歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

緑の枠で囲まれた地域が新 photo by 玖巧仔 /Wikipediaより引用

週刊武春 中国

中国最悪のペテン政治家は王莽か!? 前漢を滅ぼし「新」を建国→アッサリ一代で終わる

更新日:

親切な人だなぁと思っていたら、いきなり高い浄水器を売られそうになった。
人の話を親身になって聞いてくれて、笑顔もとびきり素敵な人が、マルチまがいのネットワークへ勧誘してきた。

とかく世知辛い世の中では、親切で人を油断させ、騙くらかしてやろうという人がいますが、今回、紹介させていただく中国の王莽(おうもう)はケタが違います。

なんせ国家簒奪規模でそれを実行。
「前漢」を滅ぼし「新」という国を立ち上げてしまうのです。

能力もないのに富と権力、名声を欲しがる人って、ドコの社会にも必ずいるものですよね。

実際、この王莽によって前漢と後漢に分かれてしまうわけですが、その詳細については以下の記事にお譲りして、今回は王莽そのものの暗部に注目してみます。

どうして漢王朝は前漢と後漢に分かれているの? 光武帝(劉秀)、後漢を樹立する

【TOP画像】緑の枠で囲まれた地域が新 photo by 玖巧仔 /Wikipediaより引用

 

前漢の宣帝が不安視したことが現実に……

中国・前漢の第9代皇帝は、宣帝(在位前74−前48)です。

彼は武帝の曾孫にあたり、乳児の頃から政治闘争に巻き込まれ、24才まで民間人として育ったという苦労人。
その後も政治闘争で糟糠の妻・許后を謀殺される等、辛酸を嘗める人生を送りました。

そんな宣帝は、心優しい息子、のちの元帝となる太子(在位前48—前33)を見て、将来を危うんでおりました。
あまりに儒教を重んじているからです。

「儒教は理想主義が過ぎるから……どこかで現実と摺り寄せられるだろうか……」

苦労人の宣帝は、息子こそ王朝を滅ぼすことになるかもしれん、と危惧するほどで、その見通しは、当たらずとも遠からずでした。
元帝の頃から、漢はゆっくりと衰退を始めるのです。

元帝の子・成帝(前33−前7)になると、美女・趙飛燕と趙合徳姉妹にうつつをぬかして政務をおろそかにしていまいます。
※趙飛燕(ちょう ひえん)……三国時代の貂蝉(ちょうせん)に代わって「中国四大美女」に入れられることもある美女

時代も動かす中国四大美人(西施・王昭君・貂蝉・楊貴妃)の伝説&史実マトメ

そんな中、権力を握ったのが、成帝の母である王政君でした。

彼女の一族も出世し、王氏一族はこの世の春を謳歌。中国史でみられる「外戚の台頭」という状況ですね。
三国志ファンならばおなじみの何進と何皇后兄妹も、台頭した外戚でした。

そしてこの王政君の親族に「儒教を重んじる」という点だけで言えば、パッと見て百点満点の偽善者がおりまして。
彼は本当に王朝を滅ぼすことになります。

それが王莽でした。

 

スポンサーリンク

ボロボロの姿で生きるエセ清貧ライフ

一族が皆出世する中、父が早世していた王莽は、日の目が当たりませんでした。
絶好調すぎてチャラチャラしてきた従兄弟たちを見て、王莽は逆の生き方でアピールしようと思いつきます。

儒教を超重んじた“清貧ライフ“です。

王莽は儒教の教師について猛勉強。
粗末な衣服を着て、母や親族には徹底してへりくだって接します。

それはもう徹底しており、一族の総帥である王鳳が病に倒れると、その見舞いに駆けつけ、風呂にも入らず不眠不休で看病を続けるほど。

「うちの若い連中はチャラチャラして調子に乗っているけど、お前は違うようだね。素晴らしい!」

感激した王鳳は、成帝と王政君に、王莽を推挙します。
果たして、実力は伴わない――されど態度がよいという理由で、24才の王莽は政界入りを果たすのでした。

出世しても王莽はあくまで清貧を装い、質素な衣服を身にまとい、グルメとは無縁で、もらった物は全て人に分け与えてしまいました。
世間の人々は、そんな王莽の清貧イメージにころっと騙されてしまいます。

例えば王莽は、我が子を次から次へと殺してしまっています。
人気取りのために犯罪を犯した息子を自殺に追い込んだり、父の無道を咎めた息子を殺害したりしたのです。

世間の人々は、
「我が子だろうと犯罪を犯したら責任を取らせる王莽様、スゴイ!」
と褒めそやしました。

しかし四人目が死んだところで、王莽はぬけぬけと愛人に生ませた子供たちをスペアのように表に出します。
それまでは聖人君子ぶって、彼らの母も、彼ら自身の存在も隠してきたのです。
徹底してゲスの極みでした。

 

ライバル淳于長を死に追いやるも世間の評価は高いまま

前8年、王一族である大司馬の王根が隠退。その後釜に、淳于長がつくことが確実視されました。

そこで王莽が動きます。
淳于長を嫌う王政君に、彼の不倫や不品行ぶりを密告したのです。

これを聞いて激怒した王政君は、すぐに淳于長を逮捕&処刑。
このようにエゲツない手段で政敵を追い落としたりするのですが、それでも世間は清貧ぶりに騙されてしまいます。

「大司馬になってまで地味な生活をしている王莽様って、本当に立派だなあ」

そして前7年、成帝が急死してしまいます。
なんでも、張り切って催淫剤を飲み過ぎて腹上死……とのことで、宮中は大騒ぎ。同衾していた寵姫の趙合徳は、死を賜りました。

成帝は荒淫にふけっていたものの、世継ぎには恵まれませんでした。
これは寵姫の趙飛燕が、他の女性が妊娠すると流産するように仕向けてしていた、という噂もありまして。

次の帝位には、成帝にとって甥にあたる哀帝(在位前7−前1)が就きます。

この哀帝は、かつて王政君にとってライバルであった、元帝の寵姫・傅氏を祖母とします。
憎たらしいあの女の孫が、めぐりめぐって帝位についた、というのは彼女にとってはおもしろくない。

王政君にはコンプレクスがありました。
元帝の子を産んだとはいえ、彼女への寵愛は薄く、ライバルの他の妃の方が愛されていたのです。

ここで、哀帝のご機嫌伺いのために、帝の祖母・傅氏や母をもり立てようという者が出てきます。
そうした動きを王莽は阻止し、王政君に対してポイントを獲得。
王政君のコンプレックスを察し、かつてのライバルであった元帝の妃たちを抑え込むことに成功しました。

しかし、それも長くは続きません。
王莽は、哀帝の外戚たちが台頭してくると、自ら大司馬を辞任。二年経つと長安からも遠ざかり、領地に三年間引きこもるのです。

諦めるためではありません。
密かに捲土重来を待っていたのです。

 

スポンサーリンク

捲土重来から王朝簒奪へ

王莽が領地に引きこもっている間、哀帝の外戚や男色の愛人たちが政治を操り、王朝は著しく荒廃していました。

「あぁ、王莽様のように立派で清廉な方が政治を担ってくれたらなぁ」
世間がそう思う頃合いを見て、王莽は三年ぶりに長安に戻ります。
ココらへんの読みは、ある意味天才的かもしれません。

そしてその一年後の前1年には哀帝が崩御。ついにチャンスが巡ってくるのですから王莽も笑いが止まらなかったでしょう。
明智光秀なら、まさしく「時は今!」の場面です。
王莽は、政敵や外戚たちを死に追いやり、自らは大司馬に復活するのでした。

そして、まだ9才という幼い中山王を、平帝(在位前1−5)に擁立。ここまできたら、王朝簒奪の最終仕上げまであと少しであります。

王莽は「白い雉が出現した」として、王政君に届けました。
この白い雉は何なのか。たまたまアルビノ個体でもいたのか。あるいは何らかの塗料で塗ったのか。

白い雉といえば“聖人が現れる兆候”とされていました。
政治のゴタゴタに疲れ切った当時の人々は、何かの予兆だと信じ込んでしまったのです。

「これは新たな聖人君子が世を治める予兆です!」
「王莽様こそ周公旦の再来です!」
「聖人君子の王莽様にしかるべき地位をお与えください!」

王莽の息のかかった重臣たちは、彼をヨイショしまくる上奏文を書きまくり。
かくして王莽は、わざとらしく何度も辞退した上で、太傅の地位と「安漢公」という称号を得るのでした。

何ともバカバカしいお芝居ですが、こうした演出能力だけはハンパじゃなく高いのが王莽なのですね。

 

ハリボテ権力者のデタラメ政治

王莽はブレーンに命じて、オカルトめいた予言を出させたり、王莽様スゴイという話を流布させまくりました。
さらに当時ですら実態がわからなかった旧王朝・周(しゅう)のものだとして、デタラメな儀式を始めます。

そもそも王莽という人物に実務能力などありません。

ライバルを蹴落とすことと権力を得る手段、さらには王政君はじめとする一族に取り入ることが得意なだけで、リアルな政治・政策能力は皆無。
まぁ、権力闘争=政治力だろ……という見方もあるかもしれませんが、巨大な王朝を動かすには、やはりリアルな能力も必要とされるものです。

中身のないハリボテのような、あやしげな言動やら復古主義を垂れ流し、自分の権威に箔を付けることしかできない。
それが王莽の限界でした。

王莽は、それでも自らを取り繕い続けます。
服の下に詰め物をし、シークレットブーツのような靴を履き、高い冠をかぶって、威張り散らすような姿勢。
「フェラーリを乗り回している!」と豪語する、マルチネットワークの中毒者みたいなもので、自分が他人からどう見られるかというのを異常に気にしておりました。

そして彼はついに、漢王朝簒奪に成功してしまいます。

王朝の象徴である「伝国璽(でんこくじ)」を渡すように王政君に迫ると、彼女は「恩知らずめ!」と怒り嘆き、伝国璽を投げつけました。
このとき伝国璽は一部が欠けてしまったとか。

平帝は、前6年に崩御していました。
王莽による毒殺説もあります。
そのあと帝位についていた孺子嬰(6-8)の手を引きながら、王莽は臭い演技に酔っていました。

「皇帝になんてなりたくないのに、こうして威厳あふれる皇帝陛下に迫られたら断るわけにはいきますまい」

しらじらしいにもほどがある言葉を、ヌケヌケと彼は吐き捨てたのです。

 

スポンサーリンク

通貨のクセがスゴすぎて どう見たって使いづらい

実力のないハリボテ王莽が、周公旦気取りで行った王朝「新」(8-23)。
まるでコスプレごっこでありますが、何が悲惨かって自身が猿真似であることを忘れてしまい、何かやれば聖人君子のようにウマくいくと本人すら騙すようになってしまったことでしょう。

彼は次々に
・非現実的な理想先行の経済政策
・横柄な態度で異民族に臨んだ外交
・次から次へと発行される貨幣
といった政策を実行し、人々を大混乱に陥れ、流民を溢れさせました。

目に見えてわかりやすいのが、クセのスゴい貨幣でしょうか。

王莽が発行した貨幣
photo by Inhorw/wikipediaより引用

こうした王莽の政策を「革新的だ」と評価する動きもあるようですが、どうなのでしょうね。
例えば通貨も、カタチそのものより信用が大事なわけであって。
いくら考え方が革新的でも、実行に移して結果が出ないなら、それはやっぱり失敗でしかありません。

こうした状況に対して、全国各地で反乱が頻発。
王政権に、致命傷を与えたのが「赤眉の乱」でした。

 

反乱が起こり、オカルトグッズで対抗だ

キッカケは些細なことです。

息子を役人に殺された呂母という女性がおりました。
彼女は、居酒屋を経営しておりまして。
酒代を奢るかわりに息子の仇打ちをして欲しいと、地元の気のいいお兄ちゃんたちに声を掛けたのです。

お兄ちゃんたちは役人を殺して仇打ちを果たし、呂母も満足しながら世を去りました。
しかし、彼らは解散しようとしません。

「いっそ、このまま世直ししちまおうぜ!」
と、ノリで眉毛を赤く染めて、反乱軍として挙兵するのです。

そこへ、腐りきった政治に腹を立てていた、若者が続々と合流。
新王朝に攻撃を仕掛けると、王莽の取り巻き達は、アッサリその場から逃げ出しました。

では、迎え撃つ王莽は何をしたか?
というと、これがなかなかのズッコケで、「威斗」というオカルトグッズを製造し、親衛隊に持たせたりしています。

掲げて呪文をとなえれば、反乱軍がたちまち退却する――そんなふれこみでしたが、いや、これはどう考えてもアウトでしょ。

長安に押し寄せた反乱軍を前にして、王莽は威斗を手にして逃げ惑うところをメッタ斬りにされて最期を迎えました。
享年69。

 

スポンサーリンク

反乱が起こる中、オカルトに走る王莽

王莽に同情の余地はありません。

が、平帝の皇后であった王莽の娘は気の毒です。
彼女は漢王朝が復興したら人々に会わせる顔がないと恥じ、燃えさかる炎に身を投じて自殺しました。

赤眉軍も、目的を果たすと指揮系統がめちゃくちゃになり、長安で遊び呆けてしまいました。
そんな彼らとは別に挙兵していた緑林軍が赤眉軍を倒し、世の中に平和が訪れます。

緑林軍を指揮していたのは、イケメンのナイスガイ劉秀。
漢王朝の血を引く男でした。
彼は皇帝に即位し、漢王朝を復興させ、「後漢」の光武帝となります。

王莽というのは、なんともくだらなくて、ハリボテのような嫌な奴だと思います。
人気取りと権力奪取だけに長けていて、中身は何もないような男です。

しかし、あなたの周りにもプチ王莽がいるのではないでしょうか。

上に取り入ることだけが上手で出世する無能上司とか。
人気取りだけで妙に上手で、当選したのはよいものの、ろくに実績をあげない政治家とか。

王莽がオカルトに奔った話も、笑い話だけにはできないと思います。21世紀を生きる私たちもマイナスイオンや水素水に高い金をつぎこんでしまったりするわけで。

私たちは、王莽の話が笑い話ではなくて、痛い話として共感できる時代に生きているのかもしれません。

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】

 



-週刊武春, 中国

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.