スカーレット感想あらすじ

スカーレット1話あらすじ感想視聴率(9/30)強いヒロインが来たんやでぇ~

川原家、金がない

このあと、ジョーは金を探しております。
どうやらマツが渡したあの封筒だけだったと判明。おいおい、どうすんのさ。

次女の直子は空襲の悪夢を見ています。
あの体験を思い出して泣いてしまうのです。

戦時中のことをケロリと忘れて、思い出さない。そういうNHK大阪の駄作朝ドラもありましたが、人間そんなことはありません。
マツは、もう怖いものは飛んでこないと慰めます。

ジョーはこうです。
「これからはな、楽しいことばっかり考えたらええねん」

喜美子は、借金を返し終わっていないと突っ込みます。

やっぱり喜美子ちゃん、めんどくさい性格やろ。

するとマツが、大野忠信を助けたことを語りだします。
負傷した戦友を背負い、ジョーは何十キロも歩いたのだと。そのおかげで、忠信は帰国できたのです。

「そうなん?」
ジョーは照れくさいのか、それとも苦しい思い出なのか、語りません。

こういうところが、リアルかもしれない。
戦争体験を自慢する人。黙して語らない人。その反応は人それぞれにあったものです。そういう体験談を知ることは大事です。
本作スタッフは、そういうことがわかっている。そんな安心感があります。

ジョーはここでつぶやきます。

「綺麗な月やのう」
「綺麗ねえ」

夜空には月が浮かんでおりました。
家族は、月を見てそう語り合う。こういう何気ない会話から、夫婦愛や家族愛が伝わってきます。

が、しかし、いい話は続かないと言いますか。

翌朝、喜美子は一升瓶を抱えておろおろしています。
そして父に「金を全部酒に替えたのか!」と迫るのです。おいっ!

ジョーは面倒臭そうに、お母ちゃんの着物を金にするから大阪まで行くと告げます。
結構お嬢様なので、そういうものがあるのでしょう。これも戦後のリアルです。竹の子のように、着るものをむしられてしまう。

ずーっと高い着物を着続けて、金のことをネチネチと言う自称武士の娘。そんなしょうもないドラマもあったものですが。まぁ、それとは決別やね!

「たのむで、たのむでぇ〜」
喜美子は一升瓶を抱えたまま、父に頼み込むのでした。

 

とってくうたる! やっぱり喜美子、強い……

そして通学路。
あのクソガキどもが、ぶつくさ言っております。

「よそもんにやられたんけ……」
そんなクソガキの横には、スカート姿に髪の毛をリボンで束ねた少女が。

『なつぞら』の夕見子もそうでしたが、この時代こんな服と長髪の少女は、おしゃれで気取りやさん、かつ生活に余裕があります。
髪の毛にシラミがたかることが当然の時代やからね。

「川原喜美子……」
そう腕組みして語るこの少女は、どんな運命をもたらすのかな?

その喜美子ですが。
「おはよー、たぬき!」
と、信楽焼にご挨拶。信作がぶつくさこう言います。

「よそもんはたぬきにばかされる……」
「ばかせるもんならばかしてみぃい! とってくうたる! あんたようみたらたぬきみたいな顔してんな! アハハハハハ!」

喜美子はこうだ。
どんだけ武力高いねん。信作を食べるととらえかねないやろ。

強気なヒロインが嫌いな層からボコボコにされそうですが、まぁ、そういうんはとってくうたればええもんね!

ここで喜美子は、ほんまもんの狸をみつけ追いかけます。
そして、うずくまる男を見つけるのでした。

「誰や?」

フルスロットルの初回、終了です。

 

総評

『スカーレット』、これはいい。

大傑作?
傑作?

そこまでは言い切れませんが、ここ10年のNHK大阪ではトップレベルの作品にはなりそう。
2011年『カーネーション』と2013年『ごちそうさん』をあわせて、さらに何かを加えた、そんな強い作品になりそうです。

今朝は北村一輝さんの、パワーあふれる関西弁が最高でした。

『なつぞら』のTEAM NACSのようにネイティブ。
本物の関西弁を使う役の方がいると底上げされますからね。この作品の関西弁にも期待しています!

ジョーが鉄火肌なのに、めんどうくさそうなところは露骨にやる気がないところもいい。
母より父に似ていそうな喜美子にも期待を感じます。

子役も素晴らしくて、川島夕空さんはすさまじいと感動してしまいました。これは今後のびるでしょうね。

NHK大阪も、ここ数年で鬱憤が溜まっていたんやろね。
本気でぶつかってくるパワーを感じます。

ほんまもんの「王道」朝ドラを見せたる。そういう誇りがそこにはあります。

関連

過去記事はコチラから

スカーレット感想
スカーレット視聴率

文:武者震之助
絵:小久ヒロ

【参考】
スカーレット/公式サイト

 



-スカーレット感想あらすじ
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.