日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

佐用城があった丘陵

スポンサーリンク

黒田官兵衛百物語 黒田家 名脇役

竹中半兵衛との出会い 佐用城(福原城)攻め【軍師・黒田官兵衛百物語6】

更新日:


西播磨(兵庫県西部)の大名である小寺家は黒田官兵衛の尽力で、織田信長に従うことになった。

これに危機を覚えた毛利方が海から急襲した天正5年(1577)5月の英賀合戦で、官兵衛が「軍師」ぶりを発揮して撃退。織田軍が来る前に官兵衛が小寺家のみの小勢力で勝利した影響は大きかった。
どっちつかずだった西播磨の諸勢力がなだれをうって織田方についたのだった。

毛利との直接対決を決断した織田信長は、この年の10月、羽柴秀吉を将として兵7千を西播磨へと進攻させた。

5年に亘る織田軍の毛利との攻防のはじまりだ。

狙いは、備前・美作(みまさか、岡山県)のラインを突破すること。美作国境付近にある上月城が遠征作戦の最初の目標だ。そのために11月26日、まずは上月城から4キロに位置する佐用城(福原城)を秀吉・官兵衛たちが攻めることになった。

佐用城があった丘陵

佐用城があった丘陵

sayoujoukanbei佐用城主郭部分

佐用城の主郭部分

先遣隊を任された官兵衛は孫子の兵法「囲師必闕」に習い三方から塞ぎながら、一方に敵の逃げ道を作る作戦で臨んだ。この戦いで、秀吉の「軍師」として名高い竹中半兵衛とともに作戦を行っている。

黒田家譜は「孝高(官兵衛)の謀(はかりごと)にて三方を囲み 一方を攻め給う これ孫子が 所謂 囲師必闕という軍法なり」と語っている 。

夜半から攻撃を開始し、三方から苛烈に攻め上げた。すると、明け方近くには、開いていた一方から逃亡する城兵がではじめる。終いには、城主・福原助就も飛び出して来て打ち取られてしまった。

主郭に鎮座する福原氏を祀る「福原霊社」

主郭に鎮座する福原氏を祀る「福原霊社」

織田軍の将僚・秀吉の軍師としての官兵衛デビュー戦は孫子で勝利を飾った。そして秀吉軍は次ぎの目的地、上月城へと向かう。

 

なお、毛利方として佐用城の支援(後詰)に来たのが、宇喜多直家(のちの五大老・秀家の父)である。秀吉軍と激突した直家は首619もとられるという大敗北を喫した。2年後に宇喜多は秀吉に寝返るのだが、二兵衛(官兵衛と竹中半兵衛)のペアの活躍の影響もあっただろう。

百物語7へつづく
FrcoDon・記・写真

佐用城址/兵庫県用郡佐用町佐用

参考
佐用町役場HP

黒田家譜

スポンサーリンク

渡邊大門『黒田官兵衛 作られた軍師像』(講談社現代新書)





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-黒田官兵衛百物語, 黒田家, 名脇役

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.