歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

絵・富永商太

信長公記

敵対した織田家の同族たち~戦国初心者にも超わかる『信長公記』第8話

投稿日:

信長公記』首巻第8節は、当時の織田家の内部事情が窺える話です。

織田信秀は古渡城(愛知県名古屋市中区)をわざわざ取り壊し、新しく末森城(愛知県名古屋市千種区)を造って、移り住みました。

那古屋城も含めて、地図で位置関係を示しますと以下の通りとなります。

【青】那古屋城
【黄】古渡城
【紫】末森城

古渡城(黄)から末森城(紫)までが、現代の道路で7.6km程度。
また、古渡城(黄)から那古屋城(青)までは4kmくらいです。

ということは、信秀はごくごく近所で引っ越しを繰り返したことになりますよね。
当時の交通事情では、そこそこの距離だったかもしれませんが。

 

不安定な領国経営を安定させるため?

基本的に戦国大名は、特別大きな事情でもない限り、居城を移すなんてことをしません。
コストがかかりますし、領土経営が不安定になるリスクがありますからね。

でも信秀は断行している。
なぜなのか?

当時は尾張一国を統治しきれていない織田家。
城の連携を強化することは防衛力も上がる――そんな戦略的な面も大きかったのでしょうが、単に数を増やしても意味はないでしょう。

もしかすると跡取り候補・織田信長の成長を一歩引いた位置から見守りつつ、器量を見定めていたのかもしれませんね。

絵・富永商太

信秀は子沢山で、息子だけでも12人もおりました。
ゆえに、いずれ息子たちに譲るための城を用意した、という可能性もあります……が、それなら古渡城を放置するのは少々矛盾してしまう、うーん。

末森城は後に、信長の弟・織田信行に譲られているので、はじめから前線基地という意味合いもあったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

父・信秀もフットワークがめっちゃ軽い?

いずれにせよ、超近所での引っ越しは、信秀の柔軟な考えやフットワークの軽さがうかがえるポイントでもあります。

織田信長も、たびたび居城を変更していたり、自ら軍を率いて先頭に立つことも珍しくありませんでしたから、これは遺伝、あるいは父から体感的に学んでいたのかもしれません。

織田信秀が末森城へ移った後、ちょっとした身内のドンパチがありました。

犬山城の主・織田信清が柏井口(春日井市)へ攻めてきたのです。

これまた地図で確認しておきましょうか。

末森城(紫)から見て、犬山城(赤)は北にあります。
両城の距離は現代の道路で約30km。当時でも、徒歩で一日かければいける距離ですね。

信秀の軍は末森城から出て迎え撃ち、勝利を収めた――と、信長公記には書かれています。年月日の記載がないのですが、おそらく天文十七年(1548年)のことと思われます。

ここで出てきた”信清゛。
「一体どこの誰?」と思った方も多いのではないでしょうか。

 

国内で敵対した同族の代表格は?

彼は信秀の弟・信康の息子です。
つまり、信秀にとっては甥っ子であり、信長にとってはイトコにあたりますね。

織田信康は、兄の信秀に忠実でしたが、加納口の戦い(井ノ口の戦い)で討死。
跡を継いだ信康は、父と真逆の路線を行っていたのです。

後に桶狭間の戦いで今川義元の首をとった織田信長が、その時点では【尾張一国】すら治めきれてなかったのは意外と知られていませんように、信秀の代から同族で争っていました。

そこで今回は、尾張統一まで信秀・信長と敵対した親族の代表格
・織田信清
・織田信友
の動向を先に整理しておきましょう。

それぞれの軍や居城の名をとって「○○衆」と表現されることも多いですね。

 

スポンサーリンク

◆織田信清 犬山城(愛知県犬山市)

もしかすると、城主より城そのもののほうが有名かもしれません。
現存天守12城のひとつであり、国宝となっています。実際に訪れた方も多いのではないでしょうか。

信清が信秀・信長に反発した理由は判然としませんが、おそらくは信長の悪評の高さからの反抗と思われます。
そりゃあ、うつけ(アホ)が目上になるほど、怖くて腹立たしいことはないですものね。

残念ながら、信秀の存命中に信清との関係が良くなることはありませんでした。
信長とも険悪な状態が続きましたが、信長が姉・犬山殿を嫁がせたため、一時的に関係が改善しています。

しかし、その後とある城を巡って再び対立し、信長は信清を攻め滅ぼさざるを得なくなりました。姉・犬山殿は、このとき信清との間に産まれた姫を伴って実家へ帰っています。

信長は、姪っ子であるその姫もきちんと生活の保証をしていたようです。
信長の姉妹といえば、やはりお市の方が有名ですが、他の姉妹やその子供たちに対しても、丁寧に扱っていたんですね。

信長との争いに負けた信清自身は、甲斐まで逃げ延び、その後は僧侶として生涯を閉じたといわれています。
逃げた後のことがよくわかっていないのはお約束ですね。

 

◆織田信友 清州城(愛知県清須市)

織田信友は、信秀の主筋に当たる人です。

尾張の下四郡を預かる守護代・織田大和守家の当主。
大和守家は本来の守護である斯波氏を保護していましたので、名実ともに信秀よりも目上の人といえます。

しかし、当時問われるのは武将としての物理的実力です。

信秀のほうが遥かに格上だったことや、信友自身がそれを理解していたことなどから、関係が悪化。
6話でも述べた通り、信秀が大垣城へ戦をしに行っている間、信友が古渡城を攻めるなど、緊張した状態が続きました。

織田信秀vs斎藤道三、再び~戦国初心者にも超わかる『信長公記』第6話

その翌年には和睦できて「なんとかマシ」な状態に落ち着きます。
が、信秀が亡くなった後、信友は信長の弟・信行を強く支持したため、信長と大々的に対立することに……。

彼らが、家督を継いでしばらくの信長の敵となります。
どちらの話もまた後日お話しますので、なんとなく「そういえば、いとことかで信長と仲悪い人いたなー」くらいの感覚でいいかと。

信長は弟・信行をはじめ「身内にすら敵が多かった」というイメージが強い方も多いでしょう。

もちろん、親族の味方もちゃんといました。
叔父(信秀の二番目の弟)である、織田信光がその一人です。

信光はこの後、とある城を巡って大活躍するので、そのお話も楽しみにお待ち下さい。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


【参考】
国史大辞典
現代語訳 信長 公記 (新人物文庫)(→amazon link)

 



-信長公記

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.