ネイの死/wikipediaより引用

フランス 週刊武春

フランスの英雄ミシェル・ネイを銃殺刑に導いた……たった一言の呪縛とは?

投稿日:

「皇帝万歳! 皇帝万歳!」
兵士たちは大喜びして、ネイに賛同します。

18日、ナポレオンに再会した彼はこう言いました。
「あなたという人間のためではなく、祖国を防衛するために味方したのです」

主君の間では迷うかもしれないけれど、愛する祖国のためなら迷わない。
それがネイという男の本質でした。

しかし、そのことを誰も理解しません。
宮廷から逃げ出した国王一派はネイを裏切り者とみなします。
ナポレオンに味方した者たちも、「ギリギリになって変心した奴」と彼を疑います。

実際、パリに入ったナポレオン自身が、ネイとは距離を置くのでした。

ナポレオンに忠誠を誓う兵士/wikipediaより引用

 

死に場所を求めて

ナポレオンの「百日天下」は、ワーテルローの戦いで粉砕されました。
この決戦においてナポレオン側は、精彩を欠いた戦いを繰り広げました。

ネイもその中に含まれています。彼は「フランス元帥の死に様を見よ!」と叫び剣をかざしながら、無謀な突撃を行いました。
まるでここで死にたいと思っているような態度です。

彼の馬は死んだものの、彼自身は弾丸がかすめただけでした。ネイは軍人として名誉ある死を遂げるチャンスも失い、生き延びてしまうのです。

ワーテルローの戦いのネイ/wikipediaより引用

ナポレオンが陸の孤島セントヘレナ島に送られ、再びルイ18世が王位に戻ると、裏切り者の粛清が始まりました。

ルイ18世が最も憎しみを抱いたのは、ネイその人です。

「鉄の檻に入れるとまで豪語したのに、なんだあのザマは!」

スルトやマッセナ、オージュローなど、ナポレオンの誘いに応じて裏切った第一帝政の元帥は、他にもいます。
そのうちスルトは国外追放になっただけで、帰国後はフランス史上6人しかいない大元帥にまで出世しています。マッセナとオージュローも罰は受けたものの、パリに住み続けました。

しかしネイには、反逆罪で逮捕令が出ました。

彼は、田舎町に移るだけで国外亡命をしませんでした。時間的には十分できたはずです。妻も泣きながら懇願しました。
しかしネイは悠然とした態度をとり続けるのです。

ネイは逮捕収監され、軍法会議にかけられることになりました。
ところがネイは「自分は貴族院議員である」とこれを拒否し、貴族院で裁判を受けます。軍法会議であれば、彼を裁いたのはその武勇と人柄を知る戦友であったことでしょう。
彼らならばネイのために温情を見せたかもしれません。

しかし、貴族院の人々はそうではありません。
ネイの追い詰められた状況も、過去の輝かしい軍歴も、罪を軽くすることはありませんでした。

投票結果は、161票対139票で、死刑。
死を目前にして、彼は妻と4人の子に別れを告げます。

妻は泣きながらこう言いました。
「あなたの息子たちが、きっとあなたの仇を討つわ!」

しかし、ネイは我が子に、復讐よりも許す心を学ぶように伝えたのです。
内戦を嫌った彼らしい考えでした。

ネイの息子たち/wikipediaより引用

12月7日朝、ネイは刑場に引き出されました。
妻は恩赦を求めて王宮を目指していましたが、国王への面会はかないません。
そして処刑の時を迎えます。

ネイは目隠しを拒否しました。
「この25年間、私が銃弾と砲弾を、正面から見ていたことを知らないのか?」

彼は心臓の上に右手を置き、こう言います。
「兵士諸君! 私は撃てと命じる時、必ず標的の心臓をまっすぐ狙えと言ってきた! 命令を待て。これは私の最後の命令である。私は、私への判決に抗議する。私は何百回とフランスのために戦ってきた。だが一度たりとも祖国に背いてはいない……兵士たちよ、撃て!」

銃声が轟き、勇者の体を貫きました。46才で、彼は銃弾に倒れたのでした。

ネイの死/wikipediaより引用

 

後世の審判

愛すべき赤毛の勇者を殺したことに、フランス人は罪悪感を覚えるようになりました。

もっと悪い奴はいた。
殺されても仕方ない奴はいた。

ネイは生前、死刑判決を人と法ではなく、神と後世に委ねると言いました。

その結果、後世の人々は悔やむようになり、
「ネイ元帥は生きているんだよ!」
なんて生存説まで流れ始めます。

源義経のように、豊臣秀頼のように、彼の死を受け止められない人々はそんな噂と伝説で、心を慰めたのです。

1930年、七月革命でブルボン王家がフランスを追われると、人々はもはやネイへの思慕を隠すことはありませんでした。
彼は勇者として、再び人々の記憶の中から蘇ったのです。

今日も彼は、フランスの人々から愛すべき勇者として尊敬されています。

なんとも切ないネイの一生。
特に王政復古からのストレスは想像を絶するものだったハズです。

「鉄の檻に入れて帰る」なんて言ってしまったばかりに自分の動きを縛り、ルイ18世には必要以上に憎まれ。
挙句の果てには殺されてしまう。

真っ直ぐな性格ゆえに迎えた悲痛な死に様は、いつの時代も人々の胸に迫り続けるでしょう。

文:小檜山青

【関連記事】

ナポレオンの部下ミシェル・ネイの切なき一生~仏国のため粉骨砕身で戦うも最後は銃殺刑

& ...

続きを見る

【参考文献】

『フランス反骨変人列伝 (集英社新書)』(→amazon link

 



-フランス, 週刊武春

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.