日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

これが真の姿だ!!(くらたにゆきこ・絵)

スポンサーリンク

歴史漫画ウソホント 中国 三国志 名脇役

天才戦略家・魯粛の名誉、回復します!孔明や周瑜の引き立て役ではござーせん!【横山光輝「三国志」】

更新日:

 

往年の名作、横山光輝「三国志」。あまたの登場人物の中で最も「お人好し」オーラを出しているのが、呉の重臣魯粛でしょう。下膨れの風貌といい、温厚な性格といい……

横山三国志では、諸葛孔明と協力して劉備と孫権を同盟させ、孔明の打ち出す「天下三分の計」をアシストする役割を果たします。しかし、軍略の天才孔明と呉の俊英周瑜、二人の間の連絡役として右往左往する、ちょっとかわいそうな役回りも。孔明に翻弄された挙句、上司の周瑜に「お主は他のことはよくできても、外交官の才能は零(ゼロ)だのう」と言われるシーンは余りにも気の毒です。それなら魯粛を外交官として使うなよ、周瑜!

 魯粛をなめるな!すごい男だぜ

さて、なぜ筆者がここまで魯粛に同情してしまうかというと、正史における魯粛は、極めて優秀な戦略家と言えるからです。

これが真の姿だ!!(くらたにゆきこ・絵)

これが真の姿だ!!(くらたにゆきこ・絵)

 

スポンサーリンク

「天下三分の計」オリジナルは魯粛!?

例えば、多くのメディアでは「天下三分の計」は孔明が献策することになっています。横山三国志でも同様です。しかし、正史を紐解いてみると、意外な事実にいきあたります。なんと、魯粛のほうが孔明より先に「天下三分」を唱えていたのです!

孫策が横死し孫権が跡を継いだばかりの頃(紀元200年頃)、魯粛は献策を行います。「三国志」魯粛伝に曰く―――曹操は強く、漢は復興できないので、殿は江東を拠点に三分された天下の一つを支配する状況を作り出し、皇帝を名乗ってから、天下が変わるのを待つべきです……

まさにこれぞ「天下三分の計」と呼ぶにふさわしいものではありませんか!補足しておきますが、渡邉義浩「『三国志』の政治と思想 史実の英雄たち」(2012年、講談社)によれば、「孔明が魯粛の策をパクった」とかいう単純なものではなく、魯粛と孔明の策は根本の思想から違っていた、ということは注意しておいてください。

孔明が劉備に進言した策をまとめると、「まず天下を曹操・孫権・劉備で分け、孫権と連合して曹操を倒し、そののち孫権も倒して、漢朝を復興させましょう」というものです。漢朝の復興が前提にあって、そのための一番現実的な筋道としての天下三分だったわけです。

 

スポンサーリンク

 孔明より早く皇帝につけと進言

それに比べて魯粛はどうか。主君の孫権に皇帝を名乗れ、といっています。漢の復興に見切りを付け、孫権の勢力を生き残らせるのを最優先する戦略が、魯粛にとっての天下三分。漢朝への忠誠を一番に考える儒教的な考えを持っていた当時の名士たちから見れば、相当に常識を超えた策です。

また、曹操・孫権に続く「第三の男」として劉備勢力を育てようとする、という戦略も革新的ですね。「自ら帝位を名乗る」という大胆な発想はその時の孫権にはなく、魯粛の天下三分の計は生かされませんでした。先見の明がありすぎたのでしょう。

しかし後年、赤壁の戦い(208年)においては、劉備に孫権との同盟を承諾させ、自らの戦略通り天下三分へと中国史を動かしていくのです。

 

実は大胆不敵なエピソードの多いイカシタ男

そもそも正史を紐解けば、「富豪の家に生まれたが、乱世になると私兵を集めて訓練をし始め、周りから『狂児』と呼ばれた」、「周瑜に食料の援助を頼まれたとき、倉一つをまるごとあげてしまった」などなど、大胆不敵にして気前の良い快男児であったことがうかがえます。

最近では、ゲームでの知略値を高くしてもらったり、漫画「蒼天航路」では能動的に動くかっこいいキャラクターとして登場したりと、魯粛の扱いは確実に向上していますが、その能力や魅力は、さらに評価されてしかるべきではないでしょうか?

 

三城俊一・記

スポンサーリンク

参考文献:渡邉義浩「『三国志』の政治と思想 史実の英雄たち」





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-歴史漫画ウソホント, 中国, 三国志, 名脇役
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.