歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

孝謙天皇/wikipediaより引用

日本史悪ミシュラン

孝謙天皇(称徳天皇)のヘンテコアダ名攻撃は★★★★★今どき小学生でもやらんで、しかし

更新日:

子供のとき、どんなアダ名を付けられておりました?

アダ名と言えば芸能界にいる天才・有吉弘行さんの発想力を忘れてはなりませんね。

【有吉アダ名 例】
「おしゃべりクソ野郎」品川庄司・品川
「エロみっともない」misono
「バブルの生き残り」中山秀征
「ヒステリック農業」高木美保
「ポンコツ人間」さまぁ~ず・三村
「子供の皮をかぶった子供」芦田愛菜

しかし!
ことアダ名に関して言えば、とある歴史上の人物も負けてはおりません。

権力争いの渦中にあって自分の意にそぐわない相手を小学生レベルのやりとりで凹ませようと企んだ。
孝謙天皇(称徳天皇)

そのネーミングセンスには、さすがの有吉弘行さんも勝てないかもしれません。

 

史上6人目の女帝で2人目の重祚

孝謙天皇は718年生まれの第46代天皇。
史上6人目の女帝で、後に重祚(じゅうそ・ちょうそ)し、第48代称徳天皇となります。

重祚とは、位を退いた天皇がもう1度天皇になることで、他に第35代皇極天皇→第37代斉明天皇という例もありますね。

孝謙天皇の父は聖武天皇で、母は光明皇后の大仏カップルです。
二人の間にいた男子は早世し、子供は彼女だけでした。

聖武天皇には他の妻との間に男児がいたのですが、後ろ盾がっちがちな光明皇后の娘が皇太子となり、父の跡を継いで孝謙天皇となります。

当時の女帝は未婚か未亡人と相場が決まっていたため、孝謙天皇は結婚ができません。

つーことは
「跡取りどうすんねん!」
となるわけで、結局、光明皇后の甥、すなわち孝謙天皇の従兄弟にあたる淳仁天皇に譲位し、彼女は上皇となりました。

淳仁天皇を推挙したのは藤原仲麻呂でして。孝謙上皇とは仲良し関係でしたが、光明皇后が死去すると関係が微妙なものになっていきます。

病で伏せった上皇を祈祷で治癒した僧侶の道鏡を寵愛し始めたからです。

仲麻呂は焦って、ついには反乱!
淳仁天皇が廃位され、孝謙天皇改め称徳天皇と道鏡のタッグ政治が6年間続きました。

 

スポンサーリンク

オリジナリティーな負の能力

さて、ここから彼女が悪く言われる理由と、お色気エピソードをご紹介いたします。
割と有名ですが、おさらいということで進めましょう。

まずは、なぜ彼女が悪く言われるのか?

・天皇制を危機にさらした。

危険ですよね。
称徳天皇は道鏡に太政大臣禅師と『法王』の位を与えました。

法王は称徳天皇オリジナルの位ですから詳細不明ですが「天皇に準ずる位」と考えられます。
さらには道鏡を天皇にしようまで考えていたわけですから、天皇制バンザイな明治時代以降の考えを当てはめると「とんでもない女帝」となるわけです。

称徳天皇のオリジナリティーな負の能力は【ヘンテコあだ名付け】にも遺憾なく発揮されます。

自分に反抗した者に卑しい名前を付けるという、小学生みたいな癖があったのです。

道鏡の天皇就任を阻んだ和気清麻呂には「別部穢麻呂(わけべのきたなまろ)」。
姉の和気広虫は「別部狭虫(わけべのさむし)」。

清いを穢いに、広いを狭いにって、やっぱり小学生か~~~~~い!
と突っ込みたくなりますね。

他にも不破内親王に厨真人厨女、つまり台所の下女と付けたりやりたい放題です。

 

山芋で道鏡の◯◯◯を作り……

道鏡を重用しすぎた天皇。
後世の人々は「天皇と道鏡はデキてます♪」と面白おかしく書きました。

中にはエスカレートして「称徳天皇は山芋で道鏡の張り方を作り、それで○○○ーしてたら山芋がぽっきり折れ、取れずに腫れあがり死んでしまいました(水鏡・古事談)」なーんて話も。
凄まじいですよね……まぁ、創作でしょうけど。

称徳天皇の晩年、祈祷の記録がありません。
病気になってもほっておかれ、そのまま亡くなった可能性が指摘されております。

後世だけでなく、当時から問題児として煙たがられていたっぽいですね。
ザンネン(´・ω・`)

悪人度 ★★☆☆☆
影響力(権力)★★★★★
変なあだ名付け度★★★★★

イラスト・文/馬渕まり(忍者とメガネをこよなく愛する歴女医)
本人のamebloはコチラ♪

【編集部より】
アマゾンの戦国本ランキングで1位を獲得した、まり先生の初書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』が発売中です!




スポンサーリンク


【参考】
孝謙天皇/wikipedia
国史大辞典

 

織田信長 武田信玄 真田幸村(信繁) 伊達政宗 徳川家康 豊臣秀吉 毛利元就 




×

-日本史悪ミシュラン

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.