イタリア 週刊武春

ルネサンスは強烈キャラのぶつかり合いから始まった!ギベルティとブルネレスキ

更新日:

どこまでも果てしなく広がる空に、どっしりと力強い大聖堂のクーポラ(ドーム屋根)。
青と煉瓦の鮮やかなコントラストこそ、まさに「イタリア」と呼びたくなる――。

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂は、フィレンツェのど真ん中に位置し、都市を代表する聖堂として、今なお観光スポットとしても名高い場所です。

世界に知られる「ルネサンス」も、まさにこの聖堂から始まりました。

1401年、聖堂に付属する洗礼堂の扉の受注を巡り、二人の天才(ギベルティとブルネレスキ)がぶつかり合い、さらにその十数年後、二人は再び聖堂の巨大クーポラ建造を巡ってあいまみえます。

フィオーレ大聖堂が見つめた、男の戦いとルネサンス始まりの物語――それは如何なるものだったのでしょうか。

 

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂

「トスカーナ一に美麗で大規模な聖堂を!」

1296年、そんな思いのもと、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の建造が始まりました。

市民の誇りをかけた大事業。
その意思は百年以上に渡って受け継がれ、ペストの流行や政治情勢などによる中断を挟みつつ、少しずつ建造は進められていきます。

1359年。
まず聖堂に付随する鐘楼が完成しました。

設計者の名を取って「ジョットの鐘楼」と呼ばれている建造物です。

ジョットの鐘楼(14世紀)/wikipediaより引用

次に目を向けられたのは、聖堂の正面に立つ八角形の建物、サン・ジョヴァンニ洗礼堂(写真手前)です。

サン・ジョヴァンニ・バッティスタ洗礼堂(手前)/wikipediaより引用

建物自体は12~13世紀に建てられ、礼拝堂として使われていた時期もあります。

14世紀には大聖堂建立に伴う改修も行われ、キリスト教徒にとって最初の重要な儀式である「洗礼」のための場所(洗礼堂)として使われることになったのです。

同洗礼堂が捧げられている相手は洗礼者聖ヨハネイタリア名ジョヴァンニで、フィレンツェの守護聖人でもある。

イタリア文学に欠かせない詩人・ダンテもフィレンツェ生まれであり、洗礼をここで受けました。

フィレンツェ市民にとっては、自らの原点にも近い、特別な場所となっているのです。

となれば
「この建物のために最高の扉を用意しよう」
と考えるのも自然な流れであり、誰に作らせるか?ということで話題になりました。

こんなとき手っ取り早いのがコンペ。
我こそは腕に自信あり――という職人・技師を募り、アイデアを競い合わせることにました。

1401年、扉の受注を決めるためのコンクールが開催されたのです。

 

そうだ、コンクールを開催しよう

フィレンツェのド真ん中に位置する洗礼堂――。
その仕事を成し遂げたとなれば、多大な名声を得られ、同時に富も流れ込んできます。

何としてもモノにしたい絶好の機会!

そんな熱い思いを胸に「我こそは」とエントリーしたのは7名おりました。いずれもトスカーナ地方で活動する金細工師や技師たちです。

彼らには、同量のブロンズがそれぞれ支給されました。
指定されたサイズの画面の中で、同じお題を表現し、出来上がった作品をもとに評価が決まります。

お題は『イサクの犠牲』です。

日本人にはあまりピンと来ないタイトルに思えますが、旧約聖書のエピソードの一つで、主人公アブラハムが、神の命令によって愛息イサクを生贄として捧げようとしたところ、寸でのところで天使が止めに入り、イサクは助かる、というお話です。

神様としては、アブラハムの信仰を試すためだったようですが(子供がPTSDを引き起こしそうなテスト内容が心配になったり……)。

このスリリングなシーンをどう表現するか。
人物や自然など、個々のモチーフをどのように如何に設定するか。

制作に与えられた期間はわずか一年でした。
その間、彼らは、時に試作し、時に他の人に意見を求めながら、1402年、ついに審査の時を迎えます。

 

激突!ギベルティ vs ブルネレスキ!

フィレンツェの威信をかけた大事業。
その一画に参加できるのは、コンペを勝ち抜いたわずか一人の選ばれし者です。

皆が勝負の行く末を見守る中、集まった三十数人の審査員たちによって、候補者は、二人にまで絞り込まれていきました。

決戦に残った二人とは以下の通りです。

◆ロレンツォ・ギベルティ

◆フィリッポ・ブルネレスキ

それぞれちょっと詳しく見ておきましょう。

 

ロレンツォ・ギベルティ

生没年:1381年頃~1455年(<天国の門>部分)

当時23歳。
職業は金細工師でした。

ロレンツォ・ギベルティ/photo by Richardfabi wikipediaより引用

参加者の中では一番の若手でした。
が、今回のコンクールで是非とも優勝を手にしたい、その気持ちは誰にも劣りません。

制作中も、審査に参加する人々から、通りかかった素人まで幅広く人を呼び止め、作品を見せ、意見を聞きます。
内容次第では、一から作り直すこともやぶさかではなく、要はマーケティングを行いながら、制作に反映させていったのです。

その作品が、こちらです。

ロレンツォ・ギベルティ『イサクの犠牲』1401年バルジェッロ国立美術館/wikipediaより引用

繊細で優美な作風。
登場人物たちの衣の襞、服の裾や祭壇には、よく見ると細かな模様が施されています。

人物たちの動きは少ないながら、全体的にバランスが取れていて、落ち着いておりました。

祭壇の上で膝立ちになり、父と視線を交わしながら、自分の運命を受け入れようとしているイサク。
苦悩しながらも、神の命令ならば、と刃物を突きつける父アブラハム。

そこに、上空から天使が現れ、声をかけています。

「アブラハム、もう良い、もう良いんだってば!」

 

フィリッポ・ブルネレスキ

もう一つの候補は、フィリッポ・ブルネレスキの作品です。

こちらも彼の略歴から見ておきましょう。

フィリッポ・ブルネレスキ/wikipediaより引用

生没年:1377年~1446年

当時24歳。
制作については、とにかく秘密主義を貫いておりました。

アイデアを盗まれるのが大嫌いで、全て一人で制作したのです(このスタンスは、生涯を通じて貫かれます)。

彼の作品は、とにかくダイナミック――その一言につきます。

フィリッポ・ブルネレスキ『イサクの犠牲』バルジェッロ国立美術館/wikipediaより引用

身をよじる少年に、今しも刃物を突き立てようとする父親。

そこに、
「駄目ーーっ!!
とばかりに、文字通り画面の外から突っ込んでくる天使が、父親の手首を掴み、力ずくでも止めます!!

ギベルティに比べて、緊迫感溢れる表現になっていますね。

 

「じゃあ、ワシ、優勝いらんわ」

ご覧の通り、二人は制作姿勢も作風も全てが対照的でした。

どちらを勝者とするか。
審査員たちは、頭を悩ませます。

好みから言えば、ギベルティ。
彼の作品の方が、ブロンズの量も少ないし、これから大きな扉を作ることを考えても経済的です。

しかし、ブルネレスキの表現力も捨てがたい。

どうする?
いっそ、二人とも優勝にして、共同制作させようか――。

そんな意見に傾きかける中、それに異を唱える人物が一人いました。
ブルネレスキ本人です。

「あの野郎と協力なんざごめんだ!やるなら、俺の単独で、だ!」

しかし、それが受け入れられないと、
「じゃ、いらんわ」
と、自ら優勝を辞退します。

彼にしてみれば、誰かの風下に立つのも並び立つのも、まっぴらごめんというわけです。

自分に自信がある分、ややもすると周りがバカに見えて仕方がない、といったところでしょうか。
困った人ですが、芸術家たるものそれもスタンスの一人かもしれません。

結果、扉はギベルティに一任され、約20年の歳月をかけて制作されました。

ブルネレスキは、このコンクールの後、ブロンズ彫刻から完全に手を引いてしまいます。

そして、新たなジャンル――建築で羽ばたくことを目指し、ローマに向かい、そこで古代の遺跡を研究しながら、飛躍の時に向けて力を蓄えるのでした。

 

プロジェクト:大クーポラを建造せよ!

1417年、聖堂造営委員会は、ついにプロジェクトにおける最難関に挑もうとしていました。

クーポラ(ドーム屋根の建造です。

大クーポラを乗せる案自体は、当初からありました。

直径46メートル(大事な数字なのでご記憶を)。
地上からの高さは107メートル。

現在の高層ビル10階建てと同じくらいです。
完成すれば、当時最大のものであり、まさにフィレンツェの国力を示すチャンス、一大モニュメントです。

しかし、それはあくまで「完成すれば」の話。

「どうすれば実現できる?」
「うーん……大きすぎて、想像もつかない……」

プロジェクト実現のため頭を悩ませる造営委員会たちは、再びアイディアを募集することにします。
『イサクの犠牲』同様、コンクールを行おうと考えたのです。

1417年――この時を待ち続けていた男がいました。
前回、自ら優勝を辞退したブルネレスキです。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-イタリア, 週刊武春

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.