歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

西郷どん(せごどん)特集 週刊武春 幕末・維新

「明治の紫式部」と称された税所敦子 ヒネくれた鬼姑をも感涙させた歌の才に惚れるッ

更新日:

西郷隆盛を筆頭に大久保利通小松帯刀島津久光島津斉彬、さらには西郷従道や川路利良など。

幕末維新で数多の英傑を輩出した豪傑・薩摩藩では、女性が活躍する場など皆無だろうなぁ……なんて考えてしまいがちです。

しかし、そんな薩摩において、京都から移り住み、歌人として名を成した女性がいます。

税所敦子(さいしょ あつこ)――。

篤姫らと同じ幕末を生き抜き、才能を開花させ、「明治の紫式部」と讃えられた女性。
知られざる才媛の生涯を追ってみましょう。

 

父は歌人 自らも幼き頃より歌を習い、見初められ

税所敦子は、文政8年(1825年)、京都の公家侍・林篤国の娘として生まれました。

父・敦国は歌人として名高く、自宅で歌会が開催されるような家庭環境。
敦子もまた、歌人・千種有功(ちぐさ ありこと)に歌を習うようになりました。

才能を開花させた敦子を、見初めたのは薩摩藩士・税所篤之。篤之は妻と別れ、子を国元に預け京都で暮らしておりました。
和歌だけではなく絵画も得意とする、文化的な男性であり、彼もまた、千種有功の元で歌を学んでいたのです。

縁あって、二十歳の敦子は篤之に嫁ぎます。弘化元年(1844年)のことでした。

文化人肌とはいえ、篤之は薩摩隼人でもあります。女を人として扱うことは、薩摩隼人にとっては恥に他なりません。
敦子はそんな薩摩隼人のことは知らないため「私に問題があるのだ」と忍従しました。
今の女性ならキレそう、と思う人もいるとは思いますが、当時の女性でもキレる人は多いと思います……。

この結婚生活は長続きしませんでした。
離婚したのではありません。
篤之が肺を煩い、28才という若さで死去したのです。彼との間にさずかった男児も夭折してしまいました。

ならば実家に戻ってもよいところですが、敦子はそうはしません。
残された幼い娘とともに、姑に孝養を尽くすため薩摩へと向かったのでした。

 

スポンサーリンク

【鬼婆などと人はいうなり】に上の句をつけてみよ

見ず知らずの土地に向かった敦子。
そこには、姑と、篤之と前妻の間にできた女子二人が待っていました。

この姑が、メロドラマに出てくるような、意地の悪い女性でして。周囲の人もひそかに「あの鬼婆」と陰口を叩いていたとか。

姑は三人の娘を懸命に育てる敦子に、きつく当たります。
それでも敦子は「私がまだまだ足りないのだ」と堪え忍び、孝養を尽くします。

そんな姑はある日、虫の居所が悪かったのでしょう。
こんなことを言ってきました。

「お前は歌を作るのが得意と聞いた。ではこの歌に上の句をつけてみなさい」

そう言って姑が差しだしてきたのは、こんな下の句でした。

【鬼婆などと人はいうなり】

なんとも難題を吹っかけてくる婆ぁで。
並の読み手なら詰まって逃げ出したくなるでしょうが、敦子はジッと考えこんだあと、こう上の句をつけました。

【仏にもまさる心と知らずして】

訳を付けるとすればこんな感じでしょうか。

【訳】仏様にも勝るほど優しい心であるのに、それを知らずに、人は鬼婆と言うのですよ

才知ひとつで意味をひっくり返した敦子に、姑は呆然としました。
そして、しばらくその句を見ていたあと、感動して泣き出してしまったのです。

こうした才能にあふれた敦子を、周囲が放って置くわけもありませんでした。

 

近衛家に出仕 さらには皇后の侍読に

敦子の才能は薩摩藩内でも話題になり、藩の人々に歌を教えるようになりました。
ついには島津斉彬の目にまでとまり、その子である哲丸の守役に抜擢されます。

ところが、です。
折り悪く、斉彬も哲丸も急逝してしまいます。
敦子は失意のあまり、一時は殉死すら考えたほどです。

しかし、これほどの才人が再び放って置かれるはずもなく、文久3年(1863年)、今度は島津久光の養女・貞姫が近衛忠煕の子・忠房に嫁ぐことになると、姫付きの老女として抜擢されるのです。
近衛忠煕といえば、篤姫の養父となったことでも知られる人物で、薩摩藩とは縁が深い人物です。
島津久光は、西郷隆盛と仲の悪い国父として知られますね。

時は進み明治6年(1873年)、近衛忠房が世を去りました。
敦子もまた静かな余生を送るはずでした。

が、これほどの才女となると、まだまだ世間が放っておいてはくれないようでして。
敦子は明治天皇の皇后である昭憲皇太后の侍読(家庭教師)に抜擢されるのです。

凄まじい出世ですね。
鬼婆の目に涙を浮かばせるだけあります。

 

スポンサーリンク

50才を超えてから英語と仏語をマスター

明治8年(1875)、敦子は宮内省に出仕し、権掌侍楓内侍となりました。

明治の皇后ともなれば、従来通り和歌を詠んでいればよいというものでもありません。
敦子に期待されたのは、後宮の女性たちが明治のレディらしく振る舞えるよう、風習を刷新することでした。

もう50才を越えていた敦子でしたが、そのために新たな学問と出会いました。
英語とフランス語です。

西洋の貴族と意思疎通をするために、敦子は懸命に学び、ついには使いこなせるようにまでなりました。
彼女の高い言語センスと努力、そして何よりも柔軟性がうかがえます。

スピードラーニングもない時代に凄まじい努力を要したか、あるいは常人離れした言語センスがあったか。
って、両方なんでしょうね。

敦子の人生は、まるで風にしなう柳の枝のようです。
夫や姑の仕打ちにもしなやかに耐え抜き、明治になってからは外国語を学ぶ。
ヘタすりゃ、どこかでポキリと折れていてもおかしくない、そんな生き方です。

朝ドラの主役にするにはキャラが大人しい気もしますが、いずれ、ドコかの映像作品でお目にかかりたい一人。

激動の世を生き抜いた敦子は、才女の鑑と讃えられ、明治32年(1899年)に世を去るのでした。享年76。

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】

織田信長 武田信玄 真田幸村(信繁) 伊達政宗 徳川家康 豊臣秀吉 毛利元就 




×

-西郷どん(せごどん)特集, 週刊武春, 幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.