いだてん感想あらすじ 大河ドラマ・朝ドラ他

『いだてん』感想あらすじ視聴率 第28回「走れ大地を」

投稿日:

政治的発言を奪う権利はなぞ、ない

先週の古舘寛治さん関連ですが。
政治的見解を述べると、それについて反発する層が離れるのではないかとのことですね。

こちらも同様でしょうか。

◆『遊戯王』作者の高橋和希先生、キャラクターに政権へ攻撃的な発言をさせて炎上。謝罪へ(篠原修司) - Y!ニュース

長く書くことは面倒なので、論点をまとめましょう。

・『赤旗』に記事が載った芸能人や有名人は避ける
→インタビュー程度であれば幅広く掲載されています。大河や朝ドラ出演者も出ている。

ちなみに赤旗日曜版最新号では稲垣吾郎さんが出ております。

もしも『赤旗』に関与した芸能人を絶対に避けるとしたらどうすべきか?

日本のテレビは一切見ないこと。
これに尽きます。

◆鶴瓶も「赤旗」で護憲を主張! 芸能人・文化人の間で共産党が人気な理由

手塚治虫先生の作品ともお別れかな?
手塚氏は、1967年に共産党演説会に参加し、『鉄腕アトム』を描いてくださったとか。

◆『「戦争がいやでしようがない。そのために真剣なのは共産党」故・手塚治虫さん』

まさか、共産党員の小林多喜二をキャラにしている文豪ゲームで、遊んではいませんよね?

 

共産党員のいわさきちひろの絵葉書なんて、持っていませんよね?(しんぶん赤旗

ついでに突っ込みますと、宗教団体と政党を兼任している機関紙もあるわけですが、こちらの扱いはどうするんでう?
寄稿どころか、もっとディープな関わりのある芸能関係者も出てくる。
大河出演者も当然おられるわけでして。

芸能人が政党とつながるのある媒体に掲載されること。
これをもって【政党による芸能の政治利用】と呼ばないようにしましょう。

因果関係が逆です。
【芸能人が読者と政党支持者向けに宣伝している】のです。

・政治的発言とは何でしょう?

→古舘さんにせよ、ローラさんにせよ、りゅうちぇるさんにせよ。

「芸能人が政治的なことを言うな!」
と叩かれるのは、マイノリティ側に立った場合ばかりです。

その反対は、政治家とご飯を食べようが、SNSで並んで投稿しようが、そうはなりません。

一体ナゼでしょうか?

漫画にせよ、自衛隊コラボをよくしておりますが、こちらはどうなるのでしょうか。

いずれにせよ。
一体どんな権限があって、誰かから意見表明権利を奪うのでしょうか?

誰にもそんなことをする資格はありません。

私もこのレビューに対して、自分の意見に合わせろだの、自分が好きなドラマは褒めろだの、そういうコメントをいただきますが。

そんなことを押し付ける権限は一切ありません。

・政治的なNHKドラマとは?

→これに突っ込みますと『いだてん』そのものが「東京五輪」という政治的な話題をテーマにしているわけです。そんなに政治が嫌なら、裏番組の『一軒家』を見ればいいということになります。

実在のオリンピック関係者をキャラクターにして、政治利用している。
真っ黒じゃないですか。

朝ドラでも、特定政党との結びつきが濃厚である企業モチーフのものが、ここ数年は多いものですが。

幕末の大河ドラマだって、特定政治家のご先祖を検証する内容が多いものですね。
維新三傑クラスならわからなくもありませんが……近年における幕府側の幕末大河(『新撰組!』、『八重の桜』)は、与党側から叩かれるという謎の現象も起こっている。

・低視聴率の原因になるのか?

◆NHK『いだてん』出演の古舘寛治の"政権批判"が物議 れいわ新選組の山本太郎氏支持も|ニフティニュース

こんなニュースがありますが、ここでむしろ反対の意見を出しますと。

「『いだてん』は露骨な東京五輪プロパガンダなので、見る気がしない」
という意見もあるのです。
試しに「いだてん プロパガンダ」で検索してみるとわかりますよ(検索結果)。

『花燃ゆ』、『西郷どん』、そして『いだてん』。
プロパガンダ臭ゆえの食わず嫌い層を招いた大河が、視聴率をぶち壊している。
その現実をなぜ直視しないのか。

酸素を吸わずに生きていけないように、政治と無関与で人間が生きていくことはできません。
そこをどう切り離すか、って話でして。

私個人としては、思想を考慮にいれるならば『いだてん』なんて近寄りたくもないドラマであります。

性的マイノリティと金メダリストを侮辱した俳優が『いだてん』のメインキャストの一人におります。
その時点で語るに落ちた感はあります。

それでも、そこは切り離して見ています。

 

飛び火は及ぶぞ、熱い夏

それでもまだエンタメ関係者は政治的発言をするなと仰りますか?

じゃあ当然、こちらの企業は大問題ですよね。

◆宮迫さん「社長に『会見したら全員連帯でクビ』と」:朝日新聞デジタル 

◆ロンブー田村亮、“直会見”で吉本興業と契約解消

◆闇営業、契約書なし、安いギャラ、宮迫の今後…吉本・大﨑会長が答えた60分|BUSINESS INSIDER

◆渦中の吉本興業に「クールジャパン」で巨額の税金が注ぎ込まれていた

◆内紛が飛び火 税金122億円が乱舞する吉本と安倍政権の癒着

◆吉本興業はいつから、どのようにして”国策企業”にまでなったのか?

吉本興業は、NHKとも繋がりがあります。
2017年度下半期の朝ドラ『わろてんか』のモデル企業でありました。

朝ドラはここ数年、なかなかすごいことが起こっておりまして。

2014年『マッサン』

・ニッカとサントリーが、自社社長を演じた俳優をアンバサダー(宣伝大使)に任命

・空前のウイスキーブーム到来

2017年『わろてんか』

・吉本興業の反社会勢力との結びつきは、創業当時から有名であった。NHKが知らないはずがない

・芸人の使い捨て体制も有名なのにドラマでは真逆の展開。ドラマでの悪役の方が、むしろ経営陣実像に近かった

・劇中では大阪落語を保護しているけれども、上方落語の凋落を推進したのが他ならぬ吉本興業

・劇中では戦後お笑い復活を吉本が担ったと描かれていたが、史実では芸人を一人だけ残し全員解雇。GHQ相手のキャバレー経営をスタートさせた

・吉本と観客動員上ライバルと言える宝塚歌劇団が劇中から消失。かなり不自然だった。というのも重要な脇役に宝塚生みの親である小林一三モデルのキャラクターが出ていた

・関西地方のセブンイレブンで、コラボグッズつき商品を展開した

2018年『まんぷく』

・主人公夫の国籍が台湾から日本に変更されている

・台湾には大正時代以前からあったチキンラーメンの原型を、日本人が開発したという歴史修正をドラマ内でも行う

・『ザ・プロファイラー』、『ヒストリア』でも同説を使った番組を放映した

・主人公夫のモデル人物は、チキンラーメン開発当時収監中であり、開発そのものが捏造であると報道関係資料をあたればわかる。それを無視した

・ドラマ出演者がモデル企業の宣伝に、ドラマ終了後すぐに出演している

・関西地方のセブンイレブンで、ドラマタイアップモデル企業キャンペーンが実施された

・モデル企業はライバル企業に後塵を配している状況が2010年代より続いていたが、朝ドラ効果で巻き返しに成功したとされる

・主人公夫モデルには複数に渡る逮捕歴があり、戦後のものはあきらかに冤罪ではない。それを劇中では「冤罪」として描いた

・モデル企業と政界のつながりが深いことは有名な話

・このドラマ放送終了間近、朝日新聞を含め複数の新聞社でモデル企業礼賛記事が展開された。自社のデータを参照すれば、ドラマの捏造くらいわからないはずもないのに……

 

大河は無関係か?

上記は朝ドラの話。

「大河は無関係なんだ!」
という声は予測できます。

では、次の報道はいかがでしょうか。

◆【桂春蝶の蝶々発止。】「戦後レジームからの脱却」を一日でも早く 憲法9条論者は末期の徳川幕府みたいなもの

あなた方は、NHK大河ドラマ「西郷どん」を見て、幕末ロマンに感動してますよね? それ大矛盾ですよ。明治維新とは異国からこの国を守るための「安全保障のあり方」がすべてなんです。薩長同盟は互いを守る集団的自衛権ですよ。(zakzakより引用

これだけ外国からの脅威にさらされている日本で「憲法9条を守れー!」と、わが主張だけを守ろうとする集団は、末期の徳川幕府みたいなもんです。

ちなみに『西郷どん』に感動?なんて全くしてませんからね!!

2018大河『西郷どん』感想あらすじ総評・前編「チェスト関ヶ原!」

2 ...

続きを見る

2018大河『西郷どん』感想あらすじ総評・後編「チェスト種子島!」

2 ...

続きを見る

『わろてんか』でも『いだてん』でも出てくる、落語界の方。

彼の薩長同盟の基本的認識が、無茶苦茶であることはさておきまして。
それどころか薩長でタッグを組んで、異国侵略の口実となりかねない内戦を起こしています。

薩長同盟とは倒幕の約束ではない!なぜ長州と薩摩は手を組んだ?

学 ...

続きを見る

武力倒幕は岩倉や薩摩藩ですら「下策」としていた!なのにナゼ西郷は強引に?

と ...

続きを見る

そもそも、徳川幕府は権力側です。
9条論者は与党支持者ではない、半権力側。逆です、逆。

政治と無縁といくら言い張ろうが、大河ドラマ、しかも幕末史以降、倒幕側はベットベト、ド直球の政治との癒着じゃないですか。
現役政治家は薩長由来が誇りである人もいるわけですし、子孫までおられるわけですから。

薩長主人公の幕末大河から、政治への意識がないなんて言われましても。

では田畑政治は大河にふさわしいのか?

繰り返しますが、金栗はともかく田畑は大河主人公としては不自然。
『花燃ゆ』に匹敵するぐらい不自然かつ政治臭がべっとりとしています。

このままですと、田畑の職場である新聞社にまでおよびます。
予兆はもう出ているようですが。

◆「いだてん」に堂々と出る企業名「朝日新聞」。特定企業名を使っていいのかNHKに聞いてみた。(木俣冬) - Y!ニュース

◆大河ドラマ「いだてん」主人公 破天荒な“朝日新聞記者”4つの謎

さて、前述の朝ドラをちょっと持ち出しますね。

「吉本興業は『わろてんか』の頃を思い出して!」
という、SNS投稿が多数ありました。

視聴者がNHKのドラマを教科書にしてしまうわけです。
そういう意味で、大河と朝ドラは別格なのです。

『独眼竜政宗』のせいで、最上義光研究者が悪影響を受けたなんて話もあるほどでした。

なぜ戦国武将の評価はコロコロ変わる?特に最上義光の人気は乱高下しすぎ!

歴 ...

続きを見る

こうした危険な徴候は、近年薄れたかと思っていましたが、そうではないと証明されたのです。

NHKのドラマ、特に看板ドラマは絶大な宣伝効果がある。
これを悪用されたら、どうしますか?

「大河主人公になることで、朝日新聞の汚名も綺麗になるんだー!」
なんて流れはありませんよね?

朝日新聞叩きにブレーキがかかったら……どういうことかな?
まぁ、観察は続けます。

「政治部記者から平和の祭典オリンピックを導くなんて、田畑の転身はすごい!」
という意見もあるようです。

が、クズは立場を変えようが、クズなんであり、ドラマでの田畑はまさにそうですね。

さて、猜疑心タイムももうすぐ終わります。
あと少し! 最終コーナー回ったぞ。

◆宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」 - 毎日新聞

◆闇営業、契約書なし、安いギャラ、宮迫の今後…吉本・大﨑会長が答えた60分|BUSINESS INSIDER

大河スタッフや役者、そしてファンにも、この嘆きがないと、ナゼ言い切れるのか?

「大河、好きだったドラマなのに変わってしまった」
となりませんかね?

難攻不落のジャニーズも吉本も、大きな局面に立たされております。
大河にもそれは及ぶことでしょう。

◆藤井流星(ジャニーズWEST)と桜井日奈子、タイ・バンコクで日本のドラマをPR

よりにもよってジャニーズが、海外に日本のドラマを売り込むってどういうジョークなんだか。
それもそろそろ終わりでしょう。

2015年、2018年、2019年大河ドラマはお蔵入りの可能性を勝手に感じています。
ファンの皆さまは、録画がありましたら、消さないようにしておきましょう。

繰り返しますが、オリンピックは【政治的なスポーツイベント】です。

その中でも招致はそのど真ん中。
前回の東京五輪招致だって、真っ黒い話はいくらでも調べれば出てきます。

そういう全てに目を瞑り、
「スポーツと政治は無関係! 平和の祭典! このドラマもそうなんだ!」
と言い続けたいのであれば、それはご自由にとしか言いようがありません。

ただ、苦しい言い訳であるということは間違いありません。
ここまで状況証拠が揃っているのに、本作が無罪とかばうことには無理がある。

「ケチャップがかかっているから、ピザは野菜です!」レベルの理屈ですね。

というかNHKは10年後も存在するのでしょうか?

◆久米宏、NHKについて「人事と予算で、国家に首元を握られているのは間違っている」 あさイチで発言

◆【全コメント掲載】久米宏がNHK生放送でNHK批判「NHKは民間放送になるべき」「国家に首根っこ握られてるのは絶対に間違ってる」

こういう進言が出るくらいNHKはおかしいと思われています。まだまだ激動はある。

ジャニーズといい、吉本といい。
大河といい、NHKといい。

変わる時が訪れたのです。

久米氏の発言通りにNHKが民営化したら?
金食い虫の大河は真っ先に消え、後釜はVODでよろしいでしょう。

もう日本には、大型時代劇を作る力はありません。

この一連の流れ。
今年、何かまた別の大きなニュースが出ても不思議じゃないのでは……。

文:武者震之助
絵:小久ヒロ

【参考】
いだてん/公式サイト

 



-いだてん感想あらすじ, 大河ドラマ・朝ドラ他

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.