日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

竹森次真(黒田二十四騎画帖、福岡市博物館蔵)

スポンサーリンク

黒田官兵衛百物語 黒田家 名脇役

黒田二十四騎が一人・竹森次真が敵将の首級をゆずる【軍師黒田官兵衛百物語8】

更新日:

黒田二十四騎とよばれる官兵衛の時代から黒田家を支えた家臣団がいる。最も有名なのはのちに離反し、大坂の陣で豊臣方として活躍した後藤又兵衛基次だろう。

この中に数えられる竹森新二郎(新右衛門次真=つぐざね)は、前々回の6回目で取り上げた羽柴秀吉による毛利氏攻略の緒戦となった天正5年(1577)11月の佐用城攻めでのエピソード(黒田家譜)がある。

竹森次真(黒田二十四騎画帖、福岡市博物館蔵)

竹森次真(黒田二十四騎画帖、福岡市博物館蔵)

 

佐用城攻めでは、三方を厳しく固め、一方の囲みをわざと緩めておくという攻城体制をとり、秀吉軍の先鋒となって官兵衛は指揮をとった。

おりしも、以前、秀吉に仕えていたが失敗があって、浪人の身分でいる平塚藤蔵という侍が官兵衛を頼ってきた。秀吉への取りなしを願いたいというのだ。

ただでは取りなしも難しいと考えた官兵衛は、「今夜、三方から城を攻めあげる。その時に、囲みを緩くした一方で隠れて待て。そこへたまりかねて、城外へと逃げ出そうと堕ちて来る者を討ち手柄にしろ、その手柄をもって上様へとりなしてやる」といった。

夜半、藤蔵が隠れていると、秀吉軍の猛攻が始まった。雑兵が緩い囲いを目指して堕ちていくのを見捨て、万を持して待つと、将僚級のいで立ちをした侍が、6人の供回りを連れて郭を駆け下ってきた。

藤蔵はここぞとばかりに飛び出し、7人の敵に向かい槍を突き立てる。しかし7人を相手に、逆に追いつめられる。そこへ、竹森新二郎が踏み込み、敵の一人の腹に槍を入れ斃すと他の武将たちは逃げていった。

新二郎が倒した侍とはなんと城主の福原助就だった。
新二郎は、藤蔵に助就の首級をあげるようにいうが、藤蔵は傷もうけ、性根も尽き果てた態で、動くことができなかった。新二郎は変わりに首級をあげ、藤蔵の手柄として渡した。

このことが陣中でうわさとなり、さすがは官兵衛の家来がやることだと評判になった。
藤蔵は、再び秀吉に仕え、後には美濃に一万石を与えられ城持ちとなっている。関ヶ原の合戦では西軍で、大谷吉継とともに小早川秀秋らの「裏切り」を少ない兵で止めた平塚為広である。

9回に続く

スポンサーリンク

FrcoDon(福岡在住)・記

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-黒田官兵衛百物語, 黒田家, 名脇役

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.