タイタニック号/wikipediaより引用

週刊武春 災害・事故

タイタニック号遭難 ある生存者たちの悲劇的な「その後」

更新日:

悲劇の豪華客船、タイタニック号-――。

事故発生から100年を過ぎた今もなお、多くの人を惹きつけるのは、そこに様々なドラマがあったからでしょうし、ディカプリオ主演の映画も今なお鮮烈な記憶を残しております。

そんなワケで、
・出発地の英国
・目的地のアメリカ
両国メディアにとっても貴重なネタ箱となっているようで、最も気になる項目の一つ
【生存者のその後】
が取り上げられておりました。

ケンタッキーで展開するニュースサイト、kentucky.comが興味深い記事を載せているのも、その一例でしょう。
面白いので紹介してみます。

 

生き残り「771人」それぞれの人生

タイタニック号の死者数には諸説あります。

当然そうなると生存者数も複数になるのですが、ここでは時事通信社の記事(2006年5月7日配信)に依拠し、711人とさせて頂きます。

予期せぬ大事故で あるゆえ、世間(特にマスコミ)の関心は高かった。
豪華客船ですので、各界の名士も乗船していた関係もあります。

また、今日のように心のケアが充実していな かった時代ですので、その後の人生に色々と影を落としたようです。何しろ、生存者の中には恐怖の余り発狂した人もいたぐらい。

さて、事故当時の ケンタッキーではレキシントン・リーダーという地方紙が発行されていました。

事故当時に発行された地方紙レキシントン・リーダー/kentucky.comより引用

今日の日本の新聞でもそうですが、この手の大事故が起きた場合、全国紙なら【事故と原因の解説記事】を載せる一方、県版(ローカルニュースを載せる紙面)には、
「本県××市の○○さんが乗船。安否不明に気を揉む家族ら」
といった記事が載 ります。

地方紙の場合、一報は1面、解説記事は中面、そして上記のような「地元のご家族」記事は【社会面の トップ】として扱われます。
このリーダー紙でも、それを踏襲しています。

事故について報じたのは1912年4月16日。
レキシントンゆかりの人が3人乗っていたのです。

 

スポンサーリンク

新婚旅行の最後を豪華に飾るはずが

1人はエロイズ・ヒューズという女性でした。

ケンタッキー州の上院議員を務めた後、ウェスト・バージニア州から下院議員として出馬&当選したジェームズ・A・ヒューズ議員の娘でした。
地元住民ではなかったものの「レキシントンを良く訪れる女性」という事で、注目されたようです。

このエロイズさんがルシアン・スミスさんという人と結婚したのが1912年2月のこと。
ほどなく、身ごもっている事に気づかされます。

そして、運命の1912年4月15日、御夫婦は新婚旅行の最期を飾るべく、タイタニック号で幸せな一時を楽しんでいたのでした。

そんな状況でしたので、レキシントンに住む双方の友人らは大騒ぎです。

うち1人は花嫁の介添人を務めていた事 もあり、安否を凄く心配していたそうです。
レキシントン・リーダー紙では「日曜学校で土産話をたっぷり聴かせたい」と書いてあったエロイズさんの自宅に宛 てた手紙を入手し、掲載したそうで。

そんな夫婦は、どのような運命を辿ったのか。

お互いがデッキに出たまでは良かったのですが、エロイズさんは救命艇に乗れたものの、スミス氏の方はそういかなかった。
そう。タイタニック号と運命を共にしたのです。

事故から半年以上を経た11月29日、エロイズさんは息子さんのルシアン・フィリップ・スミス君を出産します。

その後、1914年にエロイズさんはロバート・ウィリアムズ・ダニエルという男性と再婚します。

タイタニック号に乗船し、辛くも生き残った男性だったそうですから、相通ずるものがあった…筈でしたが23年に離婚。
その後、更に2度結婚しますが、いずれも離婚で幕を閉じました。

1940年、シンシナティにあるサナトリウムで死去。
まだ46歳。

死んだ際、エロイズ・スミスと名乗っていたそうですから、最初の結婚生活が忘れられなかったのでしょう。
事故に運命を狂わされた人生だったのですね。

 

もう1人の生き残りも…映画では分からぬ結末

他の生き残り2人はジャック・セイヤーⅢ世と、お母様のマリアンさんという方です。

家族3人で乗船しました。
Ⅲ世君の父親であるジョン・B・ジャックセ イヤーだけが帰らぬ人となっています(享年49)。

この父親、レキシントンでは中々の有力者で、ペンシルバニア鉄道の副社長を務め、「社交界やサッカーのサークル」で人気のある方だったそうです。
今回、リーダー 紙が再調査したところ、実際にはクリケットの方に熱を上げていた人だったようですが。

息子さんのジャック君は事件当時17歳で、後にこう振り返っています。

「私の心は1912年4月15日に覚醒した」

また、事故の語り部として、【船体の衝突と折れる様子】を生々しく描写して有名になり、この人もまた悲劇的な最期を遂げます。

自殺したのです。

1945年、息子のエドワードさんが第二次世界大戦で戦死し、その悲しみに耐えきれず、狂乱状態になった末に命を絶ったと記事にはあります。
よくよく家族運の薄い人だったのでしょう。それにしても、余りにも残酷な話ですね。

なお、子孫のジョン「ジャック」セイヤーⅤ世という方が、アルバカーキの自宅近くでのタイタニック追悼展に最近出席し、話題を集めたそうです。

何と言いましょうか。
簡単に断ずる事は出来ないにせよ、生き残って幸せだったんだろうかと思わされてしまいました。

他の人は一体どうだったのでしょうね。

ちなみに事故後、最も長く生きたアメリカ人乗客のリリアン・アスプルンドさんという方(2006年5月7日死去・享年99)は、日常に戻ってからは生命保険会社に勤務したそうです。
これもまた、色々と考えさせられますね。




スポンサーリンク


南如水・記

 



-週刊武春, 災害・事故

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.