歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

イラスト・富永商太

伊達家 週刊武春

伊達政宗のファッションチェック! 政宗は本当にオシャレさんだった?

更新日:

戦国一のファッションリーダーといえば、何といっても我らが伊達政宗

六本刀をさして「レッツパーリー!」と叫んでいる『戦国BASARA』。
金色の龍が描かれた西洋甲冑をつけて、ピストルを構えている『戦国無双』。

しかし……。
思い描くのは主にキャラクター画像で、実際の伊達政宗さんがどんな格好をしていたのか、ふと疑問になったりしません?

大河ドラマに目を向ければ『独眼竜政宗』の渡辺謙さん、『真田丸』の長谷川朝晴さんもおりますが、実のところ「眼帯」はしていなかったそうで、具体的センスは不明のママ。

今回はそんな政宗のファッションをチェックしたいと思います。

 

独眼竜の色は「黒」

伊達政宗のテーマカラーは「黒」です。
ゲームでは見栄え重視で青や緑を使用していますが、史実からすると黒でした。

これは伊達家の伝統というよりも、政宗本人のセンスでして。
彼が意識していたとされる唐末の武将・李克用は「独眼竜」の名で知られ、「鴉軍」(あぐん、カラスのように黒い軍勢)を率いていました。
その故事にならったたわけです。

李克用/wikipediaより引用

ただし、政宗が独眼竜と呼ばれたのは、生存中のことではなく江戸期以降とされています。
本人は隻眼であることに劣等感を抱いており、自称したり、正面切って誰かが呼んだりすることはなかったでしょう。

むろん教養に溢れる政宗のこと。
李克用の故事を知っていた可能性は極めて高いです。

 

スポンサーリンク

前立ては、実は旗とセットです

政宗の兜といえば、半月型の前立てです。

半月型の前立ては、政宗以外にも割と見かけるものでして。
母方の伯父にあたる最上義光の元服時甲冑(出羽三山歴史博物館)も、半月型の前立てがついています。

政宗の場合は月が細く、アシンメトリーな形であるのが特徴です。
一度見たら忘れられないほど、特徴的なデザインですよね。

ちなみにこの半月の前立ては、日の丸を描いた「旗」とワンセットでした。

日の丸は「金剛界」の象徴↓。

金剛界曼荼羅/wikipediaより引用

半月は「胎蔵界」の象徴↓。

胎蔵曼荼羅/wikipediaより引用

つまり密教のシンボルを、政宗は身につけていたということになります。

 

南蛮趣味も当然好き

これは政宗に限ったことではありませんが、当時の大名や武将の中には、南蛮趣味を好む人物もおりました。

ファッションリーダーであり、新しもの好き、遣欧使節まで派遣した政宗が南蛮趣味を好んだことも、当然であると言えます。

政宗は、セバスチャン・ビスカイノからイギリス製の黒羅紗、ウィリアム・アダムスから赤いマントを贈られた記録があります。
こうした品を珍重し、加工して来ていたと思われる胴服、陣羽織等が、政宗着用の品として現存しています。

政宗の墓所「瑞鳳殿」、仙台城跡の発掘品、およびその目録から、政宗の愛用した南蛮由来の品やその模造品があったとわかります。

・砂時計
・アルファベットの書かれた手紙
・ロザリオ
・ガラス製の鏡
・ヴェネツィアガラス製品(破片のみ)
・金のブローチ
・ベルトの銀製バックル
・鉛筆(国産)
・日時計兼方位磁石(国産)
・板ガラスがはまった筆入れ

ちなみに日本で一番初めに鉛筆を使用した人物として、徳川家康か、政宗があげられることが多いようです。
他にも持っていた大名はいるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

小姓のファッションチェックも怠らない

若い頃は奇抜なファッションを楽しんだ人が、歳をとると若者のファッションセンスをけなす、ということは現在もあります。
政宗も例外ではありません。

「最近の小姓どもの髪型、ありゃなんだ? “ぶたがみ”とかなんとかいうやつらしいが、何がいいのか私にはサッパリ理解できん。それぞれの配下の小姓どもに聞き出し、返答を五日以内に報告しなさい」
そんな書状を、小姓頭に送りました。

“ぶた髪”というのは、髪の毛をゆるくルーズに結ったスタイルのようです。

宮城県の方言で“ふだ”というのは、「たっぷりした、豊かな」という意味。
それを豚(ぶた)とわざと言い換えて、「あの豚みたいなだぶだぶヘアー」のようなニュアンスを持たせているのでしょう。

若い頃はやんちゃをしていたのに、自分が年長になると若者のだらしないファッションにダメ出しをしていたわけです。
政宗は小姓の行儀や作法を厳しくチェックする傾向があったそうですが、彼なりのこだわりがあったのでしょう。

 

水玉模様陣羽織は政宗じゃないかも?

伊達政宗は、お洒落伝説が流布されすぎていて、彼由来ではないものもそうであるとされることがあります。

例えば「伊達者」という言葉は、
【派手な格好をした伊達政宗とその家臣が由来】
という説もありますが、それ以前から用いられていて、実は語源ではありません。

ポップでカラフルな「紫羅背板地五色水玉文様陣羽織」は、近年どうも政宗以降の時代のものらしい、という説が出てきました。

仙台市の各所や施設でもこの水玉デザインは使われています。
政宗自身が用いていなくとも、伊達家の人が使ったものなので、これはギリセーフといったところでしょうか。

ちょっとグレーゾーンになる場合は、「政宗モチーフ」グッズでの使用にすればOKでしょう。
史実では着用していない眼帯がセーフなら、水玉もありという気がします。

 

スポンサーリンク

平成の世にも生きる伊達伝説

後世の伝説やメディアの影響はあったものの、確実に政宗のセンスだと断言できる服飾品からもその洗練性がわかる。
それが政宗です。

そんな政宗のファッションセンスは、今でも宮城県民と仙台市民、そして政宗ファンの誇りです。

ちなみに、「仙台刈り」という新たなヘアスタイルが局地的な人気なんだとか。
“仙台藩祖伊達政宗公の兜をヒントに、フロントはアシンメトリー、後頭部は震災に打ち勝つというヴィクトリーのV、サイドは刈り上げたスタイル”
だそうです。

ちょっと想像がつかないと思いますので、是非この動画や、画像検索をしてご確認いただければ。

 

生誕から四世紀を経ても、現在のヘアスタイルにまで影響を与える伊達政宗。
まさに戦国一のファッションリーダーにふさわしい人物と言えるのではないでしょうか。

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】
『仙台市博物館『特別展伊達政宗生誕450周年記念図録』
伊達政宗の手紙』佐藤憲一

 

織田信長 武田信玄 真田幸村(信繁) 伊達政宗 徳川家康 豊臣秀吉 毛利元就 




×

-伊達家, 週刊武春

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.