歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

愛されOLの歴史ネタ帖

愛されOLのたしなみ 『都道府県別 上司が喜ぶ歴史のネタ帖』 第4回 茨城県

更新日:

愛されOLを目指す皆さま、こんにちは。「都道府県別・上司が喜ぶ歴史のネタ帖」の時間です。

今回のスポットは茨城県!

ご協力いただいたのは茨城県古河市で学生時代を過ごした、デザイナーでありイラストレーターの小太刀御禄(こだちみろく)さん(以下、みろくさん)です。古河の非公認ご当地キャラクター「こがにゃんこ」の作者さんなんですね。

もちろん歴史愛にもあふれているので、今回の取材も大変快く、そして丁寧に教えて下さいました。おかげさまで、私は茨城の歴史に興味津々となりましたよ~!!


茨城メモ
茨城県は国土面積
県面積全国ランキング21位(1位は北海道です)
名産品はご存知納豆をはじめ、メロン、鯖などさまざまなものがあります!

県域は
県南(つくば市など)、県央(県庁所在地の水戸市)、県北(日立、ひたちなか市など)、鹿行(鹿嶋市など)と広義では4分に、経済的には県南(つくば市など)、県西(古河市など)に2分にされます。

結構、広いですよねーー!!! では早速行ってみましょう!

 

その1・(基本編) あの水戸黄門の茨城県ですか!!

歴史的にはやはり国民的時代劇「水戸黄門」の水戸光圀の出身地であることは外せません。これは他県民でも知ってますよね!

黄門様は、徳川御三家の一つ水戸藩にして初代藩主・徳川頼房の三男水戸光圀さま。名君としても有名ですが、歴史書「大日本史」の編纂など、現代に影響を与える事業を行ったことも有名です。そんなスーパー藩主、水戸光圀の話題は、茨城県の歴史好きの方は喜んでお話してくれるはず!

みろくさんによると「(細かくエリアを設定すると)茨城は水戸と中心とする常陸国と、かつては下総国だったところが多い県西地区と大きく分けた場合、常陸国の方は、特に水戸徳川(水戸黄門、徳川斉昭)の話で盛り上がれると思います」という情報が。

 

スポンサーリンク

その2・(県西・古河市の方を見かけたら) 雪の殿様ですよね!!

はい。雪の殿様って誰!? というキョトン顔、私には見えますよー。だって書いてる私も知りませんでしたから。

雪の殿様とは、土井利位(どいとしつら)さんのこと。

日本で初めて雪の結晶を顕微鏡で観察した人で、古河市で「雪の殿様」といえば、「ああ、土井利位ですか!!」となるほどメジャーなのだそうです。なんでも「許我(こが)かるた」という郷土かるたに載っていた影響でよく知られているようです(市町村合併により現在は廃止)。

それを証明するかのように、最近では土井利位と家老の鷹見泉石をモチーフとしたご当地キャラ「こがにゃんこ」が生まれ、県西エリアの方、特に古河市の方は愛着が深い人物のようです。おそらく地元の方以外は馴染みがなさそうな分、この言葉を聞いた上司は感涙必至な予感。

たかみにゃん石300

たかみにゃん石(せき)

どいしゃむ位300

どいしゃむ位(つら)

 

その3・南総里見八犬伝といえば茨城県!

南総里見八犬伝は、滝沢馬琴作の長編怪奇小説。室町時代後期を舞台に、安房国里見家の姫と八人の若者を主人公とするストーリーです。

その名作の舞台になっているのが、茨城県。千葉県館山市が南総里見八犬伝ゆかりの地であることを観光資源として押し出して いるので、イメージ的には「里見八犬伝は千葉なのでは?」と思いがち。しかし、古河公方期の古河城の話が出てくるなど、茨城にも縁がある のです。

そのため、「あの里見八犬伝の茨城!!」といえば、「千葉に押されているけど、茨城だって縁があることを知ってる人がいる!」嬉しくなっていろいろ話してくれるかもしれません。

 

スポンサーリンク

その4・(常総市・つくば市など県南の人を見かけたら)平将門が生まれてますね!

朝廷に反旗を翻し、自らを「新皇」と名乗った「平将門の乱」でお馴染み、平将門。実は茨城県は平将門にも縁の深い場所なのです。

生まれは常総市、朝廷から派遣された藤原秀郷に討たれて命を落としたのは坂東市と、誕生から生涯を終えるまの舞台がすべて茨城にあるのです。

特に、彼が生まれた場所は「将門公苑」として市民に親しまれており、8月には「いしげ将門まつり」というお祭りも開催! おそらく「その1」の水戸光圀の!!と話して反応がイマイチだった場合は、すかさず「平将門」と言ってみましょう。話にのってきてくれたら、その方は県南出身の方のはず!

 

その5・(上級者編)塚原卜伝(つかはら ぼくでん)じゃないですか!!

鹿嶋市はサッカーだけではなく、歴史でも有名な人物がいます。
それが塚原卜伝。生涯数多の真剣勝負や合戦に臨んで一度も負傷しなかったという剣豪です。彼は鹿島神宮の神官で大掾氏の一族・鹿島氏の四家老の一人である卜部覚賢の子として、剣の道を極めたようです。

鹿島はもともと、剣の町として有名だったそうですよ。2011年にBS放送、2013年に地上波放送されたNHKドラマで、堺雅人さんが塚原卜伝役を演じてドラマ化。

かなり歴史通な感じの人物名なので、鹿嶋市出身の方を見かけたらぜひ「塚原卜伝の!!」と言ってみましょう。ほとんど触れられない話題であり、そんなに知っている人がいない上、女子から言われたら驚きと嬉しさで、急激にあなたの株が上がるでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

とりあえず「水戸光圀の茨城県」と言ってみましょう。その後は、2~4の話題を振っていけばどこかで食いついてくれるはずです。

そもそもすべて言えたら、茨城出身の上司としては「どんだけ茨城の歴史通だよ」と思って可愛がってくれるかもしれません。おためしあれ!

 

文:北村美桂

Uターン岐阜県民歴4年目。ゆるふわ戦国ブログ「カツイエ.com」の人。
初心者向け&参加型歴史イベント を3ヶ月に1度『名古屋歴史ナイト』 を主催中。
第5回の「小牧・長久手の戦い」は3日でチケットが完売するという奇跡が起きて
驚いている。

 

カツイエ

 

北村美桂の記事




スポンサーリンク


「漫画家の富永商太さんに「歴史復元画家」の仕事について聞いてきました!」

 

 



-愛されOLの歴史ネタ帖
-, , , ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.