信長公記

岩倉城の戦い~戦国初心者にも超わかる『信長公記』第32話

投稿日:

織田信長の前半生で話題になる、大きなトラブルと言えば弟・織田信行との対立。
続いて「大うつけ」と呼ばれる原因となった少年時代の言動でしょう。

つまり、他のことについては記録が乏しい……ということが珍しくありません。

今回お話する【岩倉城の戦い】についても『信長公記』ではたった数行で終わってしまっています。
ですので補足を入れつつ進めていきましょう!

 

蟻一匹通さない包囲網

永禄二年(1559年)3月、信長は尾張上四郡の半守護・織田伊勢守家の岩倉城を攻めました。

美濃の斎藤道三が戦死してから、信長と明らかに敵対していた家です。
【岩倉城の戦い】という通称があるワケじゃないのですが、便宜上、付けさせていただきました。

このころ信長は、少し余裕のある時期です。
弟・信行の始末がつき、上洛時の振る舞いで斎藤義龍にも精神的ダメージを与えることに成功したため(前32話)、いよいよ尾張統一に向けて本格的にケリをつけることにした……という感じでしょうか。

まず信長は町を焼き払って城を裸同然にし、四方に柵を張り巡らせて、完全に包囲。
さらに、兵に命じて周辺の巡回もやらせていたらしいので、まさに蟻一匹通さないという状態でした。

岩倉城跡/photo by
Tonatsu wikipediaより引用

その状態で包囲を続けたそうですから、城内の人間としてはたまったものではありません。
しかも信長は四方から火矢や鉄砲を撃たせ、心身ともに攻めかけます。

元々【浮野の戦い】で多くの家臣を失っていた伊勢守家です。

浮野の戦いで一騎打ち!~戦国初心者にも超わかる『信長公記』第30話

周辺を焼き払われ、完全に包囲され、兵糧も日々減っていくとなれば、あとは時間の問題でしかありません。

籠城は、後詰め(救出)に来る勢力がないと崩れるのが相場です。

 

スポンサーリンク

バラバラだった伊勢守家

詳しい日付は不明ながら、2~3ヶ月の後、城方はついに降参しました。
将兵は散り散りに逃げ、岩倉城は信長軍によって破壊されたといいます。

……ところで、お気づきでしょうか。
半守護の本拠地を攻めた割に、中心であるはずの織田伊勢守家の人間が全く出てきませんね。

武士の本分・戦功を挙げるべく活躍した人がいない。

そもそも浮野の戦いの前から、伊勢守家はバラバラでした。
当主だった織田信安が、なぜか長男・織田信賢ではなく、次男・織田信家に家督を継がせたがったからです。

そのため信賢にブチ切れられ、信安は城から閉め出されていました。トーチャンかっこ悪すぎます。

しかし、そのおかげで岩倉城攻めの際に命は助けられました。

しばらくは斎藤氏に身を寄せ、義龍とその子・斎藤龍興に仕えた後、しばらく京都に住んでいたといいます。
さらに時が経ってから、同族のよしみで信長に許されました。

信安は美濃にいくらかの領地をもらい、晩年は安土・総見寺の住職になっていたとか。

 

長男・信賢は行方知れず

また、信安にひいきされていた次男・信家は、信長の嫡男・織田信忠の家臣として仕えました。

誠意を示したのか。
父親よりは若い分見込みがあると思われたのか。
信長から一定以上の信頼を得ていたようです。

前田利家が元服する際、烏帽子親を務めたともされています。

一番割りを食ったともいえるのが、長男・信賢ですね。

岩倉城の戦いで降伏した後、信長に追放された後の行方がはっきりしていません。

降伏から間もなく自刃した説と、「後に旧臣である山内一豊に招かれ、土佐で200石を与えられた」という説があります。踏んだり蹴ったりとはまさにこのことですね……。

なにはともあれ、こうして足元を固めてきた信長。
その名前は、少しずつ別の地域にも聞こえるようになっていました。

次回と次々回は、信長に興味を持った、とある戦国ビッグネームが少しだけ出てきます。

※信長の生涯を一気に読まれたい方は
コチラの記事→織田信長
をご一読ください。

なお、以下にも戦国武将列伝がございます。

豊臣秀吉
徳川家康
伊達政宗
真田幸村(真田信繁)
武田信玄
斎藤道三
北条早雲
毛利元就
黒田官兵衛
竹中半兵衛
長宗我部元親
島津義弘
立花宗茂

長月 七紀・記




スポンサーリンク


【参考】
国史大辞典
現代語訳 信長 公記 (新人物文庫)(→amazon link)

 



-信長公記

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.