歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

阪鶴鉄道で監査役を務めていた頃の小林一三/Wikipediaより引用

わろてんか 週刊武春

わろてんか伊能栞(高橋一生)のモデル 小林一三の生涯84年をスッキリ解説!

更新日:

関西産業界を牽引した「今太閤」小林一三

NHKの朝ドラ『わろてんか』で注目の伊能栞(高橋一生さん)

今、最も旬の俳優である高橋一生さんがキャスティングされた時点でざわめきが起き、放送前から「伊能栞(しおり)のモデルは誰なのか?」と話題になっておりました。

結論から申しますと、伊能の事業に関するモデルは小林一三(いちぞう)と目されています。
関西産業界においてレジェンドとも言える経済界の巨人であり、芸能関係にもビジネスを広げたヤリ手。

ヒロインと接点のあまりない人物で、かつ関西にとって恩人とも言える人物を大きく扱うのは『あさが来た』の五代友厚を彷彿とさせますね。
つまり本作では、ヒロインの生き様だけではなく、関西のエンタメ産業そのものも描いていきたい――そんな大きな展望も感じられます。

「今太閤」とも称された、小林一三の人生を振り返ってみましょう。

 

スポンサーリンク

生まれてスグに母が亡くなり、大叔父に育てられ

1873年(明治6年)1月3日、小林一三は山梨県巨摩郡河原部村(現在の韮崎市)で誕生しました。

母・菊野はいわゆる「家つき娘」で、父・甚八は婿養子。
菊野は一三を生んでから、一年もしないうちに夭折してしまいます。

この時代、婿入り先で妻が亡くなった場合、一般的に婿が家に留まることはできません。甚八もご多分に漏れず、実家へ戻されました。

戻された甚八は、今度は酒造業者の田邊家に婿入りするのですが、このとき幼い一三は姉と共に小林家に残されます。なかなか複雑な家庭環境で、祖父母も他界していたため、彼は大叔父のもとで育てられるのです。

なお、田邊家に入った父は四男三女をもうけ、一三にとっての異母弟たちも錚々たる経歴を持つことになります。

長男:七六 衆議院議員、中央電力、姫川電力、日本軽金属等の重役
二男:宗英 後楽園スタヂアム、新東宝映画社長
三男:加多丸 東宝社長

一三は生涯を通じ、父との交流は少ないものでしたが、異母弟たちとは活発に通じあっておりました。

 

韮崎の「ぼうさん」からキザな慶應生となる

学業優秀、気前もよく、喧嘩も強い――韮崎で少年時代を過ごした一三は、小説の主人公のような存在でした。
地元では畏敬の念を込めつつ「ぼうさん」と呼ばれております。

1888年(明治21年)、一三は上京して慶應義塾に進むことにしました。
このとき僅か15才。彼は東京で、生まれて初めて海を見、そして浅草で「ジンタ」の音楽と出会います。

これが彼の人生に強く影響を与えます。
「ジンタ」とは、明治時代中期の日本に生まれた民間オーケストラ「市中音楽隊」のこと。
彼は浅草に通い詰め、感動の余り涙がにじんでくるほどこの音楽に聴き惚れていました。エンタメの力を実感した原点でしょう。

慶應の一三は、キザで、実家から仕送りをたっぷりもらう裕福な青年でした。
遊んでばかりではなく、多芸多才であり、郷里の山梨日日新聞では「練絲痕(れんしこん)」という連載小説を執筆。
この作品は『花子とアン』でもおなじみの、東洋英和女学校校長の夫が殺害された事件を扱ったものでした。

あまりの出来映えに、警察まで「これは事件を知る者が書いたのではないか?」と疑ったほど。

一三は小説家として歩んでも大成したのではないか。
当時の人はそんな風に思っていたそうです。

 

スポンサーリンク

ぱっとしない銀行員時代

15才から19才という青年期を慶應で過ごした一三。
1892年(明治25年)になると、慶應生を多数採用している三井銀行に入行します。
ここで14年間勤めるのですが、大して出世はしませんでした。

ただし、経済界の大物と接する機会は、彼にとってもよい刺激となったのでしょう。
一三は銀行員をしながら、小説を書き、遊里にも時には脚を運び、観劇を楽しむような、悠々自適の暮らしを送っていました。

大阪支店、名古屋支店、再度大阪支店、そして東京本店と、何度か転勤も経験しました。この間、1900年(明治33年)、27才の時に、9才下の幸という女性と結婚します。

最後の勤務地となった東京本店での仕事は退屈極まりないものでした。

食うには困らないだけの金は手に入るものの、全く面白くもなく、出世とも縁遠いキャリアに嫌気がさしてしまう状況。
たまたま株で臨時収入がった一三は、そろそろこんな生活はやめよう!と思い始めるのです。

34才になっていた一三に、渡りに船のような話が舞い込みます。
日本初の証券会社を設立しないか、という知人の誘いでした。

 

失業から鉄道業界へ

1907年(明治40年)、一三は妻子を連れて大阪に向かいました。
この頃、日露戦争後の好景気バブルがはじけ、恐慌が始まっておりました。

もはや証券会社設立どころではなく、妻子を抱えて失業者となってしまった一三。
そこに「阪鶴鉄道」監査役を務めてはどうか?という誘いが舞い込みます。
一も二もなく、これに応じた一三。「阪鶴鉄道」は国有化されて解散することとなり、一三は清算から関わりました。

国有化で解散することになった「阪鶴鉄道」の関係者は、「箕面有馬電気軌道(阪急電鉄の前身)」を設立しようと計画していました。

しかし、恐慌でそれどころではなくなり、早い内に断念したほうがよいという意見が出るほど、経済環境は悪化。
一三はここである計画を思いつきます。

「住宅地も買い占めて、開通後に売れば利益が出るのではないか?」

鉄道の沿線には、理想的な住宅地が広がっており、しかも土地は安い。
一三は「箕面有馬電気軌道」を何としても設立しようと決めます。さらに、周囲の勧めによってこの経営責任者となる決意も固めました。

こうして一三の独創的な鉄道事業が幕を開けたのです。

 

スポンサーリンク

宝塚をエンタメの聖地に

「あんな田舎に鉄道引いてどないしますのや」

そんな風に陰口も叩かれていた「箕面有馬電気軌道」。
沿線の土地を賑やかなものとし、乗客を増加させることは死活問題でした。
一三は住宅をローンで売り出す等工夫を凝らしていましたが、もっと素早い手段が求められます。

通勤客だけではなく、沿線の目的地に人を運ぶのならば、何か娯楽施設を作ればよいのではないだろうか?

一三はそう考え、まず「箕面動物園」を開業。当時としては日本一の規模を誇る動物園でした。
関西では京都にしか動物園がなかったため、かなり話題となって来場者も上々……。
しかしだんだんと減り始め、わずか六年目に閉園となりました。

箕面で失敗した一三は、開発費を宝塚に絞ることにしました。

彼が考えたのが、温泉型リゾート施設「宝塚新温泉」。
宝塚には昔から温泉がありましたが、そうした伝統的な施設だけではなく、大理石やシャンデリアで飾り立てたリゾート施設を作ることにしたのです。

当時東洋一と呼ばれた歌劇場、ダンスホール、ホテル、スポーツ施設、ゴルフ場。まさに究極のリゾート施設です。

1923年(大正12年)には大火災に見舞われるものの、一三はくじけません。
それどころか、これをリニューアルの好機ととらえました。

翌年には「宝塚大劇場」がオープン。
日本だけではなく、世界各地から名優が招待され、華々しい上演が連日行われたのでした。

 

日本国民に新たな演劇を!「宝塚少女歌劇団」

一三は、当時流行していた少年少女による音楽隊に想を得て、1913年(大正2年)に「宝塚唱歌隊」を結成しました。

唱歌隊は歌だけでは物足りない、歌劇をやりたい――そう考えるようにもなりましたが、温泉施設の出し物として歌劇は高尚すぎるという意見もありました。

音楽隊よりも上質で派手、かつ歌劇よりは庶民的な娯楽。
それが彼女らの目指す道でした。
こうして「宝塚少女歌劇養成会」が誕生したのです。

この少女歌劇は斬新で、日本国民にとって新たなエンタメの到来を予感させるものでした。1918年(大正7年)には、東京の帝国劇場でも公演を行い、大成功をおさめます。

一三は歌劇団のさらなる躍進のため、指導者たちを欧米で学ばせます。
歌劇団の評判は高かったものの、損益を考えると決してよいというわけではありませんでした。

国民的な新エンタメを、損をしてでも作るべき――。一三は、そんな姿勢を貫きました。
上質なものを作るという硬派な方針が、唯一無二の「宝塚歌劇団」を作り上げたのです。

彼の精神は、目先の儲けよりも“上質なものを作る”ということに集約されています。
例えば、現在も話題になるカジノ誘致による観光産業を「低劣なもの」としてキッパリと否定。
そんなものよりも、日本各地にある特性を生かすべきだと考えていたのです。

 

スポンサーリンク

阪急百貨店の賑わい 「ソーライス」伝説とは?

1918年(大正7年)「箕面有馬電気軌道」は、「阪神急行電鉄」と名を変えました。

この二年後、大阪・梅田と神戸を結ぶ神戸線を開通。
そして梅田に阪急電鉄本社ビルヂングを竣工しました。
本社として使用するのは三階から五階まで、二階はレストラン、そして一階には白木屋百貨店をテナントとして入れたのです。

この二階のレストランでは有名な「ソーライス」伝説があります。

日本一安い食堂として売り出したレストランとはいえ、昭和恐慌となると貧乏な客はライスしか注文しません。
このライスに備え付けのウスターソースをかけるだけの客がいました。

一三は嫌がって追い出すどころか、
「ライスだけのお客様を歓迎します」
と張り紙をして、福神漬けをサービスしました。

ソーライスを食べた貧しい若者は、やがて出世して恩義を感じる。そう考えたのです。
※後日、ソーライスと食べていた客が来店し、多額のチップを置いていくということがあったとか

この白木屋事業は、いわば一三にとってはテスト。
百貨店は儲かると信念を得て、1929年(昭和4年)に阪急百貨店を開業したのでした。

阪急百貨店のHPに掲載されているソーライスの解説・今もこの心を大事にしているんですね

 

電力統制に猛反対するも戦争へ突き進み

次々に閃いた新しいアイデアを実行に移す――。
ここまでの業績でも、小林一三はたいへんな人だとわかります。

しかし、一三の業績はまだまだ終わりません。

彼は「田園都市会社」と「目黒蒲田電鉄」を経営。
1932年(昭和7年)には、「株式会社東京宝塚劇場」を設立しました。
さらに1933年(昭和8年)「東京電燈」の社長として、経営再建に関わります。

彼が社長となったころの「東京電燈」は経営が傾いていました。そこで一三は徹底的な改革に臨みます。
この「東京電燈」での余剰電力解消手段として、一三は「昭和肥料」と「日本軽金属」という製造業にも進出。まさにありとあらゆる産業に着手したのです。

本人も流石に疲れたのでしょう。
1935年(昭和10年)には引退を考えるようになります。
この頃、国家が電力を統制すべきだと政府が方針をさだめました。

一三は電力統制に猛反対。
彼の反対もむなしく、1938年(昭和13年)には「電力国家管理法」が成立してしまいます。
日中戦争と平行してこのようなことをするのは無謀極まりなく、日本はかえって深刻な電力不足に直面することになるのです。

 

商工大臣就任と「大臣落第記」

そして1940年(昭和15年)、今度こそ引退しようと決意を固めた一三は「東京電燈」社長を辞任することにしました。

そんな一三に、民間の親善使節としてイタリアに訪問するよう依頼がありました。

この滞在中にイタリアは第二次世界大戦に参戦したため、元のルートでの帰国ができなくなった一三はドイツ経由で帰国することになります。
帰国の途についた一三は、ドイツでヒトラーの経済手腕に感心したと言います。

そんな彼を急ぎ帰国するようにと、当時の総理大臣である近衛文麿が電報を送ってきました。
帰国した一三を待っていたのは、近衛内閣における商工大臣のポスト。
大変名誉なことだ、と同職を引き受けます。

内閣としても彼の経営手腕が欲しかったのでしょう。
しかし、政府の経済政策案にズケズケとダメ出しをする一三はやがて煙たがられるようになります。

特に深刻だったのは、岸信介との対立でした。

一三は岸の出した「経済新体制」を強烈に批判。
1940年(昭和15年)に「経済新体制確立綱案」は閣議決定されたものの、経済官僚懇親会で一三が先頭に立って骨抜きにしていました。
さらに一三は、岸を辞任させるように迫ります。

しかし、辞任させられたのは岸ではなく一三でした。

就任から僅か八ヶ月後、内閣改造で一三は辞任させられたのです。
もはや戦争に向けて国家総動員体制を迫る日本政府は、一三のような自由主義経済とは相容れなくなっていました。
彼が軍部批判をしていたことも、大きな要因です。

一三は『中央公論』に「大臣落第記」という連載をスタート。
しかしこれは不謹慎であるとして、すぐに止めさせられます。

日本は泥沼の戦争へと突き進んでいくのでした。

 

焼け野原から再出発へ

1945年(昭和20年)、日本は敗戦を迎えます。

国民にとって大きな挫折と失望、そして死や滅亡であったこの敗戦も、一三にとっては喜ばしいことでした。
彼が憎んだ国家による経済統制の終わりであり、自由主義経済の復活を意味していたからです。

一三は「戦災復興院」総裁に就任し、復興を牽引しました。
しかし敗戦の翌年には、公職追放の対象となってしまい、辞任せざるを得ませんでした。

とはいえ彼は、引退してかねてよりの念願であった茶道だけに邁進するわけにもいきません。
日本全国が汗を流して復興をめざしているのに、そんなことは許されないと思っていたのでしょう。

そんな中、彼が心血を注いだのが東宝再建でした。
公職を追放されているからには本格的に参加することはできません。

そこで彼は公職追放が解除となる1951年(昭和26年)までじっと待ちます。

欧米を見て回り、これからは優秀な洋画の上映と、邦画の製作をすべきとの結論に到達。
社長に就任すると、東宝の業績はみるみるうちに回復を見せ始めました。
同時に株式会社コマ・スタジアムを立ち上げています。

そして1957年(昭和32年)、小林一三は84才でその生涯を終えました。

晩年まで様々な事業に尽力し、「今太閤」と呼ばれた人生。彼の残した産業は今も活きています。

中でも宝塚歌劇団、東宝といったエンタメ産業は、今を活きる私たちの生活に潤いを与えています。
もし小林一三という存在がいなかったら。
私たちの生活は今より味気ないものであったことでしょう。

 

卓越した経営手段と人柄の魅力

小林一三は実に大きな存在で、まさに経済界の巨人とも言える人物です。

人が多い鉄道路線を買い取るのではなく、沿線を発展させるという逆転の発想。
どこまでも大衆本位の発想。
利益よりも芸術性を追求するエンタメへの姿勢。

人間としても魅力的で、多くの人々と交流しました。

若い頃、ジンタの音色に涙を流し、小説を執筆し、エンタメの魅力を知り尽くした一三。
彼は金儲けとしての道具ではなく、本当に面白い上質なものを作ろうとしたのです。

目先の利益だけにとらわれない、本物志向が一三にあったからこそ、現在まで残る素晴らしい娯楽産業が残ったのでしょう。

また一三は、生活の豊かさを大事にした人物でもありました。
人間は八時間きっちり働いて、そのあとは観劇なり映画鑑賞なりして、リフレッシュすべきだと考えていたのです。

現代の日本にこそ、まさにこの精神が必要なときではないでしょうか。

文:小檜山青

主人公モデル・吉本せいさんの生涯はコチラから!

わろてんかモデル・吉本せいの生涯60年をスッキリ解説!ここに吉本興業の歴史始まる

ドラマのあらすじ・感想レビューはこちら↓から!

 

落語の歴史をスッキリ解説! 起源は戦国時代の御伽衆で、元祖は江戸時代の安楽庵策伝




スポンサーリンク


【参考文献】



-わろてんか, 週刊武春

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.