スカーレット感想

スカーレット24話あらすじ感想視聴率(10/26)いけないこと

このあと、雄太郎は歌いながら去ります。

さえずりがどうなるか気になりますが、それは来週以降。雄太郎って、メインプロットにあまり絡んでいない気がする。それなのに、グイグイ引っ張っていく。

これはレベルが高いと思う。

朝ドラは、メインとサブで引っ張っていく構成はあります。
でもパターンはわりとありきたり。

サブキャラ恋愛が定番です。
女性視聴者は恋愛が好きという偏見なのか、楽をしたいのか。わからんけど、よほどうまくないと時間稼ぎがバレバレになる。

本作は雄太郎やさえずりオーナー、デイリー大阪紙面改革あたりかな。
どれも濃いし、おもろい。

これができるのは、芸達者でいるだけでおもろい、そういう人を揃えた成果だと思います。
自分たちの得意分野を把握している。そういう自信がありますね。

 

いけないこと、て……

さて、あの三毛猫がゴロンとした後の夜です。

さだは喜美子に手のクリームをもってきます。
「まだある」と遠慮する喜美子のものもちのよさを褒めつつ、「手がつるつるなるで〜」とご機嫌です。

きみちゃんのことですから、瓶に残ったクリームを爪楊枝でかき出して使っていそうではある。

さだは、安い給金でよくやる喜美子に満足しています。
安いどころか赤字かと心配してもいます。

そこで喜美子は、赤字の元凶である雄太郎がさえずりに就職を決めたと報告します。さだは喜びます。

「しんどいようやったら言うてや〜。これ使てな〜」

頼れるのか、そうでないのかわからないまま、去ろうとするさだ。
そこで残ったままの夕食に気がつきます。

食欲不振となった圭介のものです。

心配したさだが「持ってってあげたら。ちゃんと食べな勉強頭入らへんで」と言います。

そこで喜美子は圭介の部屋へ。
しかし圭介は、部屋で勉強どころではありません。ベランダから声を掛けて来ます。

「こっちやで。ほらええ月や」

「ああほんまや、きれいやあ」
と、月を見る二人。いや、いや、いや、こんなん笑うわ! ベタすぎてなんかおかしいやろ。

圭介は食事に気付いて「置いといて」とそっけない。
とはいえ、そこはしゃべりたい関西の男ですからね。きみちゃんと話して整理したいんです。背中では語らんのよ。

圭介は、おもむろに『大阪ここにあり』の話を始めます。喜美子は「雄太郎のセリフはうわぁ〜しかない。出番は一瞬だった」と返します。

ええから、それはおいとけ。関西の脱線地獄よ……おおもう。

あの話では、主人公・勘助が千景という女性に一目惚れをするのです。
ズキーンいうて、あんなアホなことないわと笑った。そう思い返しているのですが。

「あってん、あんなアホなことあってん。胸疼いてたまらん……あの時の……ゴン……ああ……」

圭介さん。
省略しすぎて、ゴンに惚れてもうたみたいなように思えるのは、わざとやろか? ボケやろか?

ここでまた、スローモーションの回想が入ります。

メイクもヘアスタイルも衣装も、バッチリ昭和やで。
『なつぞら』の時も思いました。メイクひとつで、平成生まれを昭和顔にできるものだと。NHK大阪も本気を出しています。

喜美子は、あの人に恋をしたとわかるのです。
ゴンやないで、ゴンの飼い主な。

「もうええ。こんな話わからんやろ。きみちゃんに恋なんてそんなわかるかいな」

「うちかてわかります、恋のひとつくらい」

「え、ええ?」

圭介、意外な展開に動揺しています。喜美子がちょっとしおらしくなって、俯いて口元を抑える仕草に、完全に動揺してしまい、自分も口元を抑えています。

「ええ〜! け、経験あるん? ええ? そやけどきみちゃん、荒木荘来たの15やで?」

「ほやからその前に」

「ええ〜!」

「ほんなびっくりして、うちかてもう18ですよ。いけないことしたくなる気持ちくらい、わかります」

はい、作中設定二十歳そこそこの圭介。医学生として勉強だけをしてきたと推察できる、そんな圭介。

あかん、18手前のお嬢さんが、同じ屋根の下にいるきみちゃんが、いけないことなんて言うたらあかん!

「いけないこと!」

衝撃のあまり、突然おむすびをつかんで食べだす。
動揺しすぎや。鼻息が荒い。あかん、もう、誰か止めたって~!

「もう寝る!」

「圭介さん……」

「おやすみ!」

「圭介さん、うち協力しましょか?」

喜美子はついにこう言い出します。

犬のゴンを連れていたマドンナに話しかけてみるんやて。話しかけてどうするのか。ここで圭介は尋ねます。

「きみちゃんはどうやっとその、どういうふうにあれして、その先に進んだん?」

関西の万能【あれ用法】を用いつつ、こうきた。

「うちの場合はその……とにかくまずはお近づきにならんと始まりません! うじうじしてても始まりません!」

「そやけど、そやけど……」

喜美子は、一肌脱ぐ決意を固めております。恋路応援に立候補です。圭介だけだと迷走しそうですし。

「ありがとう」

かくして月を見る二人。喜美子は決意を固めます。

「うちは圭介さんの妹やさかい、放っておけません」

これ……ええ話なん?BGMしっとりしてるけど。せやろか?

疑問が回りつつ、新人物と草間先生まで出てくる来週予告へ。

本作は予告編詐欺もあるから気が抜けません。
先週の時点では、てっきり照子は信作に恋をするのかと思っておりました。

それはそれで、信作には災難でしょうけれども。

 

そんなん、恋をまともに盛り上げるわけないやん

今週後半は一応、恋愛がテーマ……なんですかね。

照子様の恋、全然いい話じゃない。巻き込まれる信作も、むしろ受難だった。

そして荒木荘は、もうあかん。
乳首、助平、エロ、いけないこと連呼と、ほぼ罰ゲーム状態の圭介。

ヒロインの初恋相手に何を言わせるのか。
何がしたいのか?

いや、わかります。溝端淳平さんを唯一無二の存在にする気合は理解できました。

「ジュノン・スーパー・ボーイグランプリってそんなん……毎年出とるやろ。ここで唯一無二、秘めたるフォースの関西面を出したる!」

みたいな気合いがあるかどうか。確認しておりませんが、そう感じさせます。

今日のいけないことのあと、おむすびを無言で食べ出す場面は絶品でした。爆笑しました。
動きの間が完璧な芸人になっていて、飯食うだけで笑えてしまって、とてつもないセンスを感じました。

『なつぞら』では、ヒロインの初恋の相手は、天陽だったんですよ。

正面切っては勝てへんからって、照子からのいけないことにまで巻き込んで、そんなん……。
笑いが止まりまへん。

関連

過去記事はコチラから

→スカーレット感想
→スカーレット視聴率

文:武者震之助
絵:小久ヒロ

【参考】
スカーレット/公式サイト

 



-スカーレット感想
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.