歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

『戦国史の俗説を覆す』柏書房

週刊武春 諸家

戦国時代の気になる最新説が詰まった一冊『戦国史の俗説を覆す』には何が書かれてる?

投稿日:

すでに起きた過去のことゆえに、歴史は絶対、不変なり!

な~んて思われがちですが、実際はさにあらず。
新史料や新解釈を機に通説がひっくり返るというのはままあることでして。

かなり古い例になりますが、武田信玄の軍師的武将として知られる山本勘助は、昭和のある時期まで「物語だけの架空の人物だ」と考えられておりました。

それが1969年(昭和44年)の大河ドラマ『天と地と』の放映を機に「市川文書」という新史料が世に出て、「やっぱり勘助(表記は山本菅助)いたんじゃん!」と武田ファンを大いに喜ばせたりしておりまして。
他にも「鉄砲の三段撃ちはなかった」とか「武田騎馬軍団はなかった/いやいや、やっぱりあった」など、この手の通説は常に入れ替わる可能性を孕んでいるのです。というか武田家に関することばかりでスミマセン。

こうした、今なお疑問の残りがちな諸説を一冊にマトメ、かつ論旨もスッキリ整えられているのが『戦国史の俗説を覆す』(編:渡邊大門/柏書房)です!

 

とにかくラインナップのセンスが良い

何がオススメか?
って、ともかくラインナップをご覧ください。

◆本当の鉄砲伝来はいつだったのか
◆川中島の戦いは何回行われたのか
◆信長の「天下」は日本全国を指すのか
◆明智光秀の出自は土岐氏なのか
本能寺の変黒幕説は成り立つのか
◆「神君伊賀越え」の真相
◆中国大返し再考
◆城郭研究を揺るがした「杉山城問題」とは(持論)
◆老いた秀吉の誇大妄想が朝鮮出兵を引き起こしたのか
石田三成襲撃事件の真相とは
◆毛利輝元、吉川広家、安国寺恵瓊と関ヶ原の戦い
徳川家康の「問鉄炮」は真実なのか
◆家康は豊臣氏を、どのように追い詰めたのか
◆大坂冬の陣後、大坂城の堀は無理やり埋められたのか
◆忍者は実在するのか(持論)

ライトなファンもヘヴィなマニアも、戦国好きなら思わず手を出したくなるテーマばかり。
かなりセンスのよいチョイスでありません?

正直、1テーマで1冊になるようなものばかりですが、それぞれ個別に書籍を買い求めるとなると、なかなか骨が折れます。
それが一冊で重要なポイントをほぼ押さえられる。
めちゃめちゃお買い得です。

しかも、執筆陣は全員が研究者で、信頼性もバッチリ。
読みやすさもあり、決してハードルが高い本ではありません。

そこで本稿では、
「興味はあるけど、ちょっと決心がつかない。中身がわからないし……」
という方に向けて、いくつか中身をご紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク

鉄砲伝来「いつ」かハッキリわかります

日本史の勉強の時間、こう覚えた記憶はありませんか?

「以後予算(1543)が増える鉄砲伝来!」
※ちなみにキリスト教の伝来は「以後よく(1549)広まるキリスト教」

そこからずっと疑わずにこの年号を覚えてきたわけですね。

しかし考えてみれば、種子島にやって来たポルトガル人以外のルートでの伝来もありうる、と。
この時代海は開けていて、日本人は倭寇等とも交流していたからです。

そこから鉄砲が伝来していたとしてもおかしくはないわけで、なるほど! となりますよね。

笑って覚える【日本史・語呂合わせ年表】 皆さんの新作、謹んでお待ちしております

 

川中島の戦いって結局何回なのよ?

川中島の戦い。
何度も何度も激突する龍虎の如き戦いは、まさしく戦国ロマンの華……とは言えるのですが、そんなに何度も激突していたら損耗もものすごいことになるのでは、と気になりますよね。

戦国合戦の華であるということは、話が盛られてしまうものでして。
江戸から明治にかけて、どのように話として誇張されていたかの検討がなされます。

明治時代の場合、近代的な検討がなされたのですが、それが必ずしも正確とは言えなかったようです。

そもそも何をもってカウントするのか。
川中島の範囲はどこまでなのか。
こうした定義が変動するので、数そのものも変化してしまうのです。

第4次川中島の戦いは武田・上杉の城戦略から真相が見えてくる

 

スポンサーリンク

「天下布武」って全国統一のこと?

「天下」=「全国統一」というイメージ。
織田信長となると、多くの人がそう思ってしまうのは名作SLG『信長の野望』の影響も大きいのかもしれません。

これについては「戦国大名が皆ノブヤボのクリアを目指すように、天下を目指していたわけではないよ」と言われるようになりました。

同章では、信長の意識にあった天下の範囲を、史料を通して検討してゆきます。

 

明智光秀の出自って土岐氏なの?

「本能寺の変」における明智光秀の動機は様々な説がありますが、その中に光秀の出自が「土岐氏」であったことが重大な動機であるというものが出てきました。

しかしここで立ち止まって、そもそも光秀は土岐氏の出自であるのか、検討をくわえたものが本章。

「土岐氏を知らねば本能寺の変は理解できない!」
なんてことも言われている現在、この部分を確認しておくのは戦国ファンのたしなみ、と言えるかもしれませんね。
これはチェックしなきゃ!

 

スポンサーリンク

「本能寺の変」黒幕説は成り立つか?

戦国、いや日本史上最もホットな話題といえば、「本能寺の変」でしょう。

「黒幕説」は一世を風靡した感があります。
極上ミステリのような面白さに、ついつい心にかれてしまう気持ちはわかりますが、そもそもそれってありえるの、というのはやっぱり気になりますよね。

本章はその最新の説を検討しています。
これもやっぱり、チェックしなきゃ!

 

「神君伊賀越え」真偽の程はいかほどで?

2016年大河ドラマ『真田丸』は随所で盛り上がりましたけれども、序盤の「神君越え」は抱腹絶倒でしたよね。

放送後「ドラマではコメディみたいだったけど、結構死人は出ているよ」なんて感想も見られました。

一体どこまで危険だったのか?
どのくらい苦労したのか?

本章はルートや供回りの人数を検討します。

徳川家康はもっと評価されていい! 75年の生涯に見る熱き心と老練な政治力

 

スポンサーリンク

「中国大返し」って凄いけどいくら何でも速すぎない?

秀吉の天下取りロード快進撃といえば「中国大返し」です。
信長横死の急報を受けて超高速移動するところはフィクションでもみどころ!

が、しかし……。

「あまりに移動が速いんじゃない?」
「いやいや、その不可能を可能にするのが秀吉の凄さでしょ!」
と、ちょっと考えたりはしませんか。

この件に関する検証はナカナカ難しいのだなあ、と痛感させられます。

話をおもしろく盛られた、たくさんある軍記を参照することは当然問題です。
秀吉の場合は相手に与えるインパクトを考慮して誇張していることもあるからです。

史実の検証の難しさ、その手腕も興味深い章です。

豊臣秀吉62年の生涯をスッキリ解説! 成り上がり伝説を史実ベースで振り返る

 

なんで秀吉ってば「朝鮮出兵」なんかしちゃったの?

「騏驎も老いては駑馬に劣る」という諺があります。
どんな優秀な人でも、晩年になれば凡人以下の発想をする、と。

朝鮮出兵は年老いた秀吉が、ヤケになって突発的に思いついたのか?
それとも動機や勝算があったのか?
という点を探るのがこの章。

従来のような「明で征服するぞ!」では確かに狂気の沙汰といえるかもしれませんが、本章で示されている「明と交渉するためにピンポンダッシュのように相手を叩く」という説だとわかる気もしなくはありません。

「戦争はピンポンダッシュ」という論を展開する本章。ユニークで実に興味深いものがあります。

 

「石田三成襲撃事件」いくらなんでも三成嫌われすぎィ

2016年大河ドラマ『真田丸』は、様々な最新研究を取り入れていました。

七将による「石田三成襲撃事件」もそのうちのひとつ。
七将が私怨で三成を襲撃し、そこを家康が仲裁するという流れではなく、むしろ三成と家康がぶつかる関ヶ原前哨戦でした。

あれは三谷氏のオリジナリティあふれる展開?
それは違います。
では実際のところはどうであったのか。そこにせまるのがこの章です。

 

「宰相殿の空弁当」っていうけど関ヶ原の毛利家どうなってるの?

関ヶ原の毛利家といえば「宰相殿の空弁当」で有名ですね。

関ヶ原を決定づけた「毛利の手弁当(空弁)」 本当の裏切者は吉川広家?

ここでは本当の裏切り者といえば吉川広家ではないか、という従来の説を検討。

江戸時代以降、広家こそが毛利家を救い、恵瓊は勝手な行動で道をあやまらせた奸臣とされてきましたが、それって恵瓊に全て責任転嫁させて切断処理をしていないか、と丹念に史料を検討し、指摘しております。

 

小早川秀秋は家康に「問鉄炮」された?

関ヶ原の小早川秀秋といえば、ともかく優柔不断です。

ドラマでもゲームでも、小心者という顔立ちをしています。そんな性格だから、家康に銃撃されないと腰もあげなかった、とされるわけです。

しかし、西軍の大谷吉継討ち死にの状況等検討をしていくと、開戦の時点で秀秋の軍勢は西軍を攻撃するために動いていることがわかります。
そもそも史料でも開戦後まもなく動いている、西軍に攻撃を仕掛けているのがわかります。

ならなんで秀秋がギリギリまで迷ったことにするかというと、江戸時代に「あっさり裏切ったら面白くないからギリギリまで迷わせよう!」と話を作ったのではないか、ということ。
うーん、なるほどねえ。

 

家康が豊臣氏を追い詰める様がドラマなんかだとムカつきます! 本当にああなの?

2016年大河ドラマ『真田丸』で、徳川家康が豊臣氏をガタガタにしていく様に怒った視聴者も多いことでしょう。

特に、石田三成が気の毒でした。
家康だけではなく、加藤清正福島正則も三成の心情や忠誠を理解しようとはしません。

あの過程を、家康なり三成なり、それぞれの人物のキャラクター性によるものだとするのは、フィクションでは理にかなっていて正しいことです。

ただし、歴史を検証する場合は異なります。
本章は馬廻衆(直臣)と所領が与えられた大名の立場等をふまえ、検証しております。

 

「大坂冬の陣」のあと、堀を騙すように埋め立てたのがひどい! 史実なの?

大坂冬の陣の和睦交渉のあと、騙し討ちのように勝手に堀が埋め立てられてしまう……大坂方から見たフィクションでは、あまりの憎たらしさに歯ぎしりしてしまう場面です。

ただしこれは間違いで、大坂側の了承の上埋め立てた、というのが現在の見方。
その点を考察しております。

 

まるで歴史の松花堂弁当

いかがでしょう?
知りたい説をコンパクトにまとめた本書は、まさに歴史の「松花堂弁当」といったところ。
本書は2017年時点での最新研究を把握できる、まさにこの一冊が欲しいと言いたくなる本なのです。

ただし、大仰なテレビ番組のように「謎が明かされた!」「歴史ミステリを解明する!」とうたってはいません。

「現時点ではこうだけど、史料の発見や研究次第では変わるかもしれない」
そう書いてあります。

本書はあくまで2017年時点での最新説。もしかしたら十年後にはがらっと変わっているかもしれません。
それはそれで興味深いこと。歴史という学問は進化するのですから。

いずれにせよ戦国史最前線を押さえたい歴史ファンの方には必見の一冊です!

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考】



-週刊武春, 諸家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.