日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

大河ドラマ・朝ドラ他

月9ドラマ『信長協奏曲』ネタバレ感想レビュー第8話 織田家のために家族のためにもりりん(森可成)死す

更新日:

 

現代から戦国時代へタイムスリップしてしまったサブロー。偶然出会った織田信長に入れ替わりを頼まれ、そのまま信長の功績を辿るようにして活躍し、先週は浅井・朝倉連合軍を姉川の決戦で「倍返し!」してやった(詳細はコチラ)。

今週は、いよいよ森家大活躍の回。というより、史実的には森家にとって悲劇でもあり、歴史に名を残すことにもなった【宇佐山城の戦い】が舞台。

さぁ、いってみよ!

今週の主役はサブロー信長(左)というより森可成さん(右)/信長協奏曲公式HPより引用

今週の主役はサブロー信長(左)というより森可成さん(右)/信長協奏曲公式HPより引用

 

ヤクザ松永久秀さんが態度を豹変 何がある?

オープニングは、現代のヤクザが戦国へタイムスリップし、下克上を実践している松永弾正久秀さんから。演じるのは古田新太さんである。

前回、織田家に姿を現したときには「織田家はもう終わりだな」という捨て台詞を吐きながらその場を去ったのに、今回は態度を一転。

「信長さん、いやぁ、撃たれたって聞いたんですけど、大丈夫でしたか?
内臓とか出ませんでしたか? 平気なんですか?」

もう気持ち悪いほどに低姿勢なのである。これには、鈍いサブロー信長もさすがに怪訝とした表情を浮かべるしかない。

サブロー信長「前会ったときからすげぇキャラ変してません?」

やはりそれには裏があり、調子よく態度をころころ変え、織田信長に同盟を申し込みにきたのであった。

戦国時代にあまり詳しくない方へ申し上げておくと、松永久秀は戦国三大梟雄(ほかは斎藤道三と宇喜多直家)の一人として知られており、織田信長を裏切ることでも有名である。

もちろん、歴史に疎いサブロー信長はそんなこと露も知らず、話を快諾。織田家は松永家と同盟を結ぶのであった。

現代ではヤクザだった松永久秀(古田新太さん)/信長協奏曲公式HPより引用

現代ではヤクザだった松永久秀(古田新太さん)/信長協奏曲公式HPより引用

 

スポンサーリンク

私のマニ・・・?マニふぃ・・・? マニmふぃあえいだ!

城外ではその頃、家臣の森可成が領民たちに追われているところであった。

「年貢が高いから下げろ!」と文句を言いに来ていたのである。

この一報を聞き、即座に動いたのがサブロー信長。松永久秀に「領民の声を聞くと良い」とアドバイスをされ、さっそく、行動に移したのである。

サブロー信長は、領民たちの前に立ち、語る。

「みなさーん、織田信長です! 皆さんの話、聞かせてください! 国民のため、暮らしやし世の中を作ります。
それが私の【マニ・・・】あれ?なんだっけ?」

と、マニフェストの言葉を忘れてしまった様子。結局、わからないまま曖昧に「マニmふぃあえいだ!」と言い切り、続けて「とにかく、いいくに作ろう織田信長、私が変える! 元気ですかー!」とアントニオ猪木で締めくくるのであった。

そしてそれを実践に動かすタイミングはすぐにやってくる。帰蝶(濃姫と買い物に出かけたときのことだった。

帰蝶とお買い物♪/信長協奏曲公式HPより引用

帰蝶とお買い物♪/信長協奏曲公式HPより引用

 

スポンサーリンク

座を開放すれば日ノ本中から人が押し寄せます!

サブロー信長は、このとき始めて「座」の存在を知った。

座とは、商人仲間たちの組合のことで、これに加入していないとその町で自由に商売ができない。また、仲間になろうとしても会費が高いため、簡単には入れない。言わば、先行者たちの既得権益であり市場の発達を阻害している存在だった。

だったら、そんなもんなくしちゃおうよ!byサブロー信長

ってなわけで、あらためて木下藤吉郎を連れて信長がやってきたのが饅頭屋。木下藤吉郎(山田孝之さん)が饅頭を「うまい!」とべた褒めしながら語るのである。

「座を開放すれば、日ノ本中から人が押し寄せ、10倍は売れますぞ。人も増え、饅頭も売れる! 殿が目指してるのはそういう世界ですよね。そして(饅頭屋の)懐にはゼニが入りますぞ!」
饅頭屋「しかし、関所が・・・」

饅頭屋は懸念する。人が来ると言っても、途中の関所がそれを邪魔している。中世は、関所で通行料を取るのが一般的で、これも地元権力者たちの収入となっていた。

そこで、サブロー信長は関所の撤廃も即座に決定。

「オレと一緒に、この街、盛り上げましょう!」

と話を進めてしまうのである。これが今でも日本の小中学校で教えられている【楽市楽座】である。

猿こと木下藤吉郎(山田孝之さん)は、この一件の褒美として、羽柴秀吉の名前を名乗ることになった。丹羽長秀の「羽」、柴田勝家の「柴」から一字ずつもらったのは有名な話である。

ガサツキャラNo.1の柴田勝家さん/信長協奏曲公式サイトより引用

ガサツキャラNo.1の柴田勝家さん/信長協奏曲公式サイトより引用

 

本来は猛将として知られた男なのに・・・

サブローの楽市楽座が進む一方、問題が起こりつつ合ったのが森家である。

ご存知ない方に説明申し上げると、史実の森家は織田家の重臣中の重臣で、その長である可成(よしなり)はドラマのように情けないどころか【猛将】として知られた人物である。

言わば柴田勝家みたいなもので、その子供には【美少年小姓】として有名な森蘭丸や、これまた猛将として知られた森長可がいる。

信長協奏曲の中で、森長可は史実通り猛将タイプで、領民にすらヘーコラする父親の態度が許せないのであった。

長可「父上が情けのうございます。武士が領民に安々とアタマを下げるなど」

戦国時代に実父へこんなこと言ったらさすがにヤバいのでは?と思うのだが、可成はそれでも言い返せずに、池田恒興(向井理さん)へ愚痴をこぼす。

可成「わしはこんな見てくれですし、剣術も得意とは言えませぬ。なんともみっともない父親です。
わしはときどき思うのです。もし、勝家どののように男らしかったら、丹羽殿のように博識であれば、秀吉殿のように雄弁であれば・・・。せがれたちも、少しは誇れるのかなぁと」

森一族とサブロー信長/信長協奏曲公式HPより引用

森一族とサブロー信長/信長協奏曲公式HPより引用

 

今週は大西ライオンの「しーんぱーいないさー!」炸裂!

「元気ですかー!」

楽市楽座や関所の撤廃、徴兵制の変更(次男以下を徴収)などなど、信長が実行したとされる改革をサブロー信長も実施。

当人は歴史的な事実を知らず、あくまで自然の流れで思いついたことになっている。

ちなみに、楽市楽座を一番最初に取り入れたのは織田信長ではなく六角定頼だとされていて、この武将は、最初の天守閣を作った戦国大名としても有名。織田信長が岐阜から京都を目指す途中の南近江に勢力があったので、史実の信長も「ご近所さん」の政策を真似した可能性がある。

「これが私のマニュファクチャ―です!(細かいけれど、また家内制手工業と間違えてますね)」

さらに・・・、今週はこの現代ネタが炸裂!

「しーんぱーいないさー!」

なんと大西ライオンのあの台詞である。

役柄とはいえ小栗旬さんに言わせるとは、大西ライオンさんもいよいよ出世したもんです。個人的には好きな芸人さんなので、さらにブレイクして欲しいですが・・・。

大西ライオンのギャグがすべるかどうか心配しているのでしょうか/信長協奏曲公式HPより引用

大西ライオンのギャグがすべるかどうか心配しているのでしょうか/信長協奏曲公式HPより引用

 

エロ本を渡した瞬間に態度が豹変する

楽市楽座や関所の撤廃を実行すると、それを聞きつけた徳川家康がやってきた。

「なんたる妙案!楽市楽座でございますな!」
「家康くん、キャラ変わってない?」

以前は、女好きでフニャフニャしていた濱田岳さん演ずる家康が一転、( ー`дー´)キリッとした表情で語るのである。極端な性格という設定なのであろう。

「それがしは今、男に夢中なのです!」などと言い出す始末。それならそれでマズイだろうに、家康さんは一向に慌てない。まさに人が変わったのである。

と思ったら・・・。

サブロー信長「あーあ、でも残念だなぁ。これ持ってると帰蝶がいやがるからさぁ。女好きの家康くんにもらってもらおうと思ったのに」

差し出したのは、サブローが現代へタイムスリップするときに持ってきたエロ本だった。途端に目の色を抱えて信長に飛びかかる家康。ほんとうにどうしようもない。そして・・・。

「中にオナゴが入っておる! こんにちわー。それがし名を徳川家康と申します。
あれぇ。それがし名を徳川家康と申します!」

鼻の下を伸ばしてエロ本の写真に向かってご挨拶。信長に「絵」だと指摘されてようやく気づいていたが、いくらなんでも写真を本物の人と間違えるハズはなかろう。

いずれにせよ、このエロ本が徳川家康の運命を変えていくのであった。

エロ本に見入る徳川家康。濱田岳さんがハマり役すぎて・・・冬・・・/信長協奏曲公式HPより引用

エロ本に見入る徳川家康。濱田岳さんがハマり役すぎて・・・冬・・・/信長協奏曲公式HPより引用

 

スポンサーリンク

続きは次ページへ

 

次のページへ >





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-大河ドラマ・朝ドラ他
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.