イラスト/富永商太

週刊武春 諸家

政宗・信長・家康・謙信から学ぶ遺訓「父からの遺産、父としての遺産」

投稿日:

戦国武将が一族や家臣に残した言葉は、過酷な時代を生き抜いた先人の重みがあり、現代にも通用することがある。

有名な戦国武将の父が遺した、また父として遺した「言葉」や「もの」を見てみよう。

 

政宗 涙なしには読めない父からの手紙

イラスト・富永商太

伊達政宗と言えば、
「敵にさらわれた父(輝宗)を自ら始末するよう命じた」
なんていう説もあるくらい微妙な父子関係と言われている。

しかし、こんな愛にあふれた書状が残っている。

政宗へ 父より
「若い時は戦略を誤り、また、暴言や失言も吐く。そのような間違いは多いものだ。しかし、世間の評価や家臣の噂は気にする必要はない。お前には俺がついている。命をかけてそなたを支えるから、安心して自分の信じるところを突き進め。覚悟を決めて突き進めば、異を唱える者はなくなるだろう」(大意)

この書状は仙台市博物館に所蔵されている輝宗の自筆の手紙である。

佐藤憲一・元仙台博物館長によると、
「この手紙、焼却するように」
とあるとのこと。

しかし、父の思いが詰まった手紙をどうしても政宗は捨てられなかったのだ。

まさしく親の愛は無限――。
きっと片方の目からさめざめと男泣きの涙が流れたことだろう。

伊達政宗は逸話も史実も全部オモロイ!70年の生涯まとめ【逸話の正誤表付】

戦 ...

続きを見る

 

信長 父を反面教師に親衛隊結成

 

絵・富永商太

父の葬儀で位牌に抹香を投げつけた逸話で有名な織田信長とその父の関係やいかに?

信長は、父が家臣団と緩い主従関係しか結ばなかったため苦労したことを反省し、赤母衣衆(前田利家)や黒母衣衆(佐々成政)などの近衛兵を養成して、みずからのまわりを固めた。
それが「カリスマ化」路線にもつながるのだろうが、では父は「負の遺産」しか遺さなかったのだろうか?

戦国・幕末の研究者で作家の桐野作人さんは
織田信秀が信長に残した最大の遺産が信長と帰蝶濃姫)との縁組である」
と指摘する。

濃姫とは斎藤道三の娘で、この縁組により尾濃同盟が成立した。
平手政秀の尽力もあったとされ、父は自分が他界後も「厳父」を遺したといえるだろう。

さて次は父として「何を遺したか?」についても見ていこう。

天下人を適任者に譲るということは、もしかしたら天下をとるよりも難しいかもしれない。
源頼朝も、信長も、豊臣秀吉もみなうまくいっていない。

この難業を成し遂げたのが、徳川家康である。

織田信長49年の生涯をスッキリ解説!生誕から本能寺の変まで【年表付】

織 ...

続きを見る

 

家康「愚鈍」な息子を後継者に選んだ理由

イラスト・富永商太

家康のカリスマは誰もが認めるところ。
しかし、2代目の徳川秀忠については、関ヶ原の戦いでの遅参や、大坂の陣での爆走進軍などばかりがクローズアップされ、どちらかというと愚鈍なイメージが強い。

それをあえて選んだところに家康の眼力があるのだが。
果たして父としての家康が遺したものはなんだったのか。

秀忠には二人の兄がいた。

一人は嫡男の松平信康
もう一人は福井藩祖となる結城秀康である。

松平信康はなぜ自刃に追い込まれた? 家康の長男が迎えた悲惨な最期

天 ...

続きを見る

結城秀康(家康の次男)はブサメンだから父に嫌われたってマジ?

天 ...

続きを見る

結城秀康は母の身分が低く養子に出されていたので後継者レースから外れていた。
一方、嫡男の信康はバリバリの長男で母の家柄もよい(築山殿で今川の姫)。

ただ……。
信康一派が、どうにも反乱を企図した節があり(堀新氏によると信長が家康に長男を殺すよう命じたというのは俗説)、廃嫡され、切腹となった。
家康にとって「後継者」の後がない状態だった。

家康が息子・秀忠に遺したもの、それは人脈だったといえよう。

家康の名代として城の取りつぶしという難題を補佐させる井伊直政榊原康政
まだ未開の江戸の留守番役を補佐するためにライバルの前田利家のバックアップを取り付ける。

そして、秀吉の養女を妻にもらい、その娘を秀頼と結婚させていることは有名であろう。

 

謙信 なにも残さず禍根を残す

一方「遺言」を遺さなかったのが、上杉謙信である。

変わり者で知られる謙信は、妻をもたず、したがって後継者候補である景勝と景虎は養子だった。

どちらが後継者かを名指して死ねばいいものを、自分勝手になにも言わずに死んでしまい、当然、双方で戦いが起きた。
勝者となったのが景勝である。

ただ、この二人の後継者争いという死闘をくぐり抜けただけに、景勝はその後、関ヶ原を含む、数々の難局をくぐり抜け、謙信の上杉氏を守りきっている。
ライオンは子を千尋の谷に突き落とすという試練を「遺した」……と言ってもよいだろうか。

川和二十六・記

【参考】
『歴史読本』(→amazon link

 



-週刊武春, 諸家
-, , , ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.