日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

まり先生の歴史診察室 画家

イケメン画家が自分の血液でルネッサ~ンス♪ ラファエロを襲った瀉血の悲劇

更新日:

 

お尋ねします。皆様は「ルネッサンス」というと何が頭に浮かびます?
…………わかってます。大半の方は、ひげ男爵さんのアレでしょう。ワタシだってこの言葉を原稿に記しているときは、頭の中に必ず響き、しかもしばらく続いてしまいます(´・ω・`)

むろんルネッサンスとは、貴族ではなく、ワイングラスを鳴らすことでもなく、本来は「古典文化の復興運動」という意味があり、代表的な人物としてレオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロが挙げられます。美術に興味のない方も、この2人の名前はご存知でしょう。

しかし、『ルネッサンスの三大巨匠』と呼ばれながら、なぜだか日本では知名度の低い芸術家がおります。
それがラファエロです。
彼もまたルネッサンス期を代表するイタリア人画家・建築家であり、その作品は、写実的で優美な曲線が特徴。幼いキリストと母マリアの聖母子が得意なために『聖母子の画家』とも呼ばれました。
今回のテーマは、このラファエロさんと「瀉血」です。

『 ベルヴェデーレの聖母(牧場の聖母)』/wikipediaより引用

ラファエロの『 ベルヴェデーレの聖母(牧場の聖母)』/wikipediaより引用

 

君主や貴族を通じて社交性を身に着けた

ラファエロは1483年に、イタリアの都市国家「ウルビーノ公国」で誕生しました。
お父上も公国の宮廷画家で、ほかにも詩を書いたり、舞台の演出をしたり、マルチな人だった模様。同国は政治力の弱い小国だった代わりに、文化的には高い評価を受けていたんですが、彼の一族もそこに貢献していたんですね。

ラファエロもまた、同国の君主や他の貴族との生活を通じて、洗練者されたマナーと社交性を身に付けました。
特に、絵の才能は幼い頃から片鱗を見せていて、父の配慮で画家ペルジーノの工房に弟子入り。徒弟期間を終えたラファエロはフィレンツェなどに滞在した後、教皇ユリウス2世の招きによりバチカンの宮廷画家となりました。

そして25歳から37歳で亡くなるまでローマを拠点に活動したのです。

 

スポンサーリンク

性格のよい美男子……って、リア充にも程があろう!

ラファエロは性格も良く、美男子でした。
また育った環境から上流階級との付き合いも上手く、仕事の注文にも柔軟に対応したことから、多くのパトロンを持っていました。

例えばウルビーノの公子も、フィレンツェに滞在するラファエロのため、行政長官にこんな手紙を書いています。
「この手紙を持参するラファエロは芸術的才能に溢れています。フィレンツェで修行をするとのことです。父親も尊敬すべき人物で、彼自身も礼儀正しく聡明な青年です。私もラファエロは愛すべき人物と思っております」
君主がわざわざ手紙を書いてくれるということは、相当に可愛がられていた証拠ですよね。

ラファエロはローマ教皇にも気に入られ、ユリウス2世の注文でヴァチカン宮殿にある教皇専用図書室の装飾画を手がけました。
ユリウス2世は途中で死去してしまいますが、次のレオ10世とも良好な関係を築き、その庇護下で制作を続けます。このとき「署名の間」に描かれたフレスコ画はラファエロの最高傑作と言われています。

かくしてラファエロは若年ながらローマで大きな工房を経営するに至り、弟子の数は50人を超えていました。弟子を育てるのも上手く、工房からは著名な画家が数多く輩出されました。

 

スポンサーリンク

最愛の恋人はパン屋の娘 身分の違いから結婚できず

さて、顔が良くて性格が良くて社会的地位もあるラファエロが女性にモテない訳がないですよね?
えぇ、それはもうモテモテです。そしてラファエロ自身も女好きで、流した浮名は数知れず。現代のイタリア人を辿るとかなりの確率でラファエロにたどり着く……というのは冗談ですが、当時からそういう伝統だったのかもw

ラファエロは生涯独身ながら、婚約者はおりました。1514年、友人であった枢機卿メディチ・ビッビエーナの姪マリアがその相手です。この婚約は友人に押し切られた結果でラファエロ自身はあまり乗り気でなかったようです。

しかし、結婚に踏み切れないうちにマリアは病気でこの世を去ってしまいました。ラファエロが結婚を渋っていたのは、枢機卿(独身でないとダメ)になる野望があったとも言われていますし、1番の恋人であるパン屋の娘 マルガリータ・ルティの存在があったからとも考えられています。
ラファエロはマルガリータを愛していましたが身分の違いで結婚できなかったようですね。そういう意味では、単なる遊び人とも言い切れないのかも。

%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a8%e3%83%ad

 

ジョルジョ・ヴァザーリの本に書かれた死因は瀉血らしい

人生絶好調のラファエロさんですが、『キリストの変容』を作製中の1520年4月6日に早世してしまいます。
この日は彼の37歳の誕生日でした。また、この年の聖金曜日であったためラファエロは神格化されました。死んだ瞬間、ヴァチカン宮殿にヒビが入ったという伝説もうまれました。

では、その死因はなんなんでしょうか。

ジョルジョ・ヴァザーリが書いた本には以下のように記されております。
『マルガリータ・ルティとの過度な情事が原因で熱病に罹患したが、体調を崩した理由を主治医に説明しなかったため誤った治療を受けたことが死因』
過度な情事って、いったい何したのよ!?
他にも、性病で死んだとか過労とも囁かれておりますが、いずれにせよお疲れだったのは確かなようで。

医師の目から最も気になるのは、誤って行われたという治療です。
なんでも当時のお医者さんは『瀉血(しゃけつ)』をしたようなのです。

実は中世の病気について調べていると、やたらと『瀉血』という言葉を目にします。せっかくの機会なので、今回はこれを詳しく説明しておきましょう。
前置き、長っ!w

 

起源は古代ギリシャから 床屋に引き継がれる

まずは「瀉」という文字を辞書で引いてみましょう。

1.流れそそぐ
2.からだの外に流し出す

これで大体お察しいただけると思いますが、瀉血とは「身体から血を抜く」という治療法なんですね。
って、怖いですよね。主に行われていたのは、中世~近代にかけてのヨーロッパや初期のアメリカ合衆国でしたので、西洋医術もまだまだ現代化する前のこと。
元々は、皮下に溜まった膿や古い血液を排出させるため、創傷を再切開することに由来するそうで、起源をたどると古代ギリシャになるようです。

中世のはじめ頃は、修道士が瀉血を行っていました。
そして12世紀に法王がこれを禁じると、瀉血は「床屋」に引き継がれます。

最近あまり見なくなりましたが、床屋さんの前には、赤、白、青がクルクルと回る「サインポール」がありますよね?
あれって、元は2色の赤と白で、赤は血液、白は包帯を示しておりました。ポール状であるのは、瀉血の時に握る駆血棒を表しているそうです。

名称は「サインポール」だそうです/wikipediaより引用

名称は「サインポール」だそうです/wikipediaより引用

 

「熱が出たら瀉血」「咳が出たら瀉血」「下痢したら瀉血」

さて、最初のうちは、傷や骨折、皮膚の炎症や頭痛に対して行われていた瀉血ですが、時代が下るにつれて伝染病や敗血症、果ては循環器障害にまで積極的に使用されるようになりました。
「熱が出たら瀉血」
「咳が出たら瀉血」
「下痢したら瀉血」
こんな風に何にでも瀉血をする医者がたくさんいたそうです。無意味を通り越して、さすがに有害ですね。当時は不衛生だったため、瀉血の切開部が感染症を起こすことも多かったようですし、体力が落ちた患者に瀉血を行い、消耗して死ぬケースも稀ではなかったのこと。ガクブルですね!
瀉血にトドメを刺された有名人としては、ラファエロの他にモーツアルトやジョージ・ワシントンなどがあげられます。

一世を風靡した瀉血療法も、18世紀に入ると廃れて参ります。
「なんか消耗しちゃうし効果ないんじゃない?」
そんな風にようやく気がついたのですね。随分と長い時間がかかったことですが、当時の医療の進歩状況では仕方ないのかも。

現代では、赤血球が増える「真性多血症」や臓器に鉄が沈着する「ヘモクロマトーシス」に対し瀉血を行うことがありますが、普通の病気を瀉血で治すことはありません。

 

死が2人を分つとも、壁画の中で永遠に愛は続く

死因は何であれ、ラファエロが瀉血から数週間のうちに死亡したのは事実。
葬儀は盛大に行われましたが、身分の低かった恋人マルガリータは参列を許されませんでした。

しかしラファエロの死後60年、彼の私物から「若い女性を描いた1枚の絵」が見つかりました。ラファエロがずっと手元に置いていたこの絵のモデルは恋人マルガリータと言われています。
また、先に述べましたヴァチカン宮殿の「署名の間」にある壁画『アテネの学堂』には、プラトンやアリストテレスなど古代ギリシャの著名人が描かれています。ラファエロは同世代の画家ダ・ヴィンチとミケランジェロに敬意を表し、壁画に描かれた人物のモデルにしています。

そしてこの絵、隅っこに小さくラファエロ自身が描かれているのですが、同じ絵の反対側には、なんと恋人マルガリータの姿が……。

現世では結婚できなかった2人は、500年の時を経て今も同じ壁画の中に生きているのです。なんとなくラファエロがモテモテだった理由が分かるような気がしますね!

 

文/馬渕まり(忍者とメガネをこよなく愛する歴女医)
本人のamebloはコチラ♪

【編集部より】

アマゾンの戦国本ランキングで1位に返り咲いた、まり先生の初書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』が発売中です!

yahoo楽天でも定価1,728円(1,600円+税)発売しておりますので、皆さまご愛顧よろしくお願いしますm(_ _)m

スポンサーリンク

【参考】
ラファエロ・サンティ/wikipedia Epitome of Artists ルネサンスの天才達 日経おとなのOFF 世界史の窓 瀉血/wikipedia サインポール/wikipedia





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-まり先生の歴史診察室, 画家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.