日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

女性 日本史悪ミシュラン 鎌倉・室町時代

日野富子は★3つ 自ら応仁の乱を勃発させながら両軍からカネを引っ張り、貯めた資産は70億円!?

更新日:

 

日野富子は日本三大悪女の1人に数えられ、戦国時代のきっかけを作った女性です。こう書くと美貌の女性で富子をめぐって争いが!? と思われるかも知れませんが全然違います。

富子は室町将軍家とゆかりの深い中流公家に生まれます。夫は8代将軍足利義政。どっちかというとボンクラ系で政治が途中で嫌になり文化活動に専念した人です。東山に銀閣寺(正確には慈照寺)作った人ね。

富子は16歳で義政に嫁ぎ19歳で子を産みますが、子は1日で死亡。普通なら死を悼み、塞ぎ込むところでしょう。

しかし富子は、これを義政の乳母の呪詛だと主張し、彼女を流罪とした挙句に刺客を送ります。ついでに側室4人も追放。気の強さ満点ですね!

そこから富子は女子を2人産みました。

ところが男児が生まれない。ポンコツ夫は早く隠居がしたいため、出家していた自分の弟(義視)を還俗させ、次期将軍に指名。この時富子は25歳でまだ産める年齢でした。

不幸なのか、文化に没頭して幸せなのか……足利義政さん/wikipediaより引用

 

こんなとき、お約束で生まれちゃうのが男児(義尚)。

富子は自分の可愛い息子タンを将軍さまにしたい訳で、かくして義視vs義尚の将軍争いに山名と細川などの対立も加わって1467年応仁の乱が勃発してしまいます。

京都を舞台に11年続いた挙句に決着がつかず、都は荒れには荒れ、将軍の権威は地に落ち、まさに人の世むなし……。戦国時代のキッカケにもなり一体誰トクなの?な戦いで富子はバッチリ得をしました。

  • 富子は東軍側だったが両軍の大名に金を貸し付け、さらに米にも投資し莫大な富を得た

まぁ、そんなことしてりゃ夫との仲は冷え切ります。義政は隠居し、晴れて息子義尚が9代将軍となると、彼女は実質的な幕府のトップとなってしまうのでした。

そしてここでも富子は金を稼ぎます。

応仁の乱後、荒れた内裏の修復費を名目に京都の入口に関所を作り銭を徴収したのですが。

  • 富子、関銭を懐に入れ私腹を肥やす→怒った民衆が一揆を起こし関所を壊す→富子、私財を守るため一揆を弾圧しまた関所をつくる

 

こんなことをしているので息子にも嫌われてしまいます。母を遠ざけ酒色に溺れた義尚は25歳の若さで亡くなりました。

息子の死には流石に凹んだ富子ですが、自分の権力を守るためにまだまだ動きますよ~!

応仁の乱で対立した義視に近づき、彼の息子・義稙を次期将軍に推挙。義稙は富子の妹の子、つまり甥でした。

かくして義視が後見人となり義稙が10代将軍になるのですが、跡目争いで散々争った相手と上手く行くはずがなく義視は富子の屋敷を破壊し領地を差し押さえます。義稙も富子に辛くあたり「自分が将軍にしてやったのに!」と彼女は激おこ。そこで何をしたかと言いますと……。

  • 義稙の遠征中にクーデターを起こし、将軍をすげ替えた

もう好き勝手やり過ぎです。ありがとう!

富子はクーデターの3年後57歳で病死しますが、その遺産はなんと70億円もあったそうです。

こんな調子でも、実は大河ドラマのヒロインにもなった富子さん。ご興味のある方は「花の乱」を見て下さいね〜。

悪人度  ★★★☆☆
影響力(権力)★★★★☆
お金好き度 ★★★★★

日野富子

 

【編集部より】

アマゾンの戦国本ランキングで1位を獲得した、まり先生の初書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』が発売中です!

yahoo楽天でも定価1,728円(1,600円+税)発売しておりますので、皆さまご愛顧よろしくお願いしますm(_ _)m

 

イラスト・文/馬渕まり(忍者とメガネをこよなく愛する歴女医)
本人のamebloはコチラ♪

スポンサーリンク

【参考】足利義政/wikipedia 日野富子/wikipedia

 





わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 史実の真田幸村とは?


3位 長篠の戦い 注目すべきは…


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-女性, 日本史悪ミシュラン, 鎌倉・室町時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.