根気と慎重さが必要なのです。
陣太刀でガンガンとブッ叩けばできるものではありません。

 

スポンサーリンク

領内視察のとき、政宗は京都にいた

次に3を見てみましょう。この献上した時というのは政宗が領内を視察した際ということになっています。
ところが史料を調べますと、政宗が領内視察をした年の夏、彼は京都にいました。枝豆の旬は夏です。その時不在であるからには、この説も後世の創作です。

伊達政宗もずんだも、それだけで尊いものです。
無理に二つを結びつけずともよいではありませんか。どちらも宮城の誇りなのですから。
皆様もまことしやかに伊達政宗とずんだのトリビアを披露する人がいましたら、訂正していただければと思います。

こうした伊達政宗が有名なるがゆえに結びつけられた宮城の特産や行事はあるようです。
しかし、それが提唱されだしたのは政宗の知名度があがってから、具体的に言えば『独眼竜政宗』以降ということが多いようです。つまり、政宗のネームバリューで箔を付けようという創作です。

伊達政宗は確かに偉大です。
しかし、だからといってありもしないものまで政宗に結びつけるのはいかがなものでしょうか。

 

スポンサーリンク

伊達政宗をめぐる虚実、再びの大河はありうるか

戦国武将というのは、誰しも虚実ないまぜになった評価につきまとわれるものです。
江戸時代に藩祖を偉大に見せようと記録しますし、後世の創作物によってイメージが固まるパターンもあります。真田信繁(幸村)と並び、戦国三英傑をもしのぐ人気を持つ政宗は、このふくらませた部分が大きい人物でしょう。
特に大河ドラマでイメージが固まったという意味では、彼が一番ではないでしょうか。

『独眼竜政宗』は現在でも、リメイクして欲しい大河ドラマナンバーワンとされています。
しかし実のところ、ずんだ餅と政宗の関係のように、現在では否定されている要素も多いのです。従来の説を信じておられるファンの皆さまにはお叱りを受けるかもしれませんが、列挙して参りたいと思います。

・眼帯をしていた
・片倉小十郎景綱が見えない目玉をえぐり取った
・二十年早ければ天下を取れていた
・母親に毒殺されかけた
・片倉小十郎景綱が常に側で助言をしていた
・慶長遣欧使節で天下を取ろうとしていた

こうした劇中で欠かせない要素が、実は後世の創作であり、史実ではない可能性が高いのです。

こうした要素を「史実ではない」と排除したらばクレームがつく可能性が高いでしょう。かといって、そのままドラマにしたところで「いつまで古い説を流すのだ」と言う層は出てくると思われます。
ゲームや漫画であれば許容できても、より高いクオリティを求められる大河では、そうはいきません。伊達政宗をもう一度大河にするとしたら、まずこうした通説と戦う必要が生じることでしょう。

フィクションとして魅力的な創作を取るか? それとも史実に近づけるか?
大河が直面している大きな課題にぶつかるであろう伊達政宗。しかし、敢えて史実に近づけることで面白くなる可能性もあります。

例えば彼の隻眼は、片倉小十郎景綱が切り取った説話が有名ですが、発掘された頭蓋骨からは眼球を摘出したという痕跡はなく、実際は白濁していただけだったようです。
この事実を裏付けるように、政宗には眼帯をつけた肖像画や木像はありません。こうした状態の目を再現するのが難しく、役者の瞼をのりで貼り付けるよりも眼帯をつけるほうが楽であったため、眼帯が定着したようです。

しかし、現在では白濁したコンタクトレンズにより再現できます。そうして映像化したら、なかなか面白いのではないでしょうか。

瑞巌寺に展示されている伊達政宗の甲冑像。目を閉じるように片目は半ば塞がっているように見えるが眼帯はない/瑞巌寺公式サイトより引用

 

歴史上の人物が創作物においてどのように脚色されていくか

こうした伊達政宗の虚実を分析した一冊が、歴史考証学会『伊達政宗と時代劇メディア』です。


伊達政宗と時代劇メディア(歴史考証学会:今野印刷)

なぜ史実ではない伊達政宗のイメージが流布されてしまったか、そしてその結果どのような問題が起こっているか、丁寧に分析した一冊です。
本書を読むことで政宗ファンの皆様はもしかするとガッカリするかもしれません。しかし、フィクションによる後付けを排除したところで、伊達政宗という人物は大変魅力的であることは疑いようがないでしょう。

一般的な書店では販売しておらず、なかなか入手しにくい本書ですが、今野印刷のサイトから通信販売を受け付けております。
伊達政宗の虚実についてのみならず、歴史上の人物が創作物においてどのように脚色されていくか、その過程としてもおもしろく読めます。本書を読みながら、次に伊達政宗が大河ドラマになったらどうなるか、想像してみるのもきっと楽しいことでしょう。
歴史ファンにおすすめの一冊です。

記:最上義光プロジェクト(http://samidare.jp/mogapro/

スポンサーリンク

【参照】歴史考証学会『伊達政宗と時代劇メディア』を読む

 





1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 史実の真田幸村とは?


3位 長篠の戦い 注目すべきは…


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?



井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正
伊達家 伊達政宗 伊達成実
最上家 最上義光 鮭延秀綱
毛利家 毛利元就 吉川元春
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
前田家
黒田家
北条家
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
浅井・朝倉家
立花&高橋家 立花宗茂
諸家
剣豪・武術・忍者
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い


-週刊武春, 伊達家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.