歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

日本史悪ミシュラン

戦国屈指の鬼姑が家康も信長もキレさせた?築山殿の哀しくてジェラシー

投稿日:

織田信長には濃姫

豊臣秀吉にはねね。

あるいは武田信玄には三条夫人伊達政宗には愛姫など、戦国時代の英雄たちには著名な奥さんがおられますが、肝心の徳川家康ってどうでしょう?

フィクションでもあまり表に出ない……。
否。大河ドラマ『おんな城主 直虎』をご覧になられた方はピンと来られたかもしれませんね。

菜々緒さんが演じた築山殿
非常に凛とした、旦那の阿部サダヲ家康との対比が印象的で、劇中でもなかなかの存在感を放っておりました。

本日の悪ミシュランは彼女に注目です!

 

義元の姪 今川家のお嬢様だった

江戸幕府を開いた家康の正妻・築山殿――。
さぞかし華やかな経歴だろう、と思いきや、実は生年や本名共に不明です。

岡崎城郊外の築山に幽閉されたことから『築山殿』と呼ばれる場合があります。
他にも「駿河御前」や「瀬名姫」など色々な呼び方がありますが、ここは「築山殿」でいきましょう。

彼女は通説では今川義元の姪となっております。

井伊直虎井伊直政のことが書かれた『井伊家伝記』等では井伊直平の孫にあたり、今川家に養女として入った後、家康と結婚したという説もあります。

今川家は、将軍家にも連なる名家ですから、そのお嬢様となれば徳川家(当時は松平家)にとっては悪くない話。

家康との間には1男1女をもうけましたが、では築山殿はどんな人だったの?
というと色々とボロクソに書かれております。

・生得悪質、嫉妬深き御人也
・其心、偏僻邪佞にして嫉妬の害甚し

性格悪くて嫉妬深い――ってことですね。
伝承でも
・家康のお手つきで妊娠した女中を裸で木にくくりつけた
なんて恐ろしい話が残っております。

ただし、彼女の生涯を見てますと、かなり可哀想な経緯を辿っているのです。

 

スポンサーリンク

親は自害に追い込まれ夫とも離れ

築山殿の運命の歯車は「桶狭間の戦い」から狂い始めました。

今川義元が織田信長に討ち取られると、夫の家康は、妻の実家である今川を見限り岡崎城へ入城。
さらに織田と軍事同盟を結んでしまいます。

これにキレたのが新当主・今川氏真(祖母・寿桂尼)。
築山殿の親は自害に追い込まれてしまいます。

彼女と2人の子供は、徳川と今川の人質交換によって、生かされました。
ほどなくして夫・家康の元に戻るワケですが、姑である「於大の方(おだいのかた)」と折り合い悪く城に入れてもらえません。

尼寺での幽閉生活を強いられ、永禄10年(1567年)、息子の松平信康が織田信長の娘・徳姫と結婚した時もまだ城外生活でした。

3年後の1570年。
ようやく城に入れてもらえたと思ったら、夫は浜松へお引っ越し。
息子と岡崎に残った築山殿でしたが、嫁の徳姫とも折り合いがよろしくありませんでした。

まぁ、徳姫の父・信長が、今川義元を討ち、その余波で彼女の親も自害することになったんですからね。
湧き出る負の感情を抑えられなかったのかもしれません。

 

信長の娘・徳姫がキレた

タイミング悪いことに徳姫は女子しか産みませんでした。
世継ぎを心配した築山殿は、息子に側室をとるなどのお節介を働きかけます。

そこで徳姫カチーン!

彼女も、父ちゃんが信長ですからね。
パパに『信康&築山殿がいかに悪い奴かをまとめた12条の弾劾文』を送りつけました。

以下、弾劾文より築山殿パートを抜粋いたします。

・築山殿は私と信康の仲を裂こうとしております
・女しか産まない私を『役立たず』と罵ります
・男児は妾に産ませれば良いと、武田旧臣の娘を妾に用意しました
・築山殿は浮気相手の僧を介して武田と内通しております
武田勝頼は信康を味方に付け、織田・徳川を滅ぼし信康を領主にすると言っております
・その時、築山殿は武田家臣と再婚予定だとか
・築山殿は金遣いが荒く贅沢三昧な暮らしをしております。
・築山殿は、武田勝頼に「織田信長と徳川家康を殺して欲しい」と言っています。

もうドコの鬼姑?
レディコミですか?
と突っ込みたくなりますが、これに切れた信長は信康を切腹させ、築山殿は家康の家臣に殺されたのでした。

 

スポンサーリンク

本当に築山殿は悪女だったのか?

さて問題は、この話の真偽について、です。

江戸時代において家康は正義です。
家康が殺させた相手が『心美しき女性』では都合が悪いじゃないですか。

信康と築山殿とは、折り合いが悪かった家康。「信長に頼んで殺させた」という説を唱える人もいるほどです。

要は、あまり触れられたくない。
だからこそ華やかなエピソードもありませんし、フィクションにも登場せず、他の戦国大名の妻ほどに名前が知られてないのかもしれません。

要は家康と仲悪かったというだけで。
言うほど悪女じゃ無かった可能性もあるよなぁ……ということで悪人度は★2つ。

悪人度  ★★☆☆☆
影響力(権力)★☆☆☆☆
鬼しゅうとめ度 ★★★★★

イラスト・文/馬渕まり(忍者とメガネをこよなく愛する歴女医)
本人のamebloはコチラ♪

【編集部より】
アマゾンの戦国本ランキングで1位を獲得した、まり先生の初書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』が発売中です!




スポンサーリンク


【参考】
築山殿/武将ジャパン
国史大辞典「築山殿」
wikipedia「築山殿」→link

 



-日本史悪ミシュラン

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.