古代オリンピック想像図/wikipediaより引用

ローマ ギリシャ 週刊武春

1808個も金メダルをとった暴君!古代オリンピック史から抹殺された黒歴史

投稿日:

平和の象徴であるオリンピックにも負の歴史はあります。

「ヒトラーの五輪」となった1936年ベルリン。

テロリストによってイスラエルのアスリートが多数殺害された1972年ミュンヘン。

ソ連のアフガニスタン侵攻で多くの西側諸国がボイコットした1980年モスクワ。

しかし、古代オリンピックにはそれどころじゃない、【存在そのものをなかったことにしたいレベル】の黒歴史が存在したのです。

 

そもそも古代オリンピックとは?

舞台は古代ギリシアの都市、オリンピア(オリュンピア)。
最高神ゼウスに捧げられる競技祭はオリンピア大祭と呼ばれ、4年に一度開催されました。

いわゆる古代オリンピックとは、これを指します。
詳しくは以下の記事をご参照ください。

古代オリンピックは観客も超絶タフネス!酒あり、虫あり、動物の血あり

五 ...

続きを見る

記録に残る最も古いものは、紀元前776年にまでさかのぼります。

初めはエーリスとスパルタの二カ国のみの参加で、次第にギリシア全体へと参加国が広がっていきます。
正確に4年に一回開催され、その期間は戦争も休止されました。

参加者は自由人の成人男性のみで、女性・子供・奴隷は参加資格がありませんでした。
また、競技は裸で行われ、勝利者にはオリーブの冠が授けられました。

競技は徒競走、やり投げ、レスリング、戦車競走などです。

戦車競走の様子/photo by Marie-Lan Nguyen wikipediaより引用

やがてギリシア地域は台頭するローマによって征服され、属州となりますが、それでも大祭は続けられました。

そして、紀元393年の第293回オリンピア大祭まで、実に11世紀もの間続いたのです。

この精神をもとにして、フランスのクーベルタン男爵が提唱したのが、近代オリンピックなのです。
「4年に一回」という伝統は、この古代オリンピックから来ています。

 

まさにジャイアン顔負けの振る舞い

問題の大会は紀元67年に行われた第211回大祭です。

この時、ギリシアを支配していたのはローマ帝国。
帝位には悪名高き暴君ネロ(37~69・在位54~68)が就いておりました。

この皇帝ネロ、最初の5年ほどは哲学者セネカらの後見によって善政を敷きますが、次第に暴虐な本性を現し、母や妻を殺害。
淫蕩の限りを尽くした上、64年のローマ大火の罪をキリスト教徒に着せて大迫害を行いました。

ネロは芸術にも心酔しており、自ら舞台に立って竪琴を弾いて歌を歌い、市民に聴かせたといいます。
その腕前は素人同然であったようですが……。

66年、帝国領内でユダヤ人の反乱が起きているにも関わらず、ギリシア芸術に前々から憧れていたネロはギリシアへ旅行に出かけます。

ギリシアの各種コンテストに参加した上、65年に終わっていて、次回の開催が69年だったオリンピアの大祭の予定も変えてしまいました。

67年のオリンピア大祭は、ネロのために無理やり開かれます。
しかも、本来は体育種目だけだった競技に、音楽部門も加えさせるという無茶苦茶ぶりでした。

 

 リタイアしても優勝はネロ!

競技に出場してもやりたい放題です。

戦車のレースでは、振り落とされて完走できずリタイアしたにも関わらず、
「優勝はネロ帝」
とされました。

他の競技でもこの調子だったので、当たり前のように連戦連勝。

また、音楽部門に出場したネロが舞台で歌っている間は、どんな事情があろうとも退席することは許されません。
そのため、客席で出産した女性が何人もいたり、死んだふりをして棺に入って出て行く人が現れたりしたといいます。

翌68年、ローマに凱旋したとき、ネロがオリンピア大祭などギリシアで勝ち取った栄冠は、1808個に及んだと言います。
こんな不正に人々が納得するわけがありませんね。

ネロの死後、この大祭は正式なものとみなされず、記録から抹消されました。
「最初からなかったこと」にされたのです。

それも当然でしょう。
しかし、ネロのために2年ずれた開催年は、最後の大祭まで戻されることはありませんでした。

 

ローマ帝国そのものの黒歴史となった暴君

ちなみにネロの末路はというと……。
68年春にガリアで反乱が起きたのがきっかけで、帝国全土で「打倒ネロ」を掲げる反乱が飛び火。
最後は元老院や近衛兵からも見捨てられ、自害へと追い込まれます。

最期は死の恐怖からメソメソと泣きながら、自ら剣を喉に突き刺したといいます。
そのときの言葉は、
「この世から、なんと偉大な芸術家が消えてゆくことか!」
だったそうで、狂気と暴虐の皇帝はここに終焉を迎えたのでした。

さらに、彼の死後元老院の決議により、ネロの事績はもちろん、名前すらも記録から抹消されてしまいました。

古代オリンピック史上最大の「黒歴史」を作った暴君ネロは、彼自身がローマ帝国の「黒歴史」として扱われることになってしまったのでした。

母を謀殺した後の皇帝ネロ/wikipediaより引用

三城俊一・記

【参考文献】

『ローマ帝国愚帝列伝 (講談社選書メチエ)』(→amazon link

 



-ローマ, ギリシャ, 週刊武春

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.