歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

『鷹匠』鳥園斎栄深/wikipediaより引用

週刊武春 寺社・風習

鷹狩りの歴史―仁徳天皇から始まり織田信長・徳川家康も愛した至高の瞬間

投稿日:

織田信長徳川家康も熱狂したことで知られる鷹狩り――。

鷹を使ってウサギやキツネ、鴨、キジなどの鳥獣を捕獲させる狩りのことで、その名産地を治める大名にとっては、外交手段の一種として用いられるほど貴重な存在でした。
プレゼントしてご機嫌麗しうするんですね。

正確に申せば、鷹だけでなく鷲や隼も使われました。

しかし、現代を生きる我々にとっては、いまいちピンと来ないのも事実。
鷹狩りとはいかなる歴史があり、どんな存在だったのでしょうか?

世界中で愛された鷹狩/wikipediaより引用

 

世界最古は前8世紀 日本では4世紀から

世界的に見ますと、最古の記録はアッシリア王サルゴン2世の時代(紀元前722-705)。
ドゥル・シャルキンの遺跡から、鷹狩りの様子を刻んだレリーフが出土しています。

中国でも前7世紀には鷹狩りが行われていたとされています。
モンゴルなどの中央アジアではもっと古くから行われていたという見方もありますが、ハッキリした記録が紀元前8世紀ということですね。

では日本では?
これまた歴史は古く、年号で言うと仁徳43年(355年)。
仁徳天皇が行った『日本書紀』の記録が最古のもので、百舌鳥野(もずの・現在の大阪府堺市)で、百済出身の家臣が飼育した鷹を用いて行った、とあります。

また、5世紀から7世紀のものとされる「鷹匠と鷹の埴輪」も日本全国において出土しています。

 

スポンサーリンク

「御鷹」として権威の象徴に

かように多くの人々に楽しまれていた鷹狩りは、時代が下ると権威的なスポーツとして、特権階級のものとされてゆきます。
許可を得た者だけが鷹を飼育し、狩りをすることができたのです。

例えば9世紀に在位した嵯峨天皇は、鷹狩りをこよなく好みました。
鷹狩りについて記した『新修鷹経』を勅撰させるほどで、当時は天皇家が行う特権として定着していったのです。
それに付随して、天皇家の鷹術を伝える家柄もありました。

更に時代が進み、武士が台頭してきますと、鷹狩りもまた武士たちが行うものとなりました。

 

大名の間で広まる鷹狩り

政治的にも特に盛んになったのは室町時代から戦国時代にかけて。

室町幕府は、守護大名に鷹の献上を命じるほどになります。
戦国時代になりますと、名産地である奥羽の大名は時の権力者である織田信長らにこぞって鷹を献上するようになりました。

たとえば徳川家康の家臣・本多正信も鷹匠だったとされています。

本多正信/wikipediaより引用

この時代になると、鷹は権威的なスポーツというだけではなく、権力者が鷹を集めることによって支配体制や権力を固めるという意味も生まれていたわけです。
茶器と似ているかもしれませんね。

【関連記事】茶器&茶会を愛した織田信長

 

スポンサーリンク

五代将軍・綱吉による鷹狩り中止

権威付けは、江戸幕府にも受け継がれました。

江戸時代、奥羽をはじめいくつかの大名家は、幕府から鷹の献上を命じられていました。
また、朝鮮通信使が鷹を献上することもあったほどです。

それとは逆に、将軍から有力大名家に鷹場を与えることもありました。
こうした鷹場は、「恩賜鷹場」とされ、例えば、伊達政宗、上杉景勝、井伊直孝(井伊直政の息子で彦根藩2代藩主)らに行われています。

ただし、徳川綱吉の代にあると状況が一変します。

後に「生類憐れみの令(一連の法令をまとめて)」を発布した綱吉は、将軍就任以前に行っていた鷹狩りを辞めました。
いかにも動物LOVE♪という印象を受けるかもしれませんが、実は動物愛護というよりも、贅沢禁止や経費節減が主な理由です。

ただ、そうは犬公方と呼ばれる綱吉さんだけにそうも言い切れないんでは?と思える理由もありまして。
鷹狩りに使う鷹の餌が、犬の肉だったのです。

結果、「生類憐れみの令」の発布後は、完全に禁止とされました。
将軍家だけではなく、大名家もこれに従い、奥羽の大名家からの鷹献上も廃止されます。

この禁令は、第6代家宣、第7代家継の治世においても続けられました。

 

八代将軍吉宗、鷹狩りを再開させる

鷹狩衰退の流れに「待った」をかけたのが八代将軍・徳川吉宗。
将軍就任後、鷹狩りを復活させようとした理屈はこうです。

「軟弱な心を戒め、戦乱の世を思い出すために、必要なスポーツなのだ!」

文治主義を貫いた綱吉とは違い、吉宗は武士らしさを取り戻すため、その一環として鷹狩りの復活を目指したわけです。

とはいえ、長い間断絶しており、肝心の鷹すらいない状態。
復活には長い時間がかかりそうでした。

献上鷹だけでは不足すると考えた幕府は「御巣鷹山」に踏み込んで、鷹の生態観察を始めます。
と、ここで『ん?』と引っかかった方もおられるかもしれません。

実は「御巣鷹山」というのは、【鷹狩りに使う鷹の巣があった山】のことで、日本には数多く存在するのです。
「御鷹の巣がある山」ということで、大名や幕府により基本的に立入禁止とされてました。

読売新聞さんに【江戸時代の御巣鷹山】という記事がありましたので、リード部分を引用させていただきますね。

江戸周辺5里(約20キロ・メートル)以内の地域一帯は、将軍家が鷹狩りを行う御鷹場(おたかば)に指定されていた。そして、鷹狩りで使う鷹を確保するために、各地に御巣鷹山(おすたかやま)が設定された。
上野国甘楽郡の山中(さんちゅう)領(現多野郡上野村・神流町)には特に集中していて、36か所の御巣鷹山が設けられていた。そのうち上山郷(上野村)には大半の27か所があり、中山郷・下山郷は、合わせて9か所であった。(読売新聞)

 

スポンサーリンク

しかし復活への道のりが長い!

さて、吉宗が復活させようとした鷹狩。
まず肝要なのが鷹の確保です。

次に、鷹を管理飼育する役人も必要ですし、エサだって定期的に用意しなければなりません。
吉宗の頃から、餌は犬の肉から、雀や鳩に変わりました。

いかがでしょう。
思いたったらすぐに復活――といかないのが鷹狩りでして。

しかも、現在のように、鳥の飼育場もないような江戸時代です。
野鳥を捕獲する鳥業者はいましたが、せいぜい愛玩用のものしか扱わないわけでして、とにかく飼育環境を整えるのは大変でした。

苦心惨憺しながらも、いよいよ整ってきた鷹の飼育体制。
「鷹の確保も、訓練もできた。あとは鷹場(たかば)さえあればバッチリ!」

鷹場とは、文字通り鷹狩を行う場所のことです。
ここでまたもやブランクが災いします。

江戸の郊外に鷹場を整備しようにも、今度は住民たちが「鷹場がどんなものであったか」スッカリ忘れていたのです。
一からやり直すようにして、苦労の末に何とか整備し、やっと鷹狩りが復活しました。

そんな調子だったせいか。吉宗は「鷹将軍」と呼ばれました。
これだけ苦労しながら復活させたのですから、そりゃあ周囲の人からすれば
「また鷹のことで頑張っている。公方様は鷹が好きだなぁ」
となって当然でしょう。

鷹狩りに向かう将軍は、特別な服装をして、美々しい行列を従えて向かいます。
周辺は、立ち入り禁止となり、不審者は取り締まりの対象となりました。
いわばイベント感覚ですから、江戸っ子にとって将軍鷹狩りというのは、参加せずとも身近なものとなっていたのでしょう。

 

フランス空軍でも用いられてる!?

徳川幕府最後の将軍である慶喜は、家継以来の鷹狩り経験のない将軍となりました。
彼自身の好みというよりは、多忙であったからです。

そして江戸幕府の終焉とともに、変革を迎えます。
武家の権威が終わったと同時に、各地の大名家に伝わっていた放鷹術と鷹匠やお役御免となったのです。

かつてのように江戸近郊で鷹狩りをしようにも、用地も、獲物も見つかりません。権威とともに、その象徴であった鷹も消えてしまったわけです。

ただ、まったく消えてしまったわけではありません。
現代の鷹匠・ごまきち氏のマンガ『鷹の師匠、狩りのお時間です!』は非常に人気がありまして。
同作品からご存知だった方もおられるかもしれません。

さらには科学技術の進歩が、鷹匠に新たな狩り場を提供する動きもあります。
フランス空軍は、不審なドローンを取り締まるため、鷹を導入したのです。

鷹と人間の、長いつきあい。
今後も形を変えて、続いていきそうですね。

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】
犬と鷹の江戸時代』根崎光男
国史大辞典

 

織田信長 武田信玄 真田幸村(信繁) 伊達政宗 徳川家康 豊臣秀吉 毛利元就 




×

-週刊武春, 寺社・風習

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.