歴史戦国ジャンルでアクセス日本一!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

愛されOLの歴史ネタ帖

愛されOLのたしなみ 『都道府県別 上司が喜ぶ歴史のネタ帖』 第3回 滋賀県

更新日:

 

愛されOLを目指す皆さま、こんにちは。「都道府県別・上司が喜ぶ歴史のネタ帖」の時間です。

「普段の私が歴史サイトで何をしてるのか?」

って尋ねられたので、ちょっとだけ説明させていただきますと・・・。たとえば、新聞紙カブトをかぶって、初心者向けに合戦の話をするイベント「名古屋歴史ナイト 」なんかを主催しております。

こんな感じで歴史を楽しんでまーす♪

こんな感じで歴史を楽しんでまーす♪

 

幸い、3月7日開催の第5回「小牧・長久手の戦い」は、3日でチケット完売。増席したらそれもすぐに埋まるという、嬉しい異常事態となりました。

超初心者が安心して参加できるイベントとして認知されているらしいのです。

ありがたいですねー。来て下さる方や、常連さんに大感謝です!

 

てなわけで本日も、上司との会話をちょっとだけ盛り上げる「初心者用の歴史会話」をお伝えしていきます。

第3回は滋賀県編です!

 

琵琶湖以外も実は京都に負けていない!?

さて、前回の岐阜県は、地元民の皆様から「面白かった」と反響を頂きました。特に東濃の岩村城を触れるあたりが、軽く嬉しいところだったようです。

すると「飛騨の内ヶ島氏理もお忘れなく」というお声も。端折ってスミマセン・・・こういうツッコミは大変嬉しいですね。

今回は滋賀県長浜市出身の歴史雑談録さんに情報提供のご協力を頂きました!ありがとうございます。

さっそく滋賀県出身の上司に喜ばれるネタをご紹介していきますよ~。

 

その1「あの近江商人の滋賀県ですか」

近江商人という言葉は、ご年配の方やビジネスマンにはたいそう喜ばれるはず。なぜなら近代商社の原型であり、経営のお手本だから。「買い手よし、売り手よし、世間よし」の「三方よし」の理念は、多くの経営者たちに愛されています。

トヨタ自動車、大丸、高島屋、伊藤忠商事、ヤンマーなど名だたる企業は近江商人の流れを汲むと言われています。そんなトップクラスの日本の企業の元が近江商人であることを、誇りとして思わない人はいないのではないでしょうか。

というわけで、滋賀県出身の上司を見かけたら「近江商人の滋賀県ですか」と話しかけてみましょう。さまざまな近江商人についての知識を、快く教えてくれると思います。

 

その2.「やっぱり石田三成ですよね!!」

滋賀県出身の方に会ったら、石田三成が好きだとアピールしてみましょう。三成は秀吉政権を支えた武将であり、滋賀県においては秀吉とならぶスーパースターです。

また、石田三成の出身地かつその発展に大きく寄与しており、特に出生地である長浜市石田町は三成ファンの中でも「聖地」と呼ばれているそうです。きっと関ヶ原の戦いの話題が出たら、西軍を推すに違いありません。

ちなみに2016年の大河ドラマは真田幸村がテーマですが、彼との友情も歴史ファンが好むエピソードです。全く歴史がわからないという方は「石田三成ですよね!!」とだけ言ってみましょう。あとは、自動的に郷土のヒーロへの想いを語ってくれるはずです。

※なお、滋賀県は三成だけでなく、京極高次、浅井長政、蒲生氏郷などの人気武将も数多く輩出しておりますので、その辺の名前を足してみると更にオススメです!

azai

近江一の人気を誇る浅井一族は、後に豊臣や徳川へ血筋を残すなど、影響力は計り知れません

 

その3.「安土城がある滋賀県ですか!」

安土城は織田信長が建てた城で、絢爛豪華な幻の城としても有名。信長晩年期の城で、自身の権威をアピールする政治的な意味合いが強い城と言われています。

当時の天下人・織田信長が居城した城として、滋賀は日本の中心地だったとも言えるでしょう。

実はこれに限らず滋賀県は有名な城が多いです。ひこにゃんでおなじみの彦根城をはじめ、長浜城、観音寺城、小谷城、横山城、佐和山城などなど・・・。たくさんのお城があり、有名城の多さも県民の誇りです。

nagahama

かつて豊臣秀吉の本拠地だった長浜城。現在は博物館ができている

 

4.お寺の割合が日本一なのは滋賀県ですよね!

宗教統計調査によると、人口10万人あたりの寺院数は、滋賀が京都よりも多い日本一だったりします。

世界文化遺産であり、多くの僧侶が修行に来ることで有名な比叡山延暦寺があるからなのかもしれませんが、滋賀県出身でも意外とこのデータは知らない方も多いのかもしれません。

京都に勝ってると匂わせながら、「滋賀県はすごいですよね」と言ってみましょう。もしかしたらお寺にまつわるエピソードなども教えてくれるかもしれません。

 

5.(上級者編)「瀬田の唐橋を制するものは天下を制す」の滋賀県ですよね!

滋賀県編を書くに当たり、歴史雑談録さんに教えていただいたところ「大津は京都が近すぎて地元意識が薄いかも。大津なら武田信玄の遺言にある「瀬田の唐橋」のほうが嬉しいかもしれません」という情報をいただきました。

瀬田の唐橋とは日本三名橋のひとつで、歌川広重(安藤広重)の浮世絵「近江八景之内」の「瀬多夕照」に描かれた場所です。壬申の乱など、多くの歴史を変える戦が行われたことから「唐橋を制する者は天下を制す」と言われたほど。

信玄の遺言とは、上洛の夢を果たせなかったことへの思いを「瀬田の唐橋に我が風林火山の旗を立てよ」と死に際に言った有名な逸話のことですね。滋賀というアイデンティティをくすぐるかはわかりませんが、「君、良く知ってるね!」と言われること間違いなしです。

 

まとめ

いかがでしたか。基本的に「近江商人の滋賀県」が最も現代人に刺さると思います。戦国的な話をふる場合は、やはり石田三成がオススメ。実は戦国時代は滋賀県のほうが、京都よりもエピソードは豊富なのです。

そのことも、きっと滋賀出身の方は嬉しいに違いありません。おためしあれ!

odani

織田信長を裏切り、大いなる歴史の一幕を作った浅井長政。その居城としていたのが滋賀県の小谷城です

 

◆このコーナーでは、みなさんの情報を絶賛募集しております。

「わが町はこの歴史ネタが嬉しい」という地域の鉄板歴史ネタを教えてやってもいいという方、ぜひ教えてください!

連絡はカツイエ.comお問い合わせフォームまで

 

文:北村美桂
岐阜県出身のライター。柴田勝家ファンが高じて「カツイエ.com」というユルい 戦国ブログを運営。初心者向け&参加型歴史イベント 『名古屋歴史 ナイト』 を、歴史教師の免許を持つ小林ハカセと主催中。新聞紙カブトを被ることがお約束で、テレビ、新聞、ラジオ等でも取り上げられる。

 

カツイエ

 

北村美桂の記事

当サイトで実験しました

「漫画家の富永商太さんに「歴史復元画家」の仕事について聞いてきました!」




スポンサーリンク


 

 





動画配信サービス・主要7社
当サイトで試してみました


注目!西郷隆盛2番目の妻
愛加那(とぅま)とは?


1位 朝ドラまんぷくモデル
安藤百福50歳からチキンラーメンを開発!


2位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


5位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


6位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


7位 四国の覇王!
長宗我部元親の生涯とは


8位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


9位 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


10位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


注目! 日米修好通商条約の真実
タフネゴシエーター岩瀬忠震


-愛されOLの歴史ネタ帖
-, ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.