信長公記

信長と義昭 上洛戦の一部始終!戦国初心者にも超わかる『信長公記』第52話

更新日:

今回は織田信長と足利義昭の上洛戦一部始終を追っていきます。

永禄十一年(1568年)9月に美濃を発った信長一行が京都に到着するのは10月のこと。
日に沿って進めて参りましょう。

 

9月7日 徳川からも参戦

織田信長足利義昭にあいさつし、先行する形で出陣しました。

尾張・美濃・北伊勢の兵の他に、同盟を組んでいた徳川からは、徳川家康の名代として松平信一という人が兵を率いて参加しています。

松平信一/wikipediaより引用

この人は家康の祖父・松平清康のいとこですが、天文八年(1539年)生まれのため、信長と家康のちょうど中間くらいの年代です。

・織田信長(1534年生まれ)
・徳川家康(1543年生まれ)

総勢6万という、これまでと比べてかなりの規模の軍。

この日は平尾村(岐阜県不破郡)まで進んだようです。

 

9月8日 大返し並の進軍速度

近江の高宮(滋賀県彦根市)に到着。
ここで二日間、兵と馬に休息を取らせました。

現代の道路で岐阜~不破郡がおおよそ56kmほどで、不破郡~彦根市が30kmほどなので、当時の交通事情を考えると、2日間で実質100kmぐらいは行軍したかもしれません。

かなりの距離です。
豊臣秀吉中国大返し(約230km)並に速いぐらいなので、ぶっちゃけ、この記録はちょっと怪しい香りがします。

むろん馬だけでしたら問題ないですね。
それと二日間休みを取っておりますので、絶対にこなせない距離ではないと思いますが……。

中国大返し! 秀吉・官兵衛の10日間で230km強行軍を考察してみる

 

9月11日 支城は無視せよ、観音寺城を目指せ

高宮から琵琶湖の外周を南西へ進み、愛知川近辺で野営を張りました。

信長は自ら馬で周囲を駆け回り、状況を確認していたようです。
毎度のことながら、フットワークの軽さがよくわかりますね。

信長最大の武器と言ってもいいでしょう。

当時、近江には守護である六角氏の城がたくさんあり、上洛戦は難航すると思われていました。
常人ならば、一つずつ城を攻略していこうとするでしょう。

しかし、ただでさえ長い行軍をしてきた織田方と、地元である六角方とでは、長期戦になった場合前者が不利です。
近江全体が一つの城と考えれば、広大な城攻めをするような状態になりますからね。

そこは信長、目の付け所が違います。
六角氏に属する他の城は放置し、本拠の観音寺城とその支城・箕作(山)城だけを攻めることにしたのです。
だからこその行軍だったのでしょう。

上洛戦の数年前から、六角氏はお家騒動で揺れており、今まで同盟関係にあった浅井氏も織田方につくという有様でした。
そのため、信長はこう考えたようです。

「城の数が多いだけで、六角方は一枚岩ではない。大将さえ落としてしまえば、後はこちらになびくだろう」

 

9月12日 箕作城攻略

この日の午後四時から、以下の面々に箕作城を攻めさせました。

佐久間信盛(信長の筆頭家老)
・木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)
丹羽長秀(「米五郎左」こと信長の腹心)
・浅井正澄

正澄だけ素性がよくわかりません。
後に姉川の戦いなどでまた出てきますので、浅井軍からの参加だと思われます。

箕作城はこの日夜に陥落し、信長もここへ来て一晩休息しました。

この日の記述には、戦の経過のほかに、ちょっとした逸話が添えられています。

箕作城攻めは、信長が美濃を手中に収めてから最初の本格的な戦でした。
そのため、美濃の将兵、特に”美濃三人衆”と呼ばれていた

稲葉一鉄(「一徹者」の由来になったとされる人物)
・氏家卜全(美濃の1/3を治めていた実力者)
・安藤守就(竹中半兵衛の舅)

西美濃三人衆の一人・稲葉一鉄(稲葉良通)/wikipediaより引用

などは、次のように心配していたそうです。

「信長公への忠誠を試すために、この戦では先鋒として使われるであろう」

こういうやり方はよくある話ですし、わざと激戦になりそうなところへ配置されることも少なくありません。

ところが、信長は違いました。
この日は美濃衆ではなく、自分の御馬廻衆を使ったのです。

心配していた人々は首を傾げたようで、信長の真意はわかりません。
想像するに、美濃衆をイヤイヤ働かせて上洛中の離反を防いだのでしょう。

ちょっとでも信長方が隙を見せれば、六角方が勢いづいてしまいますし、徳川軍や浅井軍への示しがつきません。
下手にプレッシャーを与えて足並みを乱すより、統制を意図したのでしょうね。

 

9月13日~9月27日 本拠地・観音寺城陥落

9月13日

いよいよ六角氏の本拠・観音寺山に攻め上りました。

が、既に城主の六角親子三人は逃げた後でした。
残党も降参したため、信長は人質を取って監視をさせるに留め、先へ進みます。

近江の主である六角氏が信長に事実上敗れたため、他の近江の城主たちも次々に降伏しました。

9月14日

近江国内を攻略し終わったため、信長は義昭の迎えとして、不破光治を派遣しました。
義昭は21日に柏原の上菩提院(米原市)、22日に桑実寺(蒲生郡)に到着します。

9月24日

この日は、信長が守山へ進軍した、とだけ記述。
箕作城攻めでかなり損耗していたようなので、この間に兵馬の休息もさせていたと思われます。

9月25日

「琵琶湖を船で渡ろうとしたが、舟の都合がつかず駐留した」とあります。
なんだか間の抜けた話にも思えますが、なんせ6万という大所帯なので、片っ端から舟を集めなければならなかったのでしょう。

9月26日

琵琶湖を渡り、三井寺極楽院(園城寺/大津市)に布陣しました。
信長の本隊以外は、付近の馬場・松本に陣を張ったようです。

9月27日

義昭が琵琶湖を渡り、三井寺極楽院に到着したことのみが書かれています。

義昭は信長に同行していたわけではなく、常に後を追いかけるような形で上洛していたんですね。
まぁ、そっちの方が安全ですし。

 

9月28日 京都入りして三好攻め

信長が東福寺(京都市東山区)に陣を移し、義昭も京都の清水寺へ入りました。

この時点で上洛そのものは終わったとも取れますが、三好方の驚異を払わない限り、まだ安心はできません。
そこで、三好三人衆の一人・石成友通がいた青龍寺(勝竜寺)城を攻めることにし、以下の面々に先鋒を命じました。

柴田勝家
・蜂屋頼隆
森可成
・坂井政尚

坂井政尚は元々美濃斎藤氏に仕えていた人で、信長が美濃を攻略した後、織田氏へ仕えるようになっていました。

彼の名前がはっきり出てくるのはここが初めてであること、箕作山城攻めで美濃衆が使われなかったことを併せて考えると、政尚にとってはやりがいとプレッシャーのある戦だったと思われます。

他の三人も政尚の立場を理解してか、うまく協力して攻撃。
敵の首を50以上も取る大勝を収めました。

首は信長の下へ送られ、実検されたようです。
特記がないので、大将首といえるものはなかったのかもしれません。

 

9月29日~10月2日

9月29日

信長自身で青龍寺城へ出馬し、寺戸・寂照院に布陣しました。

が、ここで石成友通があっさり降伏。
戦にならず終わっています。

9月30日

現在の大阪近辺にあった三好方の城を攻略するため、進軍を続けました。
信長は山崎に着陣、先鋒は天神の馬場に布陣したようです。

芥川山城(大阪府高槻市)に細川京兆家当主である細川昭元と、三好三人衆の一人・三好長逸が立てこもっていましたが、この日の夜に逃げ出しています。

三好氏の家臣だった篠原長房の居城である越水城(兵庫県西宮市)。
彼が持っていた滝山城(兵庫県神戸市)。
いずれも戦になる前に敵方が逃亡し、マトモな戦いにはなりませんでした。

信長は義昭のお供をして、一度芥川山城へ移ったようです。

10月2日

池田城(大阪府池田市)で抵抗を続けていた池田勝正を攻めました。

最後まで交戦していただけあり、ここはかなりの激戦。
敵味方ともに多くの死傷者が出たようです。

 

一例として『信長公記』には以下のような戦績が挙げられています。

・水野信元の家来である梶川高秀が、腰骨を突かれ、後退する途中で討ち死に
・信長の御馬廻衆である魚住隼人が負傷

信長は池田城と城下町に火を放つと、この戦を終わりとしました。
池田勝正は降参し、人質を出したため許されています。

そして、どこから噂を聞きつけたものか。
この時期は信長の下へ献上品を持って挨拶に来る人々が多くいました。

松永久秀から九十九髪茄子(茶入)
・今井宗久から松島(茶壺)と紹鴎茄子(茶入)

送り主がわかるのはこの二件だけですが、信長が芥川に滞在していた14日の間、宿所はこういった人々でごった返していた……と書かれています。

中には、「その昔、源義経一ノ谷の戦いで身につけていたという鎧」を持ってきた者もいたとか。

しかし、その人の名前が書かれていないので、著者の太田牛一は眉唾ものだと思っていたようです。
どこぞの鑑定団の出張版みたいな感じだったんでしょうかね。

 

10月14日

義昭が京都六条の本圀寺に移り、信長は清水寺へ入りました。
大所帯なので、軍規の乱れが起きないよう、治安維持に気を配っていたようです。

近くは応仁の乱に続く混乱、古くは木曽義仲など、京の人々は武士そのものに悪いイメージが強かったため、厳しく取り締まったのでしょう。

ここから10日ほどで、周辺地域の城主たちも信長に降参し、畿内は安定しました。

信長は細川昭元の屋敷を義昭の御殿とし、太刀と馬を再度献上したとあります。
義昭は返礼として、信長に食事を振る舞ったり、自ら酌をしたり、剣を送ったりしたとか。

この時点では、少なくとも表向きは良好な関係だったことがわかりますね。

 

10月22日

義昭が朝廷へ参内し、正式に征夷大将軍を任命されました。
室町幕府15代将軍の誕生です。

足利義昭/wikipediaより引用

10月22日とは、出陣から約一ヶ月半であり、義昭が信長のもとへやってきてから、わずか三ヶ月というスピードでした。

やっぱり動きが早いですよね!
現代のビジネスマンにしても成功しそうな雰囲気です。

こうして義昭の本願は達成されましたが、これで全てがうまくいくとは限らないのが、戦国の世の厳しさというところ。
戦も政争もガンガン続きます。

長月 七紀・記

※信長の生涯を一気にお読みになりたい方は以下のリンク先をご覧ください。

織田信長49年の生涯をスッキリ解説!生誕から本能寺の変まで【年表付】

織 ...

続きを見る

なお、以下にも明智光秀をはじめとした戦国武将列伝がございます。

明智光秀の生涯55年をスッキリ解説!なぜ織田家No.1の出世頭が本能寺へ?

明 ...

続きを見る

当初は信長の敵だった鬼柴田!? 柴田勝家62年の生涯をスッキリ解説!

戦 ...

続きを見る

明智光秀の妻(明智煕子)
細川ガラシャ(明智玉子・明智玉)
細川藤孝(細川幽斎)
明智秀満
斎藤義龍
豊臣秀吉
徳川家康
伊達政宗
真田幸村真田信繁
武田信玄
斎藤道三
北条早雲
毛利元就
黒田官兵衛
竹中半兵衛
長宗我部元親
島津義弘
立花宗茂

戦国武将データベース

【参考】
国史大辞典
『現代語訳 信長公記 (新人物文庫)』(→amazon link
『信長研究の最前線 (歴史新書y 49)』(→amazon link
『織田信長合戦全録―桶狭間から本能寺まで (中公新書)』(→amazon link
『織田信長家臣人名辞典』(→amazon link
『戦国武将合戦事典』(→amazon link

 



-信長公記

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.