日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

大河ドラマ・朝ドラ他

佐久間象山が暗殺され、池田屋事件が起き、坂本龍馬も縁深い町が舞台 映画『木屋町DARUMA』が激ヤバです

更新日:

 

千年の都・京都には、他の都市では逆立ちしても勝てない業(ごう)がある。

とりわけ江戸中期から急速に発展した「木屋町」という一画は、もともと米や塩などの商業者で賑わっていたが、いつしか茶屋、料理屋や旅籠屋で賑わう一大歓楽街となり、幕末には長州や土佐などの藩邸も建てられていた。

長土藩の両者が登場すれば、話が血なまぐさくなるのはこの時代の宿命。

1864年、あの佐久間象山が河上彦斎(かわかみ げんさい・幕末の四大人斬りの一人)たちに暗殺され、新撰組による池田屋事件が起き、さらには日本の軍制を整えた大村益次郎が刺客に襲われ落命したのも木屋町が舞台である(1869年)。

おまけに暗殺の数日前まで坂本龍馬が常宿としていたのも木屋町であるなど、この一画を抜きに幕末は語れないほどだ。

 

手足のない元ヤクザ役に遠藤憲一

今は、高瀬川が静かに流れ、春は桜で水面を彩る観光スポットにもなっている木屋町。
しかし、因果な地縁はなおも息づいているのか。
今秋、『木屋町DARUMA』という危険な映画が、京都(京都みなみ会館)、大阪(第七藝術劇場)、東京(渋谷シネパレス)で10月3日から公開されることになった。

主演は遠藤憲一。なんと手足のない元ヤクザ・勝浦茂雄という役どころだ。

木屋町を根城に渡世を生き抜いていた勝浦は、とある事件を契機に「ヒジから先、膝から下」を奪われる。そして、そのまま組織の闇金融に所属し、借金の取り立て稼業に堕ちていく。
四肢のない状態で多重債務者の家に置かれては、大声で喚き散らし、大小便を漏らすなどの嫌がらせを繰り返し、疲れ果てた家人から金を回収するのだ。

切った張ったの通り一遍ではない、得も言われぬ迫力がスクリーンに広がる。

映画木屋町DARUMA-4

 

スポンサーリンク

新進気鋭の女優が強烈に卑猥な言葉を発する!?

劇中で、そんな勝浦(遠藤憲一)の被害者となるのは、寺島進と烏丸せつこが演じる新井姉弟と、その娘の新井友里(武田梨奈)だ。

借金で首の回らなくなった新井(寺島進)は、倒産した企業の社長に成り代わって債権者たちからボコボコにされる“恐縮屋”という稼業に堕とされる、悲惨極まりない役。

しかし、それを上回るのが娘の友里(武田梨奈)で、父親の借金の肩代わりに身をさらわれると風俗で働かされ、精神に異常をきたした時には「とてつもなく卑猥な言葉を吐く」のである。衝撃で言葉を失くすとはまさにこのことだろう。

映画木屋町DARUMA-2

 

スポンサーリンク

どうしようもなく絶望的なリアル

同映画では他にも、三浦誠己や木下ほうか、木村祐一、石橋保など、脇を固める俳優たちが壮絶な演技で画面に静かな狂気を漂わせる。

たとえば、ヤクザ組織の上役である金内秋生(木下ほうか)は、テレビで人気のイヤミ課長よろしく、これでもかと悪行を重ねて観客を苦々しい思いにさせ、勝浦(遠藤憲一)の付き人・坂本健太(三浦誠己)は手足のない兄貴分の面倒を見ながら、己の人生を悔恨するかのように、それでいて前向きに、深い葛藤を滲ませながら裏社会で生きていく。

そこにあるのは、どうしようもなく絶望的なリアル。

原作者でプロデューサーも務める丸野裕行は、長年、裏社会の取材を続けてきた経験から、スクリーンの中に救いようのない虚無感を投じ、しかしながらそのお陰で単なる暴力映画とは一線を画する悲しい現実を生々しく映しだしている。

映画『木屋町DARUMA』。
R-15に指定され、少しばかり刺激的かもしれないが、それでも心に何かを残す問題作である。

【劇場公開は10月3日から】
京都:京都みなみ会館
大阪:第七藝術劇場
東京:渋谷シネパレス
※他の劇場は決まり次第『木屋町DARUMA』公式サイトで発表いたします

木屋町DARUMA』は、2012年に電子書籍(iOS)で発売された同名の小説をもとに作られた映画。

原作者の丸野裕行は裏社会ライター出身で、現在はポータルサイトの責任編集長や動画メディアサイトの特別監修者、タレントとしてテレビやラジオ、イベントなどで幅広く活動している。

スポンサーリンク

監督は『捨てがたき人々』などの榊英雄。

映画木屋町DARUMA-3

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-大河ドラマ・朝ドラ他

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.