歴史戦国ジャンルでアクセス日本一!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

9歳の子役に演じさせたらタイーホな感じ(絵・霜月けい)

花燃ゆレビュー 大河ドラマ・朝ドラ他

花燃ゆ視聴率速報第2話「波乱の恋文」はいきなり急降下3.3ポイントダウンの13.3%…

更新日:

2015年1月11日(日)に放送されたNHKの大河ドラマ「花燃ゆ」の第2話の視聴率は13.3%でした。
軍師官兵衛の最終回から3回分を見ると、17.6%、16.7%、13.3%と下落が止まりません。

 

番組では1回目は子役でしたが、2回目からは主役が登場した回だけに、この下落はなにかこのドラマに問題があると視聴率に思われている可能性もあるのではないでしょうか。もう制作者息していません。文~早くおにぎり持ってきて~。

視聴率の低さでは近年では平清盛が有名ですが、平清盛の場合はリアルさを追及しすぎて、一般視聴者を置き去りにしたというチャレジングなドラマで、今も根強いファンがいます。

一方、「花燃ゆ」の番組コンセプトは青春学園ドラマという非常に軽いもの。吉田松陰や長州ファンは多いはずですが、「松陰、イケメン、最高」みたいな歴史ファンはそれほどいない可能性があります。むしろ、そういう扱いにすればするほど、ディープな幕末ファンはそっぽを向いてしまうかもしれません。
ディープなファンも生み出せずに一般視聴者からも見放されるとなると、とても悲しい事態です。

立て直しの方法案は、当サイトでも指摘しております。

「こんな「花燃ゆ」はいやだ!始まる前からやばい7つの悪夢」 ←これの真逆をすればOK

「ならば言おう!こんな大河ドラマを見たい!秀作歴史ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』に学ぶ」 ←先人に学ぶところから始めてはいかが




スポンサーリンク


「花燃ゆ」感想マンガ第2話「波乱の恋文」過去の大河の悪い部分を集めた悪魔合体なのか





動画配信サービス・主要7社
当サイトで試してみました


注目!西郷隆盛2番目の妻
愛加那(とぅま)とは?


1位 朝ドラまんぷくモデル
安藤百福50歳からチキンラーメンを開発!


2位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


5位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


6位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


7位 四国の覇王!
長宗我部元親の生涯とは


8位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


9位 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


10位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


注目! 日米修好通商条約の真実
タフネゴシエーター岩瀬忠震


-花燃ゆレビュー, 大河ドラマ・朝ドラ他

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.