まり先生の歴史診察室 江戸時代

「歴女医の私もJIN-仁-になれる?」江戸~明治時代の医者事情

投稿日:

小学生の時は、暴れん坊将軍と結婚する話を想像しながら寝るのが日課だった私。

今回は江戸時代に飛び、仁先生よろしく『江戸にタイムスリップしたらどうする?』を書こうと考えました。

が、色々思いを巡らせておりますと、糖尿病内科は江戸であまり役にたちそうにないとの結論に至り……いや、そもそも江戸時代ってどうやったらお医者さんになれたんでしょうかね?

ピキーン!

そんなわけで今回は、江戸時代の医療事情を鑑みながら、明治時代にかけての『医者になるには?』をテーマにお送りいたします。

 

「俺が医者だ!」と名乗れば医者

日本に大陸から医学が入ってきたのは5世紀のことです。

701年の大宝律令にも医者についての法律が定められていますが医者になるための試験が初めて行われたのは明治8年のこと。それまではどうやったら医者になれたのでしょうか?

答えは簡単、「俺が医者だ!」と名乗れば医者でした。
無経験でも医者になれたわけですね。

 

稀に腕の良い町医者が藩医になることもあった

とまぁ、いきなりざっくばらんなお話を始めてしまいましたが、江戸時代の医者は大きく2つに分けることができます。

朝廷や幕末、大名に仕える医者と、市井で開業した町医者です。

幕府に仕えた『奥医師』や、藩所属の『藩医』は基本的に世襲でした。ただし、奥医師になるには学校(幕府が作った医学館)と試験があり、稀に腕の良い町医者が奥医師や藩医になることも。

藩医は、武士の格をもつ世襲の医者(士席医師)と、下級武士または民間出身の医者(軽輩医師)に分かれていることが多かったそうです。そして士席医師の中で優れたものが藩主の主治医となりました。

歴史に名を残した藩医も多く、解体新書で有名な杉田玄白は【若狭国小浜藩】、前野良沢は【豊後国中津藩】の所属です。麻酔で有名な華岡青洲は紀州藩の藩医ですね。

江戸のお医者さんと言えばこの御方ですな・・・/Wikipediaより引用

江戸のお医者さんと言えば杉田玄白?/Wikipediaより引用

 

籠に乗っていたら名医です!

一方の町医者は名乗れば誰でもなれたとはいえ、腕の悪いニワカ医者には患者が行かず潰れたことでしょう。

町医者になるには、通常、師匠の元で10~20年の修行をこなし、代診を経てから独り立ち。
評判がよく、多忙な者は、奉行より籠に乗ることを許され『乗物医者』となりました。

ちなみに医者は武士でなくても名字帯刀を許され、それが目的でなる人もいたようです。

TVドラマ『大岡越前』で竹脇無我んが演じた小石川療養所の医師も「榊原伊織」という名字があり、刀も差していましたよね。

少し話がそれてしまいますが、腕の悪い医者を藪医者(やぶいしゃ)と言いますね。
語源には諸説ありますが、面白いものを1つご紹介します。

昔、丹波国、養父(やぶ)に大変な名医がいました。その評判は広く伝わり多くの弟子もいました。

が、この評判を悪用した、腕の悪い自称「養父医者の弟子」が続出したため、いつの間にか「やぶ医者」が腕の悪い医師を指す言葉となったそうです。落語話には藪医者以下の『筍医者』も出てきます。

 

野口英世も通った医術開業試験

明治時代に入ると日本の近代化は急速に進み、明治8年から「医術開業試験」が始まりました。

医療の教育機関を出ていなくてもこの試験に合格すると医師免許がもらえたため立身出世の糸口となり、野口英世も取得しております。一方で、この時代に大学や医専を出た人は無試験で医師免許が交付されました。

明治時代の後半になり医療教育機関の卒業生が増えてくると、学歴を問わずに医師免許をあたえるこの試験は廃止。
大正5年からは官立、公立、または文部大臣が指定した私立の医学校を卒業するか(卒業で医師免許取得)、それ以外の私立医学校+医師国家試験合格が医者への道となります。

終戦後は、昭和21年から医師国家試験が始まり、6年間の医学部を卒業した後、国家試験に合格した者に医師免許が交付されるようになりました

まり先生の歴史診察室江戸の医者

ちなみにですね、医師国家試験は出題範囲が『医学全般』なので、将来は耳鼻科と決めてる人でも内科、外科、小児科、産婦人科、眼科……(多いので省略)全範囲を勉強しなければいけません。

合格率は80-90%と決して低くはないですが、落ちたら1年後の試験まで国試浪人になるので、私もホント必死で勉強しました。

試験の内容はもう忘れましたが、帰りの電車で飲んだビールが最高に美味しかったことは今も覚えております(・ω<)

文/馬渕まり(忍者とメガネをこよなく愛する歴女医)
本人のamebloはコチラ♪

戦国診察室表紙

戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪

【参考】
お江戸の科学
くすりの博物館
藩医/wikipedia
奥医師/wikipedia
藪医者/wikipedia
医術開業試験/wikipedia
江戸後期の社会と生活
養父市

 



-まり先生の歴史診察室, 江戸時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.