日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

黒田官兵衛百物語 黒田家 名脇役

黒田長政から離縁された糸姫と迎えた栄姫のその後【軍師黒田官兵衛百物語86話】 

更新日:

 

関ヶ原の合戦の直前に長政は、秀吉の股肱の臣だった蜂須賀正勝の娘糸姫を離縁し、保科正直の娘で家康の養女となった栄姫を正室に迎えます。

離縁された糸姫は実家の阿波蜂須賀家に戻り、正保二年(1645)に死去します。この離縁がきっかけで、江戸時代の間、黒田、蜂須賀両家は、いわゆる「不通大名」の関係となり、交流が途絶し江戸城内で会っても会釈も挨拶も交えることがなかったといいます。

糸姫と長政の間には菊姫という娘がいましたが、菊姫は黒田家に残り、11歳の時に官兵衛主催の連歌会に連なっていたことが伝えられています。 後には、黒田家の二番手の家老井上九郎右衛門の家(*コメントご指摘ありがとうございます)に嫁ぎます。

一方、栄姫は長男萬徳はか、四男二女を授かります。

長男萬徳は10歳になる慶長十七年(1612)に、長政に連れられ駿府、江戸と回り、すでに隠居し大御所となっていた家康と二代将軍秀忠への初お目見えを果たしています。

元服式もこの時の江戸滞在中に行われ、萬徳は右衛門佐に任じられるとともに、将軍から名の一字を下され忠之と名乗ることになります。黒田家は以後、大御所の孫(栄姫は養女ではありますが)が当主だった家として松平姓の使用が許されます。

慶長十九年(1614)の大坂冬の陣で忠之は、家康拝領の黒漆塗南蛮鉢歯朶前立兜(くろうるしなんばんはちしだまえたてかぶ と)を着用し出陣します。

Frco・Don記

スポンサーリンク

つづく

東長寺の黒田忠之墓碑

東長寺の黒田忠之墓碑

黒田忠之菩提寺東長寺(博多区御供所町)の五重塔

黒田忠之菩提寺東長寺(博多区御供所町)の五重塔

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-黒田官兵衛百物語, 黒田家, 名脇役
-, ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.