日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

まり先生の歴史診察室 縄文・弥生・古墳時代

縄文人が貝ばかり食べてノロウイルス食中毒を起こしていた可能性ってアリ?

更新日:

 

「縄文時代の人たちって、貝を食ってて腹を壊したりしなかったんすかね? 以前、牡蠣に当たったとき、ものすごく辛い思いをしたんすけど、たとえば”ノロウイルス”とか昔からありましたよね?」
毎度のことながら、今回も担当編集さんから突然無茶ぶりをされました。
ノロウイルスは冬場定番の食中毒であります。医療の現場でもありふれた症状ですが、さてこれが縄文時代となりますと、実際にかかった可能性はいかほどなのか。
調べてみましょう!

貝の食中毒は『貝毒』と『ノロウイルス』

まず貝による食中毒を考える時に重要なのが『貝毒』。そして牡蠣の場合にキーワードとなるのが『ノロウイルス』です。

今回はまず、貝毒とは何ぞや?から説明いたしましょう。

貝毒とは、有毒性のプランクトンを貝(主に二枚貝)が餌として食べることによって蓄積し、これを食べた人が食中毒を起こすことを指します。貝そのものが毒を作ってる訳ではありません。そして、貝の食中毒としては全体の10%以下と件数は多くありません。

貝毒の種類としては下痢毒、麻痺毒、神経毒がありまして、日本では神経毒の報告はありません。が、熱で分解されにくいため、しっかり過熱をしても中毒が起きてしまうのが特徴です。

麻痺毒はフグ中毒と似た症状をおこし、最悪の場合は呼吸筋麻痺を起こして死に至ります。1973年にカナダのブリティッシュコロンビアに上陸した一行が麻痺性貝毒にやられた記録が残っておりますが、ここの原住民には発光プランクトンが増える夏は貝を食べることが古来よりのタブーとなっていたそうなので昔からあったのでしょう。

しかし、現代ほど赤潮(洗剤のリン成分などによる富栄養化が原因でプランクトンが異常増殖)が起こらなかったため、私としては『縄文時代の貝食中毒は少なかったのでは?』と考えております。

ちなみに、日本で市販されている貝は事前にチェックされていますので、心配せずに食べて下さい。

 

スポンサーリンク

ノロは低温環境に強く、人の小腸内で爆増する

担当編集の一休氏がどんな食あたりをしたか詳細は不明ですが、『冬場に牡蠣の生食をしてノロウイルスを体内に取り込み、ひどい下痢(場合によっては血便)と嘔吐』があったのではと推測します(編集部注:まさにその通りです)。

ノロウイルスは、下痢や嘔吐の原因となります。低温環境で長く生き延びるため、冬場に多く見られ、ヒトが感染すると小腸内で爆発的に増えて諸症状を引き起こすのです。また、ノロウイルスは吐物や糞便中に排出され、ヒトからヒトへ経口感染します。

ここで確認をしておきたいのですが、ノロウイルスは牡蠣単体では作られません。では、一体どこから来るのでしょう?

答えは、ヒトのウ◯コです。はしたなくてゴメンナサイ。でも、そうなんだから仕方ない。

もちろん、人間のし尿は施設で浄化してから河川や海へ流されますが、微量のノロウイルスは処理しきれずに残ります。それを、絶えず海水を飲み込み吐き出している二枚貝が内臓部分に蓄積させ、そして再び人のクチへと運ばれて発症するのです。

ノロウイルスは、しっかり過熱すれば死滅します。よって原因は生食となるわけですが、日本人がその対象とする二枚貝といえば『牡蠣』と『ホタテ』。ただし、ホタテは普通、内蔵を除いた貝柱部分を食すので、ノロウイルスによる食中毒が起こらないのです。

 

スポンサーリンク

縄文時代のウ◯コ処理 それが問題だ 

では、縄文時代はどうだったのでしょう。牡蠣によるノロウイルス食中毒は頻発したのでしょうか。

ここで考えなければならないのは、相反する2つの仮説です。

仮説①人口がわずかだったから海に流れるウ◯コが少なくノロも少ない
仮説②ウ◯コを浄化せずに流すからノロも多かった

さて、どちらでしょう? こればかりは何千年も前にタイムスリップしなければ詳細は確認できませんが、馬ちゃん先生の勘では①の方かなぁと考えます。

あやふやでスイマセン。が、縄文時代は、現代のような過食・人口密集という条件には当てはまらなさそうなので、前者が有力かなぁと思う次第です。

むろん、現在に比べて衛生観念が希薄なことや、冷蔵技術が未発達だったことを考えると、『普通の食中毒は多かった』と思います。残念ながら、食中毒は骨に残らないので、これも推測の域を出ないのですが。

三内丸山遺跡/Wikipediaより引用

三内丸山遺跡/Wikipediaより引用

 

貝は食べる部分が少な過ぎまして

あやふやな回答で終わるのもシャクなため、縄文時代の食生活についても調べてみました。

まず縄文時代のゴミ捨て場が『貝塚』と呼ばれることから「縄文人は貝を沢山食べていたのだろう。もしかして主食?」と思われるかもしれませんが実は違います。

ご存知のとおり貝塚からは貝殻・土器・動物の骨などが多く発見されています。

貝の種類はヤマトシジミを中心に、ハイガイ、アカニシ、シオフキ、ハマグリ、カキなど多彩。「じゃあやっぱり貝じゃん!」と思ったアナタ!…貝殻は後世に残りやすいでしょ。小魚などは骨も残さず食べていたと思いますし、そもそも山菜や木の実などは痕跡が残りにくいですよね。

縄文時代の食生活を書いた論文に「ドングリやクリなどの木の実や山芋などの根茎類は可食部分が70-85%と高く、カロリーも高い。一方、貝類は可食部がたったの15-25%でカロリーも低く非効率的だった。魚や獣肉はその中間。そこで縄文人は木の実や根茎類を中心として補完的に魚や獣肉を食べていた。」というものがありました。

ドングリやトチはそのまま食べることはできず、アク抜きをしてから調理していた模様です。

三内丸山遺跡の竪穴式住居/Wikipediaより引用

三内丸山遺跡の竪穴式住居/Wikipediaより引用

 

お肉に木の実や野鳥の卵を混ぜてハンバーグゥ!

縄文時代の食生活は基本的に採取によるものです。

春から秋は山菜、秋は木の実を取り、季節に応じた魚や貝、動物を狩猟し食べていました。そして驚くことに食料を保存する技術も持っていました。木の実は貯蔵庫に蓄え、肉や魚を干したり蒸したり、日持ちするようにしていたそうです。

縄文人の歯を見ると、江戸時代の人よりエナメル質の発達が良く栄養バランスのとれた食事だった模様。また、世界の他の狩猟民族と比べ虫歯率が高かったことから、炭水化物もそれなりに摂取していたと考えられます(ちなみに弥生時代になると稲作が盛んになり、さらに虫歯が急増します)。

そうそう、縄文時代の出土品の中には、獣肉に木の実を混ぜ、更に野鳥の卵まで入れて焼いた『ハンバーグ』があったそうです。おまけに『果実酒』を飲んでいたとも考えられるそうで・・・縄文人って、グルメすぎ!

まり先生の歴史診察室貝毒

イラスト・文/馬渕まり

【参考サイト】

http://www.oishi-kai.com/tyuui/syokutyudoku.html

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/貝毒

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/ノロウイルス

http://feis.fra.affrc.go.jp/HABD/TPS/HTML/page006.html

http://www.hucc.hokudai.ac.jp/~h21292/teacher/imai/16-7P-33.PDF

http://tatujin.net/noro-kaki.html

http://qnet.nishinippon.co.jp/medical/doctor/feature/post_673.shtml

http://ofgs.aori.u-tokyo.ac.jp/kawahata/chishitsu_news_n669_p11-20.pdf

http://www.gunmaibun.org/qa/faq/question04.html

http://www.enyatotto.com/outdoor/cooking/jyoumon/jyoumon.htm

スポンサーリンク

http://www.uraken.net/rekishi/reki-jp02.html

 

 





1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 史実の真田幸村とは?


3位 長篠の戦い 注目すべきは…


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?



井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正
伊達家 伊達政宗 伊達成実
最上家 最上義光 鮭延秀綱
毛利家 毛利元就 吉川元春
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
前田家
黒田家
北条家
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
浅井・朝倉家
立花&高橋家 立花宗茂
諸家
剣豪・武術・忍者
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い


-まり先生の歴史診察室, 縄文・弥生・古墳時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.