週刊武春 伊達家 災害・事故

鉄砲集団・雑賀衆がナゼ政宗の下へ?水主衆の末裔が3.11で観光客の命を救う

投稿日:

水主衆――。
「かこしゅう」と読み、その名の通り海運業や水産業、ある時は海賊業なんかにも従事していた人々の事を指します。

古くは平家物語でも、源義経が敵の船の機動力を削ぐために兵士より先に集中して射らせた水夫を指す言葉として「水主」の名前が出てきます。

ただ、当時は「お互い戦闘要員じゃない水主衆は狙わないことにしようね」とする不文律があったため、襲われた方も襲えと命令された方もどん引きの奇策だったようで。
【将を射んとせばまず馬を射よ】が真理だとしても、この人の空気の読まなさっぷりには、もはや清々しさすら感じられますね。

それはともかく、今なお
「水主町」
「加古町」
などの地名で、全国にその歴史を残している水主の方々。

今回はその中でも仙台藩の水主衆についてご紹介したいと思います。

 

国宝瑞巌寺のため和歌山から仙台へやってきた

仙台藩と言えば、かなりの高確率でどこにでも顔を出すあの方。
伊達政宗による雇用が始まりとされる宮城県の「水主衆(かこしゅう)」がおります。

実は彼ら、元を辿れば紀州からやってきた水主の人々だったと言われています。

慶長9(1604)年、政宗公は師である禅僧虎哉宗乙の勧めで、相次ぐ戦乱や火災で廃墟同然になっていた日本三景の一つ、松島の瑞厳寺を復興することを思い立ちます。

瑞厳寺本堂/photo by Tak1701d wikipediaより引用

後に桃山文化の真髄、集大成とも言われることになる瑞巌寺。
その大伽藍建造に際して、政宗公は紀州の熊野山から切り出した建材を船で運ばせることにします。

しかし、紀州の近海には
「紀州灘」
「熊野灘」
と呼ばれる非常に読みにくい潮の流れがあって、そこを越えて松島まで建材を運んでくることのできる水練達者はそうはいません。

近代になってもトルコのエルトゥールル号やノルマントン号がこの辺りで沈没しています。
ちゃんと原因があったんですね。

熊野灘の朝焼け

ましてや方位磁針やアバウトな日本地図さえもなく、庶民は自由に移動する事もできなかった時代。
重い建材を船に詰め込み遭難すること3回、とうとう松島までやって来た紀州の水主衆はすっかり政宗公に気に入られてしまいました。

彼らは政宗公から松島の一画(瑞巌寺の東側)に土地を与えられて「御水主町」を作り、その組頭は屋敷を与えられて伊達家直属の船頭衆となっていくのです。うん、エエ話ですね。

 

やっぱり政宗 裏があったのか?

いや、ちょっと待ってください。

はるばる紀州からやって来た彼らに与えられた仕事は、他国からの来賓を船に乗せ、松島湾を遊覧する伊達家御座船の船頭や塩田管理などでした。

確かに一定の操船技術は必要でしょう。

夏の松島

しかし、
「紀州からわざわざスカウトして来るほどの仕事なのか?」
とも思ってしまいます。

塩田管理については、藩の財政を支える専売品に関わることで重要です。
闇取引を取締まるため、夜間の海上パトロール&下手人の追跡などで彼らの手腕は大いに発揮されました。

が、仙台藩は元々気仙沼、石巻、塩釜などの良港に恵まれており、操船や塩田管理に通じたものは他にも大勢いたはずです。

ナゼわざわざ紀州から彼らを連れてくる必要があったのか。

政宗公がよほどその腕前に惚れ込んだからだ、とか「まぁ、あの政宗さんですから……」(?)と様々な説が唱えられていて、その中の一説にこんなものもであります。

「水主衆は、江戸を攻めるための水軍として雇われたのだ」

地理的に江戸まで一直線の奥州では、それまで戦に水軍を利用したことがありません。
海と言ったら「魚!」一択のお国柄でした。

しかし、瑞巌寺の造営が始まる1605年頃と言えば、そろそろ各藩の状況も落ち着いてきて金銭的にも多少の余裕が出てくる時代です。

その余裕をガリガリ削るために天下普請(江戸城を造らされるなど)などを幕府から命じられる訳ですが、戦が無ければ内政に余力が向けられるのは当然。
大藩であれば治水や灌漑事業に大金を投入して、あっと言う間に荒地や河川などを開拓することができてしまいます。

仙台藩の石高が事実上100万を超えるのは五代藩主の吉村公以降のこと時代以降ですが、治水、灌漑の成功あって資金に余裕のできた政宗公が「次は何をしようかな~」と思って考え出したのが水軍の編成でした。

と言っても幕府が成立してまだ数年です。
こんな時期に水軍を作っちゃったら当然幕府から相当警戒されます。

幕府から警戒されないよう自然な感じで水練に通じた者を雇えないものか?

そうだ、瑞厳寺の資材運搬係として連れて来ちゃえばいいじゃない。
という事で選ばれたのが、紀州の海沿いにお住まいだった水主衆の方々でした。

 

鈴木、鈴木、鈴木…あーーーーーっ!

さて、松島と言えば、やっぱりあの景勝ですよね。

瑞厳寺などの桃山様式の建築物と共に、湾内で大小260もの小島が作り出す美観は観光の大きな目玉です。

中には人が住んでいる島もあるのをご存知でしょうか?

しかも、その住民の多数が「鈴木」姓なのだそうです。

水主、紀州、鈴木姓――。
これでピンときたあなたは、中々の歴史通でしょう。

そうです雑賀衆です。

戦国時代の紀州と言えば、戦国、いや世界最強の鉄砲集団。
雑賀孫一率いる「雑賀衆」が有名で、実は本来の姓は鈴でした。

そして松島湾の島々に住む鈴木さんは、この鈴木孫一の末裔だというのです。

雑賀孫一は鈴木姓(絵・桂花)

雑賀孫一は鈴木姓(絵・桂花)

 

他国との交易でいち早く鉄砲や鉄を入手

雑賀衆は、元々は和歌山の紀ノ川河口部に住む海の民でした。

冗談のような鉄砲の所有数や高度な射撃技術。
石山本願寺織田信長を撃退し続けたことでも大いに知られますが、そもそもは自治を守るため鉄砲で武装するようになった漁民達の集まりです。

雑賀の衆が早い段階から鉄砲を所有できたり、原材料となる鉄などを大量に確保できたのは、彼らが船で他国や外国と独自に貿易をしていたからなんですね。

そのことからも彼らが「水主」としての腕も巧みだったことがわかります。

義経同様、全国に「実は生きていた!」伝説がある孫一の事ですから真偽の程は分かりませんが、元々、政宗公は一芸に秀でた人のヘッドハンティングが趣味……ではなく、他国や外国の優れた技術を自藩に導入する気概に溢れておいでの方でした。

孫一本人でなくとも、その親族や雑賀衆のメンバーなどが水主としてやってきて来ても不思議ではありません。

政宗公が松島の水主衆に求めたものは、単に船を操る腕前だけではなく、織田信長をも追い返したその戦闘技術と戦う気骨だったのではないでしょうか。

さらに政宗公は、支倉常長を副使とした慶長遣欧使節をスペインに派遣して洋式の軍艦を手に入れ、その操船を水主衆に任せて江戸を攻めるつもりだったのだとも言われます。

小説などでも採用されることのあるこの設定、政宗公の長女五郎八姫の嫁ぎ先である松平家の家老職にあった大久保長安との密約と並べて「伊達政宗最後の野望」といった感じで良く使われます。

・スペインの無敵艦隊
・幕府の重臣で当代きっての富豪大久保長安との密約
・水主衆

時期的にも近いこれらの事物はいかに繋がるのか?

水練と戦の手腕に長けた水主衆は、実は江戸を攻めるための水軍として雇われた――政宗最後の隠し玉だったと考えると戦国ミステリーの妄想が説得力を伴って大いに膨らみますね。

 

400年来の操船技術で津波被害から守る

現在、松島には湾内の島々を巡る遊覧船のコースがあります。
政宗公はじめ代々の藩主が愛でた美しい景色を我々も手軽に楽しむことができるのですからいい時代であります。

竜や鳳凰など、煌びやかに飾り付けられた遊覧船は大層美しい。
湾内を一周すると、かつて他藩からの賓客を乗せて遊覧したという伊達家の御座船「孔雀丸」「鳳凰丸」に乗ったような気分になることができます。

実はこの遊覧船、3.11東日本大震災では海上にありました。

本震後も揺れ続ける海の上、船頭さんが見事桟橋に船を着けてくれたお陰で、津波が到達する前に速やかに観光客の方を避難させる事ができたのだそうです。

この船頭さんの中には現在も松島町の御水主町にお住まいで、13代目の水主衆として遊覧船の操船をなさっている方もいらっしゃいます。
400年も前(もしかしたらもっと前)から先祖代々受け継がれてきた技倆と生業で人を救うことができたなんて、すごいことだと思いませんか?

かつて紀州沖の逆巻く渦潮を乗り越えてやってきた人々が、その水練の手腕を今も現代に伝えている松島。
これからもこの町が、桃山文化華やかなりし頃を今に伝える町として残っていくことを願ってやみません。

和歌山県の串本町橋杭岩

鈴木晶・記

更新2019年3月31日
初出2014年1月9日

【参考】
松島町郷土史夜話』岩本隆(宝文堂)
宮城県の不思議事典』佐々木光雄、吉岡一男編(新人物往来社)

 

防災グッズ実際に役立つオススメ10選

【編集部より】

過去の記録で地震を学び、そこで我々はどうすべきか?

実はこうした災害では
【3日間は自力で生きられるように備蓄しておこう】
と国や自治体も言っています。

文句を言ったって仕方ありません。
自分の身は自分で守るだけ。

要は、防災グッズ・避難グッズを予め備蓄しておくということですね。

そこで編集部では実際に購入した防災グッズを紹介させていただきます。
すべてAmazonで調達できますので忙しい社会人のみなさんもご安心を。

 

①保存水

何はともあれ水です。

今回私は、各自治体の防災ページを参考にグッズを揃えましたが、とにかく水の重要性をどこでも強調しております。

【注意事項】
・人が一日に必要な水分は2~3リットル
・3日分で10リットルは最低確保(できれば5日分欲しい)
・10年もつ保存水もある

これまでは2リットルの5年保存水を18本(36リットル)持っており、引っ越しを機に10年保存水を追加しました。

それがコチラです。

500ml×24本を3ケース(36リットル)。

Amazonにて購入しました→ 特殊衣料 カムイワッカ麗水 10年保存水

そして購入してから気づきました。
15年バージョンもあったことをorz

たぶん近いうちに買い増しします(´・ω・`)

【15年保存水】ミネラルウォーター「カムイワッカ麗水 500ml×24本セット」

 

②非常食

水をキープしておけば1週間は生きられる。

とはいえ我が家には幼い娘もいて、食をキープしないわけにはいきません。

さらには『もし、ご近所さんに用意がなかったら?』なんてことも考え、大量に買っておきました。
ご挨拶したお隣さんがイイ人だったんで。

こちらの商品は
非常食セット サタケ アルファ米 永谷園フリーズドライご飯 13種セット 5年保存(amazonにて購入)
となります。

ぶっちゃけ、食えれば何でもいいんですが、どうせなら味がバラバラな方が良さそう、ということで上記13食を3セット。
一日3食で一人3日分ですね。

これとは別に以前から買い置きしておいたのが家族3日分ありますので、まぁ、大丈夫でしょう。

※非常食の中には在庫待ち1~2ヶ月とかございますのでご注意を

 

③簡易トイレ

生活用水で最も必要になるのはお風呂とトイレ。
風呂は我慢ができてもトイレはそうはいきません。

となると水を運んでくるしかなく、災害時にかなりの重労働となります。

お風呂には常に水を張っておくと、非常時にトイレを流すのに助かりますが、どうせなら簡易トイレも用意しておこう――。

ということで実際に買ったのが上記の非常用トイレセットになります。

Amazonで購入→驚異の防臭袋 BOS (ボス) 非常用 トイレ セット【凝固剤、汚物袋、BOSの3点セット ※防臭袋BOSのセットはこのシリーズだけ!】 (15回分)

凝固剤と袋がセットになっていて、これだけあれば対応可能というタイプです。

想像よりサイズは小さく、隣のスマホと比べていただければと思います。
下駄箱とかに入れておけば、さして邪魔にはならないでしょう。

 

④普段も使えるポータブル充電池

言うまでもなく今はスマホ時代。
情報の多くはここから入ってきますし、誰かに連絡するときも端末が欠かせません。

そこで一番困るのが電源です。

購入したのはバッテリー パソコン 185Wh MAXOAK 超大容量50000mAh モバイルバッテリーというポータブル充電池です。

USBや2種類の電源端子で、スマホだけでなく、99%のノートPCに対応という製品。
普段からノートPCを持ち歩く機会のある人には超オススメです。

通常のAC/DCアダプタに対応したインバータを買おうか?
とも迷ったのですが、長くても5日間であろう厳しい非常時に必要なのは、携帯性の高いポータブル充電池との判断からです。

 

⑤ラジオ

地震当日、あるいは数日間で貴重な情報源となるのがラジオと言います。

停電してしまったらテレビは使えない。
いざというときは電源の確実なアナログ機器の方が強いんですね。

そこで購入したのが
・充電
・手回し充電
・乾電池
・ソーラ
に対応したSONY製品のラジオソニー SONY ポータブルラジオ ICF-B99(amazonにて購入)です。

なんつーか、ウォークマン世代のおっさんとしてはSONYってだけでひれ伏してしまいますので、いい買い物した感で値段のことは目を瞑れそうです。

 

⑥懐中電灯

懐中電灯はご覧の通り2本購入です。

電池入れっぱなしで液漏れしたりするケースがあるので一つは電池を入れた状態、もうひとつは抜いております。

妻と私、一人一本という使用方法も考慮。
そう高くはない商品なので3つぐらいあっても良かったかもしれません。

もちろんコチラもAmazonで購入、商品名はWsiiroon LED 懐中電灯 XM-L2です^^

 

⑦ガスコンロ

もしも冬に大地震があったら?
絶対に欲しくなるのが温かいお湯類でありましょう。

そこで必須となるのがガスコンロ。
すみません、これだけ撮影を失念しておりましたのでAmazonさんからイワタニ カセットフー 達人スリム 【うす型コンロ / 高さ74mm】 CB-AS-1です。

撮影を忘れた――というのも私に限らず、普段から持っている方も多いと思うんですね。

つーことでイワタニ カセットガス オレンジ 3本組だけ追加して購入しております。

各種情報によると3~5本あると良さそうです。
どれだけあっても将来的に邪魔にはならないものなので、ぜひとも備蓄を。

 

⑧ポリタンク

簡易トイレも飲料水も確保。
となるとその間の生活用水は事足りているなぁ……。

とは思ったのですが、いざというときに備えてポリタンクも用意しました。

それがロゴス 水缶 抗菌広口水コン16です。
16リットルの水が運べます。

Amazonでの評価は散々(★☆☆☆☆)ですが、試しに水を入れてみたところ問題なかったなぁ、と。
ただ、上記のような折り畳みタイプは万が一のことを考え避けた方が良いかもしれません。

それと!
大事なのが自治体が供給してくれる【水ポイント】ですね。

災害時に配給してくれる箇所がいくつかありますので、ご近所を事前にチェックしておきましょう。
特に、都内近郊で徒歩の方は、ちょっとした距離が響いてきますので^^;

なので肩から下げられるタイプか、あるいはキャリアも一緒に用意しておくと良さそうですね。

 

⑨寝袋

冬場に電気もガスも止まったら。
一番つらいのが暖房でしょう。

自宅での避難生活をするにしても、暖房まったくない状態での夜はかなり堪えます。

そこでの寝袋です。
さすがに雪山で過ごすワケではないので、安価なもので済ませておきました。

Amazon's Choiceにも入っているLICLI 寝袋 「丸洗いできる 封筒型 シュラフ 」なら一つ2,499円。
十分でしょう。

 

⑩USB充電式小型ランタン

いざ避難生活を迎えたら、夜の灯は懐中電灯だけで足りない――。

そこで便利なのが小型ランタンです。

下に並べたカッターナイフ(標準型のタイプです)と比べてみてください。
小さいですよね。

スペックは小さくありませんよ。
BRISIE LEDランタン 暖色 電球色はUSB充電で50時間もの連続点灯が可能。

しかも電池の使用寿命は100,000時間以上と言いますから、先程紹介しました充電池が一緒にあれば、実質これ一つで乗り越えることが可能ですね。

【買い物情報】
防災グッズ実際に役立つオススメ10選
amazon.co.jp

 



-週刊武春, 伊達家, 災害・事故

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.