日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

まり先生の歴史診察室 織田家 鎌倉・室町時代

織田信長や本多重次も試したと伝わる『鉄火起請』 焼けた鉄の棒を握り、最悪の場合は敗血症で死に至る

更新日:

 

少し古くなってしまいましたが、大河ドラマ『真田丸』の第12回は衝撃的でした。

真っ赤っ赤に焼けた鉄の棒を主人公の真田信繁さんが掴んで、神様の元へ運……ぼうとした『鉄火起請』。あんなもの素手で握ったら、どの程度の火傷になるのかしら? 三谷幸喜さんもNHKさんも、随分と思い切ったシーンを描いたなぁ。

と思ったら、担当の編集さんがあっさり釣られてしまい、「あれってマジでやってたら、信繁の手はどうなってたんすか!? 今後、一生、使いものにならないですよね? ねっ、ねっ?」と興奮しきり。

「気になるんだったら、自分で握って試してみてくださいよ!」

とは言えず、今回のテーマとなりました。早速、本題へと参りましょう。

 

もともとは熱湯の中に手を入れる盟神探湯だった

『鉄火起請』とは神明裁判の一種です。

簡単にいうと正邪を神様に決めてもらおうという裁判方法の一つで、その起源は日本書紀の時代の『盟神探湯(くがだち)』まで遡ります。

応神天皇の時代、天皇の忠臣であった武内宿禰(たけしうちのすくね)が弟の讒言を受けた際、盟神探湯が行われたとの記載がありまして。神に潔白を主張した後に煮え立つ湯に手を入れ、正しい者は火傷を負わず、偽りのある者は大火傷をするという判定方法で裁かれたのでした。

結果、武内宿禰は勝負(?)に勝ち、その場で弟を討ち果たしたそうですが、この人自体、存在が架空と考えられるので本当に盟神探湯が行われたかどうかは不明です。

また日本書紀には、仁徳天皇の第四皇子である允恭(いんぎょう)天皇が氏姓の乱れを正すために盟神探湯を行ったという記述もあります。ショーン某ではありませんが、自分の姓を詐称して高貴な姓を名乗る輩が増えたため、選別をすべく神明裁判を行ったのです。

このとき自分に偽りがないものは進んで盟神探湯を受けて無傷。一方、嘘をついていた者は手に大火傷を負ったため、身に覚えのある者は怖くて盟神探湯を躊躇し、嘘が露見したそうです。そしてこれ以降、嘘の姓を名乗る者がいなくなり秩序が戻ったという言い伝えです。

むろん、正直だから火傷をしないなんてワケがありません。重要なのは“嘘つきがびびる”というところなのです。これを理解しない施政者が言葉通りに盟神探湯を行うと大火傷を負ったり死ぬ者が出ます。6世紀前半に近江毛野臣は盟神探湯を行いまくり、火傷で死ぬ者が多数出たようです。ナム。

 

スポンサーリンク

鎌倉時代の参籠起請は鼻血が出たらアウト!

さて、この神様に判決をゆだねる裁判ですが、実は日本書紀の記述を最後に室町時代まで一旦なりを潜めます。

鎌倉時代にも神に審判をゆだねる「参籠(さんろう)起請」がありました。

が、これは誓いを立てて神社や寺に籠もっている7日間または14日間に身体や家族に異変が起こらないかで正邪を問うものです。異変があれば神罰、仏罰が下ったということで有罪とされました。

では何を持って異変とするか?

鎌倉幕府のオフィシャルな法では、「鼻血」にはじまり「起請文を書いた後の病気(ただし、元からあった病気を除く)」や「鳥に糞をかけられる」、はたまた「ネズミに衣装をかじられる」などなど。結構細かい注釈もあり「身中よりの下血」を例に取ると、「ただし爪楊枝での出血除く」、「女子のアレ」も除く、「痔もオッケー」など被疑者に優しい内容となっております。

この参籠起請の欠点は、判定までに7~14日と時間を要する点でした。

これがもどかしく感じたのでしょうか。室町時代には判定が手っ取り早い「湯起請」が行われるようになります。犯人とされる者、または村境などの紛争を解決する場合はそれぞれの代表者が煮えたぎる湯に手を浸け、火傷をするか否かで正邪を問うやり方です。

直後に火傷が認められない場合は手に袋をかぶせて3日間留め置き、手に変化がないかを観察。ここで変化がなければシロ、あればクロです。

そんなもん全員火傷するに決まってるだろ! と、お思いでしょうが、湯の温度によっては火傷をせずにすむようで、統計を見ると確率はなんと五分五分で、引き分けとなる場合もあったようです。

そして戦国時代に入りますと、湯起請に代わり、もっと危ない裁判が登場してきます。

そう、真田丸に出てきた「鉄火起請」です。

 

スポンサーリンク

信長だけじゃなく鬼作左と呼ばれた本多重次も試していた!?

鉄火起請は、焼けた鉄片や鉄斧を手のひらに載せ、神棚まで運ぶ裁判です。手のひらに起請文や牛王宝印(ごおうふいん・熊野の護符)を載せた上で、焼けた鉄を置くこともあったようです。

有名な例が「信長公記」でしょうか。あの織田信長さんが自ら鉄火起請を行った話も出てくるのです。

盗みを働いた池田恒興の部下が、鉄火起請に失敗したにもかかわらずうやむやにしようとしたところに信長登場、ババーン! 「俺が鉄火起請に成功したらそいつ成敗な?」で信長見事に大成功し、恒興の部下を成敗したったというお話です。

また、家康の配下で「鬼の左作」とあだ名された『本多重次』にも鉄火起請の逸話があります。

享禄2年(1529年)、本多重正の子として生まれ重次は、三河三奉行の1人として行政に力を発揮しただけでなく武将としても勇猛果敢でした。やることもいちいち大胆で、天正14年(1586年)の家康上洛の際には人質として差し出された大政所(秀吉の母)の世話役を任され、寝所の周りに薪を積んで家康になにかあれば焼き殺すポーズで秀吉を牽制したほどです。

家康にもズバズバ物を言っていたようですが、その分信頼も厚く、家康が正室築山殿のお女中に手をつけて身籠もらせたとき、その女中を匿ったのが重次でした。結城秀次が無事に生まれたのは重次のおかげだったんですね。

怖いイメージのある重次ですが実直な人柄で、家族思いの一面もあり、長篠陣中から妻に宛てた手紙は『一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ』の日本一短い手紙として有名です。

さてこの鬼左作の鉄火起請ですが、織田と徳川の家臣の間でもめ事がおこり、信長の提案で鉄火起請による決着をつけることとなった話に登場します。

岡崎の伊賀八幡宮の社前で、家康自らに勝栗をもらった重次は奮起、火傷1つすることなく鉄火を成し遂げたのです。作り話だろうなぁ……と思ってしまいますが、重次ならあるいはマジであるでは?と思ったり。

他には、その昔、横浜市と川崎市の市境で揉めた時に、鉄火起請が行われ、川崎市側の早野が勝ったなんて記録もあるそうです。日頃から横浜からバカにされている川崎の皆さま、この話で反撃したら良いかもしれませんよ。

福井県坂井市にある本多重次の歌/wikipediaより引用

 

現代医学でも手足の火傷は重傷とみなされる

さてさてここで「鉄火起請をするとここまで火傷をする!」という話を書きたかったのですが、さすがに検証は難しい事例であります。

一般的な火傷の話から連想させてください。

まず、高温により身体が損傷をうけることを医学的には「火傷」あるいは「熱傷」と呼びます。

火傷は臨床的な予後の観点から皮膚への進達度によってⅠ度からⅢ度に分類。Ⅰ度は表皮表層のみで赤くヒリヒリする程度で、Ⅱ度は水疱形成するものですが、深さで表皮表層のみのⅡsと表皮真相までのⅡdに分類されます。

火傷するとめちゃくちゃ痛いイメージがありますが、実はⅡdまでいきますと知覚麻痺が起こって、あまり痛くありません。

さらに、火傷が真皮以上に達すると、熱傷壊死でⅢ度となりケロイドが残ります。

Ⅱd以上の火傷の場合は治療に植皮を検討します。重傷度は深さと範囲によりますが、手足に火傷がある場合は後遺症を考え重傷と見なします。手に火傷を負わせる湯起請、鉄火起請はやっぱり過酷なんですね。

こうした症状に対する応急処置は、とにかく冷やすことです。皆さま、ご家庭でのちょっとした火傷でも、最低20分くらいは冷やして下さい(湯起請だと冷やせないですけどね)。

これは私の経験ですが中学生の頃、理科実験の片付けをする際、ガスバーナーで熱されたスタンドに腕が当たったことがあります。火を止めてから数分以上経過していたと思いますが、一瞬にもかかわらず水疱が破れる火傷となりました。ヒリヒリいたかったのでおそらくⅡsの火傷と思うのですが、ガチに焼けた鉄だともっとひどいのでしょうね。

鉄火起請

 

火傷した皮膚はたやすく感染してしまう

火傷した皮膚はバリアが破壊された状態なので感染しやすい状態あります。現代でも火傷から感染、敗血症で命を落とすこともあるのです。

いまより衛生状態が悪く、碌な治療がなかった戦国時代では尚更でしょう。

運良く一命を取り留めても瘢痕で強張った手では農作業もままなりません。そのため鉄火起請の取手になった者には村が農作業の手伝いや生活を保障してやるといった配慮がなされることがありました。

幸いにして17世紀半ばに徳川政権の基盤が固まると、あやふやな裁判方法である鉄火起請は姿を消しました。

代わりに「鉄火巻き」が編み出された……という冗談でお茶を濁そうと思ったのですが、案外、なんらかの由来があったりして!? お粗末様でした。

 

文/馬渕まり(忍者とメガネをこよなく愛する歴女医)
本人のamebloはコチラ♪

 

【編集部より】

アマゾンの戦国本ランキングで1位に返り咲いた、まり先生の初書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』が発売中です!

yahoo楽天でも定価1,728円(1,600円+税)発売しておりますので、皆さまご愛顧よろしくお願いしますm(_ _)m

 

【参考】

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/火起請

http://wattandedison.com/Himeno.pdf

http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000283.html

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E5%A4%9A%E9%87%8D%E6%AC%A1

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%B1%E5%82%B7

スポンサーリンク

http://www.jsbi-burn.org/members/guideline/pdf/guideline2.pdf

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-まり先生の歴史診察室, 織田家, 鎌倉・室町時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.