日本史ワル査定 江戸時代

賄賂の代名詞・田沼意次は星2つ 元祖【袖の下マン】は本当にお金LOVEだった?

投稿日:

「お代官様、黄金色のお菓子にございます」
「越後屋、そちも悪よのぅ」

昨今は関西電力でお馴染み、時代劇で定番の賄賂シーンですね。

自分に有利な取り計らいをお願いするため、黄金のモナカを木箱に詰めて、代官様へサササササッ――って、こんな賄賂は今の時代も悪人の典型。
許せません!

ってなわけで、今回の日本史ワル査定は、賄賂の代名詞と言っても過言でない男・田沼意次です。

 

 

とーちゃんが吉宗に仕えて大出世

田沼意次は老中としての政治が有名です。
将軍直属の役職で、いわゆる閣僚ですな。

政治を統括するお仕事ですので普通は2.5万石以上の譜代大名がその職に就くわけですが、こちらの田沼意次さんも当然ながらボンボンだった……ワケじゃござーせん。

実は意次のパパは、紀州藩で足軽の家出身なのです。

戦国時代ならいざ知らず、足軽から老中への出世なんてありえるのか!?
という感じですが、パパが仕えていたのが、当時まだ暴れん坊な将軍ではなく、プータロに近かった徳川吉宗さん。

紀州藩主から八代将軍へと就任するにつれ、意次パパも旗本へと出世を果たし、息子の意次へ相続させる時には600石となっておりました。
これだけでも充分過ぎるサクセスストーリーです。

しかし、意次はもっと凄かった。
後に9代将軍となる家重の小姓に抜擢されると、たちまちお気に入りとなってトントンと加増され、実際に家重が将軍になるとますます出世を果たし、ついには1万石の大名となります。
この辺りで家重は亡くなってしまうのですが、次の将軍になる息子の家治に「意次はいい奴だから大事にするんだぞ」なんて言い遺していたため、意次は家治時代にも権勢を振るいます。

というか5万7000石にまで領地が増え、老中になったのは家治時代です。この新将軍はあまり政治にヤル気を見せなかったため、意次らの側近政治となっていくのでした。

 

言うほど悪い政治ではありません

賄賂に触れる前に田沼の政治について書きます。

意次は幕府の財政を改善するため「商業重視の経済改革」を行いました。
具体的に言いますと、商業組合(株仲間)を奨励し、専売などの特権を与えて商人を保護、対価として売上から税をとるようにします。

また、新貨幣の製造や印旛沼の開墾、農地開発などの推進も行いつつ、一方で外交政策としてはロシアとの貿易も計画していたようです。

その結果、商業資本は潤い賄賂は増加いたしました。
蘭学を保護し、平賀源内のパトロンであったことも有名です。

平賀源内の最期は獄死?エレキテルは彼の発明じゃなかった!?

江 ...

続きを見る

この政策が首尾よく続けば、幕府の財政も、市井の経済ももっと発展したのではないか?なんて考察もあり、現代の社会システムから考えても商業を盛り上げていくのは悪くなかったのでは……なんて思ってしまいますよね。

しかし……。

 

田沼意次賄賂伝説

ここから田沼意次の賄賂にまつわる話を挙げていきましょう。

平戸藩主・松浦静山(まつら せいざん)の書いた『甲子夜話』にはその様子が色々と記されております。

現代においては、田沼意次はそんな賄賂政治家ではなく、後世の捏造である――という話もありますがここは賄賂エピソードを見ていきたいと思います。

では早速……。

・面会に際して刀を置く部屋に刀が超いっぱい

・30畳の部屋に通されたけど座敷から人が溢れてるよ、もぅ

・下屋敷を広げたくても広げられない意次。ここで偶然に意次の屋敷と隣の屋敷が火事で燃える。チャンスとばかりに隣の人は土地を幕府に返上。裏工作していたために土地は意次の藩へ。隣の人、大出世!

・下屋敷が完成した時に意次が池を見て「この池に鯉やら鮒やら入れたら良くない?」と言って登城して帰ったら、いつの間にか池に鯉や鮒がイパーイ

・「夏バテしたんで枕元に岩石菖の花を置いて眺めている」という話が伝わると岩石菖がバンバン届いて部屋2つ分

・部下の勘定奉行に届いた「京人形」のプレゼント、箱を開けたら綺麗な着物をきた美女がバーン(なんかエロくて良いです)

これだけ賄賂が集まるものですから贈る方も目立とうと必死!
数ある贈答品の中で意次が気に入ったものは、「小さな竹籠に鱚と野菜をあしらって柚子を添え、その柚子に価値が高い小柄を刺したもの」と「大きい籠にシビを2匹入れたもの」だそうです。

あくまで『甲子夜話』の中では賄賂三昧な意次ですが、賄賂をもらうことに罪悪感はなかったのでしょうか。

「金銀は命に代えがたいくらいの宝です。その宝を贈ってまで公儀の役目を欲しいってヤツは、めっちゃ忠誠に厚いってことになると思わない?言うなれば賄賂は忠誠心のバロメーターだもの( ・ิω・ิ)キリッ byおきつぐ」

はい、むしろ清々しいですね。

 

長男が刺殺され、葬式では石つぶての嵐

そんな意次ですが権勢の終わりはあっけなく訪れます。

実は意次時代、浅間山の噴火を契機に日照時間不足で大飢饉が起こるなど天変地異が多く、政治が悪いからだと庶民に恨まれておりました。

そんな中、長男が私怨で刺殺されると、殺した相手が大明神と崇められ、息子の葬式には石つぶての嵐。
それでも意次は老中の座に留まりますが、その1年半後に意次を寵愛していた将軍家治が病没すると、意次はすぐに老中をクビになり、領地や財産をボッシュートされてしまうのでした。

確かに賄賂は目に付きますし、印旛沼の開墾は大雨で無に帰したり、物価が上がったりと失策もあります。

が、意次のイメージがここまで悪いのは【寛政の改革】で有名な「松平定信」にめちゃくちゃ恨まれていたせいです。

定信は御三卿の家に生まれ、吉宗の孫にあたります。
大変聡明で次期将軍候補にものぼったことがあるくらいなのですが、しっかり者に将軍になられては困る意次の思惑で白河藩に養子に出されてしまいます。

これで将軍になる道は閉ざされてしまった定信――。
もうめちゃくちゃに意次を恨み(暗殺を企むレベル)、自分が老中として権力を握るとあることないこと、意次の政治はぜーんぶ悪政だ!と断じたのです。

あ、でもこの人も意次にワイロ贈ったみたいですけどね(笑

田沼意次はワイロ政治家というより優秀な経済人!? 現代での評価見直し進む

一 ...

続きを見る

悪人度  ★★☆☆☆
影響力(権力)★★★★☆
お金大好き度 ★★★★★

イラスト・文/馬渕まり(忍者とメガネをこよなく愛する歴女医)
amebloはコチラ♪

戦国診察室表紙

戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪

【参考】

『悪人列伝 近代篇 (文春文庫)』(→amazon link
田沼意次/wikipedia
松平定信/wikipedia
甲子夜話/wikipedia

 



-日本史ワル査定, 江戸時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.