歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

織田家 週刊武春

今なら横綱審議委員会入り間違いなし!? 織田信長の相撲愛は貴乃花親方にも負けズ

投稿日:

2018年2月2日に行われた相撲協会の理事選で、残念ながら貴乃花親方は落選してしまいました。

昨年末から続く貴ノ岩&日馬富士の騒動では徹底した沈黙を続け、一部の心なき人たちからは顰蹙を買ったりもしましたが、つい先日、1月31日に行われた弟子・貴公俊の新十両会見では、それはもう終始、ニコニコと素敵な笑顔を浮かべ、
『あぁ、この方ほど、弟子と相撲を愛している親方はいないなぁ』
と感動させられたものです。

しかし!
こと相撲愛ということに関しては、貴乃花親方にも負けない歴史上の超有名人がおります。

織田信長――。

2017年大河ドラマ『おんな城主 直虎』でも、今川氏真が、
「美丈夫よる相撲観戦プラン」
で織田信長を接待しておりましたが、ポーカーフェイスの信長もこれには喜び、じっと見つめておりました。

この描写は史実に着想を得ています。
信長ほど相撲好きな戦国武将はいないかもしれません。

 

相撲は鍛錬に最適!

日々戦いに明け暮れる戦国武士にとって、相撲は神事や見世物としてとどまらず、身体訓練という意味もありました。

「武士たるもの、日々相撲を取って体を鍛えてなければらない!」
そんな考え方が浸透しており、源頼朝もことのほか相撲を好みました。

こうした相撲を「武家相撲」と呼びます。

室町幕府の将軍たちは武よりも文治主義、雅な文化を好んだため、さほど相撲に関心を示しませんでした。
一方で、地方大名は相変わらず相撲を好みました。

そんな大名の中でも、相撲にどっぷりとハマったのが織田信長です。

信長はコレクター体質というか、マニアックというか、ハマったものはとことん極めたいと考えます。
馬も好きで、集めまくりました。
相撲の名人も、信長の命令のもと、続々と集められたのです。

ともかく相撲には、様々な効能があります。

・力自慢の者をスカウトできる!
・神事であるから邪気を祓うことも期待できる!
・興行を皆で見ることで盛り上がって楽しい! 福利厚生の一環にもなる!
・派手なイベントを開催することで、実力を見せ付ける!

スカウトであり、イベントであり、神事でもある、そんな相撲を信長が愛するのも、納得できます。

 

スポンサーリンク

信長、上覧相撲やるってよ

信長は元亀元年から天正9年まで、盛んに上覧相撲を行いました。
本能寺で横死する前年までですから、生きていれば、もっと盛大に行っていたことでしょう。

当初は江州(近江)中から腕自慢のものを集めていたのが、次第に京都や他の地域からも呼び寄せるようになり、最大規模は、天正6年(1578年)8月15日、安土にて。

参加者は1,500名。
信長は午前8時から午後6時まで、ずっと観戦していました。
これだけの長時間、ずっと相撲が取られていたと考えると驚きです。

信長はイベントが好きです。馬揃えも大々的に行いました。
戦乱の世においても、広大な地域から、大勢の相撲名人を集めるということは、彼がどれだけの力を持っているか世間に示す意味合いもありました。

考えてみてもください。
1,500名集まった相撲名人のオーディションが倍率10倍としても、1万5千人が参加するわけです。
これだけ集めるなんて、信長ってスゴイんだな、って周辺諸国は思いますね。

また、好成績をおさめた相撲取りは家臣にスカウトされることもありました。
一芸に秀でていれば織田家に仕えられる――それは立身出世のチャンスであり、魅力的に思えたことでしょう。

 

「抱え相撲」の伝統は江戸時代以降も

江戸時代以降、太平の世が訪れると、「武家相撲」は下火となりました。

その代わりに人気が出たのは「勧進相撲」です。
寺社仏閣が修繕費用を集めるという名目で行われた相撲大会ですね。

幕府は、相撲興行に伴う騒擾を懸念して、取り締まろうとすらします。
江戸幕府のこうした姿勢は、織田信長とはかけ離れて見えます。

とはいえ、武家が相撲から遠ざかったとは言えません。
戦国時代から江戸時代にかけて、力自慢の相撲取りを大名家が抱えることを「抱え相撲」と呼びました。

江戸時代前期まで、抱え相撲は武芸奨励という名目でした。
そのため、自国出身の相撲取りを抱えていました。

しかしだんだんと時代が下るにつれ、優秀な力士を抱えることこそが大名家のステータスシンボルと化したのです。
そうなると、出身地はもはや構わなくなり、強い相撲取りがいると聞きつければ、他国からもスカウトしてくるようになりました。

ときには莫大な金を積み上げて、他藩から引き抜くことすらあったとか。
こうした相撲取りの移籍スキャンダルは、江戸っ子にとって格好の噂話の種となりました。

江戸時代の相撲絵/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

強い力士を抱えたい!その原点は信長さん

実利よりもステータスシンボルと化した抱え相撲は、無駄なうえに結構な維持費もかかるものです。
藩の財政難の際には真っ先に削減対象となりましたし、寛政の改革でも槍玉にあげられました。

それでも、抱え相撲を辞めたくない大名家はあったのです。

将軍が見る上覧相撲で、自分の家が抱える相撲取りが勝利を収めること。
これぞまさに抱え相撲を持つ藩にとって名誉なことでした。

むろん、こうした状況は相撲取り側にとっても、メリットがあります。
華々しい活躍で大名家に召し抱えでもされれば、士分に取り立てられるのです。苗字帯刀もできるとあって、憧れでした。

幕末の人気相撲取り・陣幕久五郎は、藩の間で争奪戦が繰り広げられました/wikipediaより引用

考えてみれば、この「抱え相撲」の元祖も織田信長と言えるのではないでしょうか。

「抱え相撲」は、江戸幕府と大名家の終焉とともに、終わりを告げました。
そのため相撲の歴史ではあまり重視されてはいませんが、ユニークな制度としてなかなか興味深いものです。

大名ならば相撲を鍛錬として嗜むだけではなく、強い相撲取りも抱えたい――そんな信長の発想は斬新でユニークなものであったのです。

なお、相撲そのものの歴史(ならびにモンゴル相撲の歴史)につきましては、以下の記事をご覧ください。

相撲の歴史1500年をスッキリまとめ 明治維新で一度滅びかけていた!?

モンゴル相撲 最古の歴史は9,000年前だと!? 強さの秘訣は伝統にあり!?

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】

 



-織田家, 週刊武春

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.