歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

週刊武春

信長・秀吉・家康たち天下人が愛した「菓子」そして甘美は全国に広まった

更新日:

ちょっと疲れた時、小腹が空いたときに嬉しいお菓子。
ケーキやポテチもよいけれど、“和菓子”は腹持ちも日持ちもよく、何といってもお茶との相性が抜群です。

「そうは言っても、男が甘い和菓子を食べるってちょっとなあ」
とお思いのあなた。ちょっと待ってください。

天下人である織田信長豊臣秀吉徳川家康、そして多くの武将たちも愛したのが和菓子です。
女性的とか男性的とかツマラヌことを気にしているのはもったいない。

本稿では、権力者を虜にし、庶民に愛された和菓子の歴史をたどってみましょう。

 

織田信長が「南蛮菓子」に出会った~♪

天正10年(1582年)、本能寺の変直前。
日頃の苦労をねぎらおうと、織田信長が徳川家康に食事を振る舞い、豪華絢爛な料理の中には、大量の菓子もありました。
当時は砂糖が高級品であり、信長がここぞというおもてなしのときに振る舞っていたものです。

信長が生きた時代は、日本の歴史において甘味の転換点でした。

古代の人々にとって、食事以外に食べる「菓子」とは、果物や木の実など。
奈良時代になると、仏教伝来とともに中国から餅や穀物の加工品である食べ物が伝わり、これらを「菓子」と呼ぶようになったわけです。

が、甘味料はムチャクチャ貴重なものでした。餅や饅頭にしても、塩や味噌で味をつけるのが一般的で、たしかに飴や蜂蜜、甘葛といった甘味料もありましたが、大量に使われることはありません。
状況が変わるのは、まさに信長の時代で、キッカケは宣教師たちの日本上陸であります。

このころヨーロッパでは、砂糖が権力者の味として普及しておりました。かの英国女王・エリザベス一世は、砂糖の取りすぎで歯がボロボロになっていたとか。
はるばる海を越え、欧州から日本へ上陸した宣教師たちは、祖国で流行していた「南蛮菓子」を布教の際に配布したのです。

「甘い菓子に釣られて日本人がキリスト教に興味を持たないかな?」
なんて考えたのでしょうか。宣教師たちは、布教の許可を求めるために面会した信長にも、土産として菓子を持参します。

そして、その衝撃たるや……。
砂糖や卵をたっぷりと使った味わいは完全に未知のもの。
カステラ、金平糖、カルメラ、有平糖……と口内で広がる強烈な甘みは、信長にとっても甘美なものだったのです。

例えて言うなら「食の鉄砲伝来」でしょうか。

長篠の戦いで鉄砲3千丁! ならぬ、大量の砂糖を菓子に投下!

この南蛮渡来の技術を信長が取り入れたのは当然のことでした。
それまでは味噌や塩味であった饅頭のあんが甘くなるのも、この頃からでして。

イラスト・富永商太

安土での饗応で家康にふるまった甘い菓子を列挙しておきましょう。

・羊羹
・薄皮饅頭
・羊皮餅(詳細は不明)
・まめあめ(大豆をいり飴で固めたもの)
・おこし米(餅米を入り飴で練ったもの)

いかがでしょう?
現代人の我々から見れば
「いかにも甘そう」
「歯に粘りつきそう」
「なにもこんなに……」
と不思議がられるかもしれません。
しかし、クドいようですが、当時の砂糖は最高の珍味であり、高級品であったのです。

歯を飴でねばつかせながら、家康は「こんなに甘い菓子をたくさん用意できる信長さんって……( ゚д゚)」と思ったでしょう。
甘いは凄い。
そういう時代だったのです。

 

スポンサーリンク

豊臣秀吉と「お茶菓子」は最高の文化

家康を安土で接待した直後、信長は「本能寺の変」において波乱の生涯を終えます。

もしも長生きしていたら、どんな菓子をふるまったのか、新しくどんな菓子が作られたか。
興味はつきないところですが、それを知ることはできません。
代わって天下人となったのが、豊臣秀吉です。

絵・富永商太

この時代に流行した文化といえば、何と言っても「茶の湯」です。

最高の茶人が、最高の茶器と茶室で、最高の菓子を添えていただく――。
茶の湯は、まさに最高の文化でした。
また茶道の持つ美的センスにあわせて、ただやたらと甘いだけではなく、形も凝った菓子が作られるようになります。

そんな秀吉の注文に応じて、菓子を作ったのが老舗の「虎屋」です。
虎屋さんの公式サイトの中には年表もあり、「室町時代後期 京都で創業する」と記されておりますね。

実に五百年もの歴史がある老舗。
その「虎屋」が御所御用(天皇の住まう御所等に商品を届ける商人)になったのは、後陽成天皇の頃からで、秀吉が天下統一したころと同時期でした。

天下人と天皇という二大顧客を持つ虎屋は、まさしく菓子屋の頂点に立つ存在です。
秀吉が主催する華々しいイベントである聚楽第への行幸等にも、虎屋の菓子が並びました。

イベント好きの秀吉が行ったものには、庶民が参加出来るものもありました。
「茶の湯に興味があるならば、身分を問わずに来るがよい」
そう呼びかけた「北野大茶会」です。

茶会に参加した中には、茶も菓子も口にするのが初めてという人もいたことでしょう。
彼らがどんな気持ちで、初めて味わう「甘い菓子」を口にしたのか。
想像するとなかなかロマンを感じますね。

 

徳川家康と「嘉祥(かじょう)」

かように権力者の象徴でもある和菓子はその後どう発展していくのか。
皆さんご存知のように信長→秀吉の次に来る天下人は家康です。彼が江戸に幕府を開くと、その味も東へ東へと伝わっていきました。

代表的な催しが「嘉祥(かじょう・嘉定とも)」でしょう。
江戸幕府では毎年6月16日、菓子を配る行事を行っておりました。
米一升六合が家臣に配られ、この米で菓子を買うと厄除けになるとされていたのです。

別の説によりますと、「武家が弓で的を射て、負けた側が勝った側に嘉定通宝16枚分の食べ物を贈る」というルーツもあるとか。
武家の間では「かづう」が「勝つ」に通じるとし、戦勝祈願のためにも同行事を尊んでいたのです。

富永商太・絵

これはもともと秀吉ら他の武家も祝っていた行事ですが、家康も幕府の成立前から行っており、後に「嘉祥頂戴」として大々的に催されるようになりました。

例えば元亀3年(1572)の「三方ヶ原の戦い」直前、家康は勝利を祈願して「嘉定通宝」を拾い、家臣より献上された菓子を配ったと言われています。
まぁ、結果的に武田信玄に大敗してしまうんですけどね。
それでも「嘉祥とは、権現様(家康)にあやかったものである」として江戸時代に大々的に定着するのです。

規模も相当にデカイです。
「嘉祥頂戴」の日になると、江戸城の大広間には2万個を越える羊羹や饅頭がズラリ。この菓子を御目見え※以上の大名や旗本に配るのです。
※御目見え……将軍に直接謁見できる武士
しかも、二代目の徳川秀忠までは自ら配ったため、数日間は肩が痛むほどだったとか。

三代目の徳川家光以降は各自で取る形式となりました。
将軍家が勝利に通じる菓子を大名旗本に配る。これぞまさに徳川流の天下取りパフォーマンスですね。

こうして菓子をもらった大名は、自分の屋敷で家臣とともに嘉祥を祝います。
さらに国元でも祝い、時代がくだると庶民まで祝うようになります。

庶民の間では「嘉祥喰」といい、一と六を足して七種類の菓子を食べる行事として定着しました。
「嘉祥」の風習は明治まで行われたものの、残念ながら現在では廃れてしまい、現在は全国和菓子協会指定の「和菓子の日」として残っております。

江戸幕府の「嘉祥」は、日本全国に菓子を普及させる行事として、役割を果たしたと言えるでしょう。
個人的には、現在でも復活して欲しい行事ですが。

 

スポンサーリンク

お殿様から庶民まで「EDO LOG」でブランド化!

各大名が国元でも和菓子を食べるとなると、地方にまで菓子屋ができあがります。

茶道が好きな殿様の場合、お茶菓子を作れと命じることもあり、かくして各地で、殿様の御用商人としての菓子店が開店するわけです。

「うーん、何とも美味い菓子だのう」と喜んだお殿様が
「ワシの名前を使って良いぞ」
「ワシの考えた名前をつけてよいぞ」
といった……そういうお菓子が現在も伝わります。

例えば愛媛の「月窓餅」は、この餅を好んだ大洲藩主・加藤泰興の号が由来です。
290年の伝統を誇る「秋田もろこし」、名前からするとトウモロコシと関係があるように思えますね。
違います。秋田藩主・佐竹義格「このもの諸々の菓子を越え風味よし!」と絶賛されたことが由来です。

このように殿様も大好きなお菓子が、今も各地で愛されているのです。

しかし、殿様ブランドを使うだけでなく、もっといろいろな人に売れば商売はより繁盛しますよね?
江戸時代に入ると、砂糖の普及に伴って価格も下がっており、戦国時代を終えて平和になった街道・名所には人の行き来も増えております。

となると、こう考える商人も出てくるワケでして。
「この寺の門前で菓子を売ったら、参拝客が買うんじゃないかなぁ」
「市場で菓子を売れば土産に買っていくんじゃない?」
「旅人だって疲れた時は甘いものを食べたいはずだ」

こうして人の集まるところ、参拝客の多い寺社の前、街道沿い、市場、宿場に和菓子屋が開店し始めたのです。
とりわけ有名なのが、下鴨神社のみたらし団子、伊勢神宮の赤福等あたりでしょうか。
名物菓子があまりに美味しいため、更に時代がくだると「菓子を食べることが主目的」で、そのついでに寺社参りするようになる人も出てきたそうで。

旅行者が増えれば、旅のガイドである道中記も出版されるようになるわけです。
そして、こうした道中記には「あの店で買える飴は最高! 絶対食べないと損!」といった記述が出てきます。
さしずめ「EDO WALKER」というか、今なら「EDO LOG」って感じですね。

かくしてガイドブックを読んだ旅行者は現地で土産を買い、家族や近所の人に配るという、現代人と同じ行動パターンが江戸期に確立し、同時にブランド化も進むのです。

「大切な人の贈答品には、最高級のお店のものを選びましょう」
日本の、あるいは日系企業の贈り物文化は、こうした長いバックボーンあってのものなのですね。
お菓子は、食べて美味しいだけではなく、贈っても貰っても嬉しく日持ちもする、贈答品として優れておりました。

菓子は更に、嗜好品以外にも利用されるようになります。

時は天明の大飢饉(天明2-8年・1782-1788)、所は加賀百万石の城下町・金沢。
乳飲み子を抱えているにも関わらず、母乳が出なくなった母親の姿を見て、雑穀屋を営んでいた俵屋次右衛門は心を痛めます。

次右衛門は、子供でも食べられる、米と大麦を原料にした柔らかい飴を作ることを思いつきました。
人々はこれを「じろあめ」と呼び喜びました。
以来180年にわたり、老若男女が安心して食べられる飴を作り続けているのが「俵屋」。優しい思いやりから生まれた優しい味は、今も健在です。

かつて天下人の権力の象徴として登場した甘い菓子は、時代が降るにつれて各地へ広がり、庶民も愛する味として定着しました。

お茶請けとして菓子をつまむのも、旅先で菓子を買って土産にするのも、そうなるまでに長い歴史があったのです。小さな菓子に詰まった我々祖先の思いを一緒に味わえば、きっといつもと違う楽しみがあることでしょう。

また、こうした歴史的経緯を知れば「男の俺が甘い菓子なんて」というのもナンセンスだとわかるはずです。

むしろ積極的に、職場の同僚や部下に菓子を配り、ちょっとした天下人気分を味わってみてはいかがでしょうか。

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】
山本博文監修『江戸時代から続く老舗の和菓子屋』(双葉社)
黒川光博『虎屋 和菓子と歩んだ五百年』(新潮新書)
コロナブックス『京都のおいしい和菓子』(平凡社)
中島久枝『人と土地と歴史をたずねる 和菓子』(柴田書店)

 



-週刊武春,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.