スカーレット感想あらすじ

スカーレット125話あらすじ感想(2/28)スピンオフと見せかけて

スカーレット125話 あらすじ感想~視聴率は19.0%でした

スカーレット感想
スカーレット視聴率

百合子がまだ好き?

そんな近藤彬くんの気持ちは?

◆近藤彬さんのプロフィール

職業:警察官

勤務地:信楽の派出所

家族は?:妻子あり

妻は?:高校時代の柔道部マネージャー、自分のことをよくわかってくれる自慢の妻です! 夜勤の時は、レモンの蜂蜜漬けを作ってくれます!

しょうもない誤解でした。わちゃわちゃと揉めたせいか、コーヒーのお代は受け取れへんという百合子に、それでは妻に叱られるときっちり払ってくれます。そして店を出ると。

「お騒がせしました〜」

「また来てな〜」

なんや、近藤くんめっちゃええ人やん。イヤリング届けてくれたし。百合子はいたたまれない表情になっております。

近藤さんの奥様もいい人。レモンの蜂蜜漬けか。部活、そして夜勤のお供に!
高校時代から作ってたんやろなぁ。

※恋の味、そしてクエン酸効果やね

 

信作shock! 愛が「SUNNY」に落ちて来る

※劇中の年代だと、そろそろアニメ『北斗の拳』が始まるで

そんな爽やかな“はちみつレモン味”をぶち壊しかねない、カスマスター信作。照子がこう言います。

「信作ぅ〜ええ子やったなぁ、近藤くん、気は優しくて力持ち。信楽の町も安泰やな〜」

そのうえで、うちの娘に若いおまわりさんを紹介してもらおうかとノリノリ。転勤族なので、いろいろ苦労もあるとは思いますが、そこは愛の力で。照子がお見合いおばさんになっているところに、歳月を感じます。

そして、そろそろお暇しましょうかと言い出し、釘を刺す。

「ネチネチ焼き餅攻撃しんときやぁ〜」

「野菜差し入れ大作戦すんなよ!」

「しいひぃんわ」

「しんときや」

「せぇへんて!」

そう言い、出て行く照子です。あのゴボウ攻撃で敏春を琵琶湖に沈めかねない修羅場から、スピード回復しました。

 

揺れる心  クサリで繋いでも  今は無駄だよ

しかし、信作はそうでもないのか。こう愚痴っております。

「あ〜あ〜疲れた! はぁ……」

そしてこう言い出す。

「ええ奴やったなぁ、彬、気は優しくて力持ち。これで信楽の町も安泰や」

それ、ほぼ照子の言葉と同じ。そして照子の懸念通りの展開へ。

「百合子、ほんまはちょっとだけもったいないことしたな、思ってるやろ」

「思ってません!」

しかし信作は責める。

心打たれたんちゃう。好き言われた時。ええんちゃうか、昔のことやし。うれしそうだったやろ! 心ゆれとるやろ!

百合子も認めます。中学の友達に好きと言われたら、うれしいやん。そしてこうなる。

「浮気や! 浮気決定や! 浮気やぁ、俺、浮気された!」

は? なんやこいつ……父・忠信の【人妻のよろめき事件】を遥かに下回りおった!

これには、あの温厚天使の百合子も怒る。

「ほなもうええです! ええなぁ、近藤くんは。自分のことをよくわかってくれる、自慢の妻やて。うちの夫はわかってくれてない! 自慢もしてくれん!」

ヒィッ、これはほんまもんの怒りや!
今朝もおっさんに豪速球デッドボールをぶん投げてくる、朝ドラHELLやで。

ここであれが持ち出される。
10:0、9:1、8:2、7:3……平常時なら流せても、やられるとめっちゃムカつくあれです。

百合子はこう言い切ります。

「9:1で嫌いになるわ!」

「おう、なれや。なれや、もう離婚や離婚! 離婚や!」

信作よ……。
ジョーカスの幽霊を地獄から連れてきたい。あ、地獄やのうて天国やな。すまんな。

百合子はエプロンをカウンターに叩きつけ、出ていきます。信作のひとでなしぶりが生々しいで。

「離婚やからな!」

 

心を守るため  百合子は旅立ち  信作は明日を見失った

しょうもない夫婦喧嘩――まさに犬も食わないところへ、忘れ物を取りに照子と敏春が戻ってきます。

「お、やっぱりやりよったなこいつ」

「ネチネチ焼き餅攻撃!」

「追いかけぇ、信作早う! 何急に仕事してんねん」

「何って、今日は俺がマスターやからな」

照子に突っ込まれる。敏春もナイスアシストしとる。そして信作はいきなりカスマスターぶりを発揮しだすと。

照子は、お前がコーヒーいれられるようになるより、ゆりちゃん呼んでくる方が一億倍早いと突っ込む。一億倍て……せやな。

ここで信作は、こう訴えます。

「9:1言われたんや、9:1で嫌いやて」

そうコーヒー豆を挽きながらいう。突っ込みどころありすぎやろ。

ほんまにうるさい、そもそも注文受けてから豆を挽け! そら照子もやめろと止める。

比率で好き嫌いの苦痛を、やっと学んだんか!

ここで敏春が、彼なりの熱い夫婦理論を言い出します。

熊谷敏春さんが語る「ええ夫婦のコツとは?」

僕もよう喧嘩します。夫婦の会話してへんかった。話すだけで聞いてへん、ちゃうか? 長いこと一緒にいたら、話さんても相手のことわかるんちゅうのは、違うんちゃうかな。

信作は否定しにかかりますが、せやろか?

敏春のこれこそが、本作の言いたいことだとは思います。

照子と敏春が、そのええ夫婦の見本を見せてきます。

照子は、25年間話を聞いてもらいっぱなしやったなぁ、と愛を炸裂させます。くーっ!

敏春は、次の25年間、僕の話をいっぱい聞いてもらうわと返す。くおおーっ!

照子は耳遠くなったら近づいてな、と言う。ほんまこれ……。

そしておとといの晩ご飯を聞く敏春。答えは肉じゃが。照子はおいしかったかと聞き、敏春はお芋さんちょっと硬かったと返します。照子は気をつけるってよ。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-スカーレット感想あらすじ
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.