絵・小久ヒロ

織田家 週刊武春

秀吉の誘いを笑って一蹴!鬼玄蕃・佐久間盛政30年の生涯は風流な最期で

更新日:

佐久間盛政は天文23年(1554年)、織田家家臣・佐久間盛次の嫡男として尾張の御器所西城ごきそにしじょうで生まれました。

【佐久間姓】からピンと来られた戦国ファンの方もおられましょうか。

そうです。
織田家の重臣にして、後に信長に追放される佐久間信盛とは親類。

盛政の父・盛次が、信盛と従兄弟……と、少々こんがらがりそうなので、系図で見ておきましょう。

佐久間家の先祖を辿っていくと、三浦義明(桓武平氏)に辿り着くとされています。

さらに佐久間盛政が織田家と縁深いのは、

◆佐久間盛政の母が柴田勝家の姉
◆佐久間盛政の娘・虎姫が中川秀成(中川清秀の息子)と結婚

という点でしょう。

明智光秀の娘・明智玉子(後の細川ガラシャ)が、細川藤孝の息子・細川忠興と婚姻関係を結んだように、織田家内で縁戚を作るのは家臣団結のため信長も推奨していたとされます。

盛政の娘・虎姫の場合は秀吉の仲介によるものでしたが、いずれにせよ複雑に絡み合った婚姻関係が、後の争いでは余計に心苦しい展開になったり……。
その辺は後述するとして先へ進めましょう。

 

佐久間盛政の初陣は観音寺城の戦い

佐久間盛政の結婚は割と早いほうで、数え年12の1564年。
これまた親類である佐久間盛重の娘と結ばれました。

同年には娘の虎姫が生まれ、彼女は後に、中川秀成との間に7人もの子を産んでいます。

盛政の栄えある初陣は【観音寺城の戦い(1568年)】でした。
織田信長足利義昭を奉じて上洛したときに陥落させた、六角氏の本拠地ですね。

後に鬼玄蕃として武勇を恐れられる佐久間盛政。

さすがに16才ですから初っ端から大活躍とはいかなかったようですが、程なくして参戦した【越前手筒山城の戦い(1570年)】で戦功を挙げると、さらに同年には、六角承禎と対した【野洲河原の戦い】で叔父の柴田勝家と共に活躍します。

柴田勝家/wikipediaより引用

鬼柴田に鬼玄蕃
こんな叔父・甥コンビに敵として対峙されたらたまったもんじゃありませんね。

『陳善録』(前田利家の言行録)によると、利家の家臣・村井長頼と共に敵将の首をとった佐久間盛政が、真っ先に叔父の柴田勝家に見せに行ったため、一番首の恩賞を信長からもらえなかったというエピソードもあるほどです。

※1571年延暦寺焼き討ち時における金ヶ森攻めの時

続けて1573年【槇島城の戦い】でも手柄を立てました。
打倒信長を掲げて挙兵した足利義昭を囲み、京都から追い出した一戦ですね。

これを受けて室町幕府は滅亡するのでした。

 

信長包囲網が瓦解 越前を攻略する

お察しの通り、佐久間盛政の生涯は、柴田勝家ひいては織田家と共にあります。

足利義昭を京都から追い出した1573年は盛政にとっても一つの契機になりました。

幕府を滅亡させた――。
ということではなく、当時の織田家を苦しめていた【信長包囲網】、その中心にいた強敵・武田信玄が亡くなったのです。

当時の包囲網とは、主に以下の5勢力でした。

・足利義昭
・浅井長政
・朝倉義景
・武田信玄
・石山本願寺

足利義昭は、毛利家を頼って最前線からは退いた状態。
信玄を喪った武田家は、まだまだ有力な家臣団が残っており、石山本願寺も大坂の本拠地が非常に堅強なため、スグに片付く相手ではありません。

そこで目を向けたのが浅井朝倉です。
信長はすぐさま両家に攻め込み(1573年8~9月)、浅井と朝倉を滅亡、つまりは近江と越前の平定に成功するのですが、これが佐久間盛政の生涯にも影響してきます。

1575年、叔父の柴田勝家が越前一国を与えられ、その与力として配置されたのでした。
佐久間盛政は、強力な柴田軍でも先鋒を務め、以後、北陸の一向一揆戦などで際立った戦功を挙げていきます。

それは織田信長から感状を賜るほどで、1576年には加賀一向一揆勢に奪取された大聖寺城の救援を成功させました。

しかし北陸への進出は、同時に新たな敵をも刺激してしまうもので……。
信玄の次なる強敵が現れます。

上杉謙信です。

 

勝家が謙信相手に手痛い敗北

1577年、謙信が南下してくると、両者は激突。
豊臣秀吉の戦線離脱などもあった柴田勝家軍は、軍神率いる上杉軍を相手に手痛い敗北を喫します。

この一戦は【手取川の戦い】として知られ、浅井・朝倉を撃破して勢いづく織田家の出鼻をくじいたものとなりました。
※詳細は以下の記事にお譲りします

手取川の戦いとは?秀吉が勝手に戦線を離れて勝家が謙信にフルボッコ!

天 ...

続きを見る

佐久間盛政はこのとき戦闘には参加せず、御幸塚(現在の石川県小松市)に砦を築き、守備の責任者となります。
上杉に警戒しながら、同時に加賀の一向一揆諸勢力とも対峙せねばならない激戦のエリアでした。

こうした状況でも怯まないのが盛政。
1580年11月、加賀一向一揆の尾山御坊を陥落させた功績が認められ、加賀金沢城の初代城主となり、加賀半国の支配権を与えられたのです。

続けて翌1581年には、勝家が安土城に赴いた間隙を縫って、上杉景勝らが加賀へと侵攻、白山城(舟岡城)が攻め落とされます。
後詰(救援)のために佐久間盛政が到着したときには、既に落城しておりました。

が、しかし、盛政は、次なる援軍を待つこと無く上杉軍に挑みかかり、これを打ち破るのです。

また、1582年には、平定に散々苦労していた加賀一向一揆を壊滅(鳥越城の戦い)。

鳥越城/photo by Satoshin wikipediaより引用

こうした戦ぶりにより佐久間盛政は
「鬼玄蕃」
と恐れられるようになりました。

 

信長が光秀に討たれても柴田軍動けず

越前に続き加賀も平定。
となれば次の敵は、かつて大敗を喫した上杉家です。

軍神・謙信はすでに死しており、勝家と共に、武将としての脂がいよいよ乗ってきた佐久間盛政にとっては雪辱を果たす大きな機会。
さぞかし気合も入っていたことでしょう……と、思いきや、その日は突然やって来るのです。

1582年6月2日、本能寺の変――。

主君・織田信長が明智光秀の軍勢に攻められ、本能寺で最期を迎えていたころ、佐久間盛政は柴田勝家に従い上杉方の越中松倉城を攻撃中でした。

勝家が事件を知ったのは6日のこと。
全軍を率いて北ノ庄城へ退却し、明智光秀の動向を探っておりましたが、信長の死を知った上杉対策に追われ、盛政もまた動けずじまいでした。

そうこうしている間に、派手に中国大返しを決めた豊臣秀吉が山崎の戦いで明智軍を撃破。
信長のリベンジを果たすと清須会議に挑み、三法師織田秀信)を担いで、織田渦中の中心に躍り出ようとします。

そこで「待った」をかけたのが勝家。
そして佐久間盛政は、ある意味、人生の本番ともいうべきステージへと向かっていくのです。

有名な賤ヶ岳の戦い――いや、佐久間盛政の場合は、その前に見ておくべき戦いがあります。

荒山合戦あらやまかっせんです。

 

荒山合戦

清須会議の後、能登では有力寺院の天平寺が信長亡き織田家に敵対。
越後へ亡命していた国人衆を呼び戻して挙兵しました。

あまり知られてませんが、天平寺は強敵です。
要害の石動山を本拠地として、昔から能登の国人衆に強い影響力を及ぼした一大組織であり、一向一揆勢が同エリアに浸透しなかったのはその存在があったからです。

ただし、織田信長が存命だった頃には、織田家の勢力拡大により、天平寺の寺領も大半が没収されておりました。

そんなタイミングで起きた本能寺の変――。
千載一遇の好機!とばかりに彼らは動きます。

1582年6月下旬。
能登国の温井景隆ら国人衆も、景勝の扇動により蜂起して荒山城に籠城しました。

彼らを扇動したのは、信長の死により息を吹き返した上杉景勝。
能登へ戻る国人衆に兵を貸し、さらに後詰の軍勢を派遣する準備まで進めます。

彼ら反織田家の軍勢は、能登と越中の国境にある石動山と荒山に籠り、荒山では既存の砦の改修工事にも取り組みました。

当時の上杉家は、宿敵だった北条家と和睦の交渉を進めていた最中です。
背後の憂いが無くなれば、越中・能登の反織田勢力を糾合して、織田家の北陸方面軍と対決するには絶好のタイミング。

本能寺の変直後、前田利家が明智光秀の討伐ではなく、能登に留まることを選んだのは、北陸で燻っていた勢力を懸念したゆえでしょう。
上杉家の後ろ盾もあれば、この【荒山合戦】が勢力図を一気に塗り替える危険性もありました。

そこで前田利家と柴田勝家は、佐久間盛政にも応援を要請するのです。

盛政はすぐに出陣。

共に連れ添った拝郷家嘉(居城は大聖寺城だいしょうじじょう)と、わずか二日で兵を集めて、荒山近くの高畠という土地に入りました。

おそらく両武将は事前に準備を進めていたのでしょう。
この段階ではまだ、敵・荒山の砦工事は進んでいない状態です。

現地の人々の協力を取り付けた佐久間盛政と拝郷が、荒山の砦改修の情報を知ると、直ちに現地へ向かいます。

斥候せっこう(偵察)を出して状況を把握。
すかさず反乱軍の主力数千人が籠る荒山を猛攻撃しました。

と、これが実に凄まじい。
佐久間勢の猛攻を受けた敵軍の指導者は、尽く戦死。
指揮官を失った敵軍は敗走して石動山へ向かうと、今度は退路に回り込んだ拝郷勢が次々に捕捉して、敵部隊を壊滅させます。

友軍を失い孤立した石動山も、程なくして前田利家が 制圧しました。
上杉軍が送った援軍は間に合わなかったのです。

結果、織田家は能登と越中北部から 上杉家の影響力を排除することに成功します。
そしてその後は、佐々成政と傘下の越中国人衆が 独力で上杉軍を抑え込み、 北陸の情勢は安定するのでした。

荒山合戦における佐久間盛政の働きは鬼気迫るものがあり、 約350年後、日本陸軍の戦史研究チームから絶賛されます。

それは一体どんな内容か?
『第九師団管古戦史』を基に、佐久間盛政の要点に注目してみますと……。

【荒川合戦の勝因まとめ(手順)】

・事態を想定していた
・速やかに出陣した
・現地の住民を味方につけた
・戦機を見逃さなかった
・諸将とよく協力した
・手柄を前田利家に譲った

佐久間勢が討ち取った敵将たちの首を、盛政は前田利家に譲りました。
おそらくや能登を安定させるためでしょう。

結果、佐久間盛政はその采配と戦術眼を高く評価されるようになります。
そしてその能力を発揮する場はスグにやってくるのです。

秀吉との全面対決となった【賤ヶ岳の戦い】です。

 

賤ヶ岳の戦い

1583年3月――。
秀吉の調略手腕に押され気味となった勝家は、ついに軍を動かし、北近江まで進出します。

信長の葬儀を執り行ったり、勝家方の武将を味方に引き込んだり。
政治力では一枚も二枚も上手の秀吉に対し、実力行使に出たカタチですね。

勝家も内政に関しての手腕は決して悪くはなかったのですが、外交政治となればやはり一歩遅れを取ってしまいました。
鬼玄蕃こと佐久間盛政にとっても、実戦の方が性に合っていたでしょう。

しかし、戦いはいきなり膠着状態に陥ります。

賤ヶ岳を中心に両軍とも堅強な砦を築き、攻めるに攻められなかったのです。

と、そこで秀吉が大垣城に赴いており、戦場を留守にしていたことが告げられます。
佐久間盛政にその一報を届けたのは、勝家の養子でありながら秀吉方になびいていた柴田勝豊の家臣でした。

秀吉、不在――。

その情報を握った佐久間盛政は、中川清秀の砦を急襲する作戦を勝家に提案します。
武勇を誇る盛政ならではの、いささか強行な作戦でした。

それだけに勝家は、当初、この作戦に反対します。
秀吉の策も警戒していたのでしょう。

しかし、佐久間盛政の強い要望により妥協せざるを得ず、
「砦を落としたらすぐ戻ること」
という条件つきで承諾します。

勢いに乗る盛政。
急襲作戦は見事に成功し、中川清秀を大岩山で討ち取ると、続けて高山右近の軍も撤退させ、緒戦を勝利に導きました。

と、そこで驚くべき一報が届けられます。
美濃から50km以上を走破した秀吉軍が、未明、佐久間盛政らに襲いかかったのです。

しかも、攻防の最中、勝家に与する前田利家らが戦線を離脱する――という足元すくわれるような展開を迎え、結局、柴田軍は総崩れとなって敗北するのでした。

 

叔父である柴田の恩をなぜ忘れることができようか

佐久間盛政は再起を図って加賀国・尾山城へ落ち延びようとしました。
が、その途上、越前府中付近にあった中村の山中で郷民に捕らえられ、命運尽きたことを悟ると、自ら秀吉に対面したいので引き渡すよう告げます。

ちなみに佐久間盛政を縄で縛り上げた百姓に対して秀吉は激怒、後に処刑しております。
というのも鬼玄蕃こと盛政の武勇を買っていたんですね。

そのため秀吉は、宇治の槙島にて盛政を養生させ、程なくして再度顔を合わせると、こう語りかけました。

「我に二心なく仕えるならば一国与えよう。敵や味方というのは一時のことであって、そなたの武勇を捨てるのは忍びない」

対して佐久間盛政は笑いながら、歯牙にもかけない様子で答えます。

「もしも我に国を与えるならば、次は貴殿を生け捕りして差し上げよう。叔父である柴田の恩をなぜ忘れることができようか」

キッパリと秀吉の申し出を跳ね付け、更にこう続けました。

「一生の終わりは風流な最期で迎えたい。願わくば、大紋紅裏廣の小袖に白帷子を添え、香を薫じて与えてほしい。それが望みでござる」

そして処刑当日。
浅野長政が、佐久間盛政のことを「臆病者だ」と愚弄すると、悠然と答えるのです。

「昔、源頼朝が戦に敗れたとき、木の洞に隠れて逃げ延び、後に再起して平家を滅ぼした。その志、貴殿では知らぬよな」

さすが盛政、天晴な最期だと、この話を聞いた人たちは感心したと言います。

辞世はこの通り。
「世の中を めぐりもはてぬ 小車は 火宅のかどを いづるなりけり」

享年30。
短いながら最後まで勇と義を重んじた生涯でした。

 

娘の嫁ぎ先が非常に気まずい

鬼玄蕃こと佐久間盛政が亡くなると、一人娘である虎姫が残されました。
盛政を高く評価していた秀吉は、この虎姫の結婚の仲立ちをします。

結婚相手は、あろうことか中川秀成。
佐久間盛政が賤ヶ岳において急襲し、討ち死にさせた中川清秀の次男でした。

秀成の兄・中川秀正(播州三木城・6万6千石)が文禄二年(1594年)、朝鮮水原城のほとりで 鷹狩りをしていたところを毒矢で射かけられて没すると、秀吉は秀成に家督を継ぐことを認めると同時に、この結婚を命じたのです。

それが、どれだけ大変なことか……。

中川家では佐久間盛政との戦いで、中川清秀を始めとして多数の犠牲者を出しました。
ゆえにこの結婚は大いに不満でした。

が、秀吉の命には逆らえず、秀成は虎姫を迎えます。

ただ、政略結婚にしてはこの夫婦の仲は非常に良く、嫡男・久盛をはじめ、多くの子宝に恵まれるのです。

慶長15年(1610年)1月、実に7人目の子を妊娠した虎姫は、夫・秀成に願い事をしました。

「もし今度の子供が男子ならば、その子に父・盛政の佐久間家を継がせたいのです」

はたして生まれた子は男子でした。
ところが虎姫は、産後の肥立ちが悪く、間もなく死んでしまうのです。まるで悪い冗談のような悲劇です。

秀成は、妻との約束を守りました。
彼は生まれた子を内記と名付けると、これを佐久間盛政の弟・勝之に養子に出すのです。

勝之はこの甥を養育し、元服すると『佐久間勝成』を名乗らせ、自分の娘と結婚させました。

盛政流佐久間家の復興――。
この新生佐久間家は、中川家の親族衆として存続し、明治にまで至ります。

虎姫は息子である嫡男の中川久盛にも一つ頼みごとをしておりました。
父・佐久間盛政の菩提寺建立です。

母の死後、彼もまたその約束を果たし、菩提寺を建てます。
その名は『英雄寺』。
現在も大分県竹田市にて佐久間盛政の魂を供養しております。

佐久間盛政/wikipediaより引用

文:小野直輝
監修:五十嵐利休

【参考】
国史大辞典
『戦国武将合戦事典』(→amazon link
『尾張武人物語』(→amazon link
佐久間盛政/wikipedia
柴田勝家/wikipedia

 



-織田家, 週刊武春

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.